スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模型ショーの新製品見て

まだまだ・・・。
 静岡の模型ショーも終わって、雑誌、ネット上でも新製品の出来具合などが公開されていますね。夏~秋に向けての新製品にいろいろ期待しています~。
 今回も1/350スケールを中心に艦船モデルがにぎやかですね。ちょっと前まで、誰が1/350の長良なんて予想できたでしょう。阿賀野型まで出ちゃうこのご時世。もはや驚きを越えて怖いくらいです。一体どこまで行くのやら?。そんでもって、どこで唐突に終わるんでしょうね。何せ半端じゃない大きさですから、作っても作らなくても大変なことになります。そんなに買えないよ。
 なので、期待するのは発表された1/700の航空母艦「蒼龍」。まさか出るなんて思わなかった。何せ有名でも資料の少ない艦ですから、いろいろ大変でしょうけど、今のレベルに即し他完成度の高い製品として出てくることを期待しています。
 戦車はファインモールドの五式中戦車。凄いチョイスだな。架空モノのほうがいけるんかな?MM300作がマチルダというのも、驚く反面、ああそうかーみたいなところはなくもないので、素直に歓迎。
 変なところではフォークリフトとか、エレトラックとかのいわゆる荷車。うーむ、アオシマのチャレンジグなスピリッツには驚愕します~。

 気がつけばガンダムは30周年でっすよ。30周年・・・。すごいなーこれだけ息の長い扱われ方をするキャラクターなんていませんねぇ。ま、ウラを返せば他にないともいう。ファースト以外の亜流ガンダムも含めて、結局はその名前を冠しないとダメという感じでは、長い目で見てきた自分としてはこの先40、50年と経ってもまだやってるんだね。としかいえなくなる。もちろんプラモデルという製品の出来で言うならば、メカコレ時代に可動箇所を増やそうと躍起になっていた自分が、愚かしく思えるほどの高い完成度があるのだから、素直に嬉しいというか、長生きしてよかったねと思えるしかないのだけどね。
 まあ、可動とプロポーションの両立という二律背反をほぼクリアしつつある現在においては、何が今後のポイントになるのか分からないのが本音です。そりゃ、やり残していること?はまだまだある?のかもしれないけど、プラモとしてはほぼ頂点にある気がするなあ。
 すると、大昔からブラスの鉄道模型で人気SLが何度も製品化されているのと同じで、あそこが、ここが、こうかわったみたいなことしかないのかな?。
 それにしても、零戦、大和、ティーガーⅠ、んでガンダムとザクという定番がこれからも続いていく~という図式になるのかな???。

 あーそうだ、天賞堂が突然ZゲージのD51って?何で?EF81はつぶれたのに?。しかもマルイのパワコンは使えないとからしいので。あれ?
 日本じゃZはのらないね。もう少し盛り上がるかと思ったのにな。
 
 ウチのへたれナロー蒸気はまだまだ完成まで遠い感じです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。