スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17話記憶の森から

先日バンダイから1/72スケールでコスモファルコンが発売されました。コスモゼロに続いてヤマト艦載機の登場は嬉しいところです。細かく見ているとコスモゼロよりも進歩している部分も見受けられ、非常に出来の良いキットに仕上がっています。まず加藤機で来月は篠原機。どんどん充実していく2199プラモにこれからも期待ですね。

 17話です。ビーメラ4で回収された波動コアから得られた情報により、亜空間ゲートの存在を知ったヤマトはそれを使用しての一気の航路短縮を試みる。そのためにはゲート横のシステム衛星を再稼働させて使えるようにしなくてはいけない。
 それらの情報はコアもそうですが、百合亜に憑依しているユリーシアからもたらされたものでもあるので、彼女の覚醒はヤマトにとって大きな物ということになるのですね。
 新見さんが独房入りなのは仕方がないところ。伊東や藪も横の房に入っているんでしょうね。彼女が手にしていた写真には若き日の自分と真田さん。そして古代の兄の守なのは、新見さんを新キャラとして設定し、真田さんと守るが友人だったということを使う意味でもなかなか良い感じですよね。

 ガミラス側ではデスラー総統の暗殺計画に加担した罪でドメル司令が軍事裁判に。ヒス副総統は事実を知らないだろうから、淡々とことを進めていると考えるとしても、親衛隊のギムレーはどうなのかな。総統の名の下にやりたい放題なのは事実だし、国軍からよく思われていないことも承知だろうから、国民に人気のあるドメルがこうしたことで失脚するのは考歓迎なのか??。その点、一番喜んでいたゼーリックは分かりやすいのですけどね。バラン星での観艦式へと相当数の艦隊を率いて出かけて行きますがその意図は?真意は?そこはまだわかりません。

 ヤマトからはシステム衛星を稼働させるべく古代と真田さん、雪が100式偵察機で発進。艦内に漂う森雪=イスカンダル人説でいたたまれないから連れてったのかどーなのか??旧作ではこれに相当する話として磁力を発生させる要塞を古代と真田さんで破壊しにいくという内容で、隠れた人気メカ、シームレス戦闘機(笑)なんてのも登場するのですが、そのへんはまあ2199ですからオミットですね。あ、衛星内のガードロボットは同じでしたが。
 真田が口走った中原中也の誌の一節から「200年前の詩人をイスカンダル人が知る分けがない」と古代が言って、何となく森雪=イスカンダル人説を否定したのですが、ユリーシャが勉強したってことはないのですか(汗)。
 ま、それはさておき、そこから語られる真田さんと古代の兄、守の意外なつながり。弟の進が知らなかったというのは、旧作から「ふーん?」と思っていたのですけど今回もなあ。
 「詩と数式」と守が真田との関係を例えましたが、お互いの立場から地球を守るためにはどうすれば良いのかという考えのもとで、それぞれが自分の出来ることをしてきたんだろうと。実直な真田さんは自分の行為を自分に正直になれなかったことで負い目を持ち、冥王星海戦へ出て行った守を自分なりに気にしていたわけですが、弟の進は兄はそういうを気にするタイプではないと話し、真田さんもそれに納得するあたりが守の器の大きさを感じますなあ。新見さんへの思いやりもそういうことでしょうか。
 システム衛星は制御室が再稼働時に致死量に至る中性子を発生させるという、かなりやばいものですけど、これを運用していたガミラスはどうしたんでしょうね。ガードロボットやガミロイドの役割だったのか??。
 にもかかわらず真田さんはシステムを稼働させるので、これってどういう死亡フラグなんだーと思ったのですが・・・もちろん生きていました(笑)制御盤の周囲には池?みたいなものがあって、そこに飛び込んでかわしたという。うーんまあ、あはは。
 沖田艦長からユリーシャ・イスカンダルが乗艦していることが乗組員に告げられ、意識を失った彼女の記憶をトレースして大マゼラン銀河に向かいイスカンダルを目指していたことが明らかになりますが、そうした軍上層部の一連の行動に負い目を持っていた沖田艦長が、この行動が間違っていると確信して自分を貫く勇気を奮ったからこそというわけでしょうか。
 ヤマト計画の核心にはまだまだいろいろなことがありそうです。

 これで亜空間ゲートが使用可能になったわけですが、その先にあるものは・・・次回はヤマ場のひとつですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。