スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調子よく忘れそうだ

笠上黒生駅
 もう半月前になる銚子電鉄訪問。あの日は本当に暑かったですが、もはや秋の気配てか秋そのものなきがしなくもない今日この頃ですから、半月前のことなんてもう忘れそうです(汗)。
 なわけで、またちょいと書いておかないと。
 銚子電鉄は短い運転距離ですが、わりと電車の本数があるので上下を考えて行き来すれば、わりと待ち時間も少なく乗り換え出来ますね。そんな感じで外川と銚子の間を行ったり来たりしていました。
 写真は笠上黒生駅にて交換する図ですん。オークションに出品されちゃったデハ702ですが、その後どうなったのでしょうかねぇ。銚子電鉄色よりも、こっちの方が地方田舎電車ぽくて好きです。いやあかなり好きかも、このカラーリング(笑)。
鉄子カラーのデハ1002
 にくらべると、鉄子カラーのデハ1002はなあ。悪いとは言わないけど、らしくないよ。車両自体の出自や成り立ちは面白いし、懐かしくもある車両だからいっそ営団時代まんまってのはアカンかったのかな?。にしてもかなりお疲れ様振りが目立ちます。もう一両はご存知桃電カラーとなっていますので、どっちもカラーリング的にはスペシャルバージョン?鉄子仕様はDVDの付録だっけで、桃電は一般売りで鉄コレになってますね。付録はなーDVDもついてくるし仕方ないから桃電の色はがして再塗装か?でも、他の色にしそうだ(笑)。
外川駅のデハ301
 そしてさらに鉄コレ的にはこっちでしょ、のデハ301。外川駅で朽ちてます。もはや知る人ぞ知る生い立ちなので、デハ101以上に朽ちる前に再生できたらいいけど、もはや倉庫状態だしね。ちょいと今の銚子電鉄には無理だろうな。ならば博物館(鉄博とか)でもっていってもらいたいけど、そうもいかないんでしょうね。ちともったいない。
 そんなこんなな銚子電鉄、もはや濡れせんのほうが有名なのではないかい?と思えるほど。犬吠駅では、これでもかーてなくらい総力を挙げて濡れせん売っていた。いえ、これ美味しいのでOKなんですが、それだけでこれからも大丈夫か?土日以外はガラガラですから、少ない資金でうまく立ち回っていくにはまだまだ工夫が必要なんでしょうね。もっともそこはすべての地方鉄道が抱える問題なのだとも思います。私たち鉄には、乗るだけしかできませんしねぇ。

この夏の本命

キハ52-115
 土曜日に大糸線のキハ52を見てきました。友人のkabasan氏をお誘いして、ムーンライト信州91号で金曜日の夜から出かけました。
 もはや絶滅種指定のキハ52です。南小谷~糸魚川間の大糸線でしか見られない貴重な国鉄時代の気動車です。ほんの少し前にはかなりのお仲間が全国にいましたが、すでに現役はここのみ。いつ見ても国鉄色の車両は日本の風景にマッチしているなあ~と思えます。
 廃止らしいことも手伝ってか、同業者の方々もかなりいました。地元の人らしき曰く、「平日はがらがらなのに、土日だけこう」~と。すみません汽車で遊んでいます。お陰で南小谷を出る時は満席で立ちんぼ状態の込み具合でした。私たちはすぐに途中下車でしたので、あまり関係なかったのですが、あのボックスシートのすわり心地はもう一度体験しておくべきだったかなあ~と。
後追いです
 山の中を行くキハ52ですん。最近TomixでN。マイクロがHOで模型化しているので話題性はかなりありましたよね。こんな写真の風景が日本のローカル線ではごく当たり前だったのですが、来年は見られるのかなあ。車両交代ならキハ120なんだろうけど、あれはなーバスぽすぎて好きじゃないです。
DHM17ディーゼルエンジンの「ぐわん~ぐわん」という音は力強くて頼もしいものがありますね。大糸線の中ではあまり速度はださずにゆっくりとした足取りでしたが、ステンレス車両にはない重厚な乗り心地がなんとも安心させてくれます。それにしても大糸線は凄い山の中を走りますね。少し前にかなり長い期間に渡って通行不通になっていたのも、こういう地形が関係しているのでしょうか。姫川に沿って右へ左へとくねくねして糸魚川まで行きます。
キハ52 旧国鉄色
 この日は旧国鉄色は運用に入ってはおらず、糸魚川の煉瓦車庫にいました。実物は始めて見ましたが、クリーム色の部分が意外に濃いのだなあ~と感じました。いや、天賞堂の模型が薄めに感じたので、塗りなおした時に変わったのか、最初からこうなのか???うーんでも実物に勝るものはないですからねぇ。
 

調子よく出かけた

これもデキ3
 鉄分補給に銚子電鉄へ出かけてきました。前日に突然思い立って出かけました。18切符あればこそ?かもしれません。それにそんなに遠くないなあ・・・と思ったもので。
 ま、それでも夏休みだけに、観光客や撮り鉄いっぱいだろうな、と思っていましたがその通りでした(笑)。JRから乗り換えのうち、半分くらいが銚子電鉄に。で、やってきた電車は一両なので、何とも通勤時間の山手線状態(笑)。まさかここでかーという感じですが、休みの日は観光鉄道ですしねぇ。
それに何となく鉄子が目立つ。何でだ。
デキ3
 目的の一つはコレ↑。ドイツ生まれの凸電機デハ3です。いやー可愛いなあ、んでカッコイイ。上田電鉄にもいましたが、こっちは今でも動けます。ただ、もう検査に通らないために線路上で客車とかは引けないそうです。 ああ、もったいない。
 なので、現在デキ3は仲ノ町駅に付属の車庫ででマスコット状態。ちなみにここに入るには入場料が別途150円要ります。ま、モデル代ですか?。動いているところが見たいなあ。

 そなわけで、しばらく?銚子電鉄ネタです(笑)。

最後の祭

うーむ
 現役引退した名鉄のパノラマカー。
 しばらくはイベント列車で活躍もしていましたが、いよいよ完全に引導を渡される ようです。
 そんなわけで、ファンに向けての本当に最後のイベント、いや本線上を走る最後のパノラマカー列車と言うことになるわけですね。

 今回、友人Dagaya氏のご厚意により「事前応募件」なる物を頂戴したしました。
 これを出してなおかつ抽選に当選しないと、最終列車には乗れないわけです。
 うーむ、すでに通し番号が2千を越えている状態で、募集人員は230人。難関です。
 ここで、少ない、いや最初からない?運を使うのか(笑)、そうでなく敗北か?は神のみぞしる、というところでしょうが、この日がこの夏の鉄にとって熱いイベントになることだけは間違いないでしょう。

 うーむ、行けるのかなあ。
 ちなみに?金曜日、土曜日とも「ながら」は10時満席(汗)で、18切符を使っての名古屋入りという手段は使えそうにありません。
 ま、新幹線にするか、たまには・・・。
 どうせなら、閉館する「佐久間レールパーク」にも行きたいしね。あと出来たら三岐鉄道北勢線とかも~とすでに妄想だけは満載状態。

 しかし、18切符は何時使うん???

出かけるきっかけ

赤い18切符
 友人Dagaya氏の尽力により、赤い18切符を買うことが出来ました。
 謹んで御礼申し上げまする。

 昔はこういう切符が普通でしたけど、今や味気ないパソ発券の切符が当たり前ですから、何とも郷愁をそそりますなあ・・・。え、違う?(汗)。

 そんなわけなので、今年の夏は積極的に?乗り鉄?撮り鉄してみたいかも~と思うけど、夏は誘惑的イベント多すぎてこれを有効的に使えるのか???ちと不安。

 とりあえず、銚子電鉄と大糸線には行ってみたいぞ、と。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。