スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomixキハ40 増車です!

キハ40-100
 何だかボケ気味ですが、新発売されたTomixのキハ40です。100番台の寒冷地仕様です。1段窓がそれっぽいですねぇ。てかそれこそが北海道向けの醍醐味?ですが。
 北海道旅行ではよくお世話になりました。いろんな線区を走っていましたねぇ。キハ22も懐かしいですが、こっちも懐かしいです。てか、今でもお世話になりますねぇ。
 KATOでは製品化されてない?ですよね???細かいディティールは今時のTomixのHG仕様ですからいい感じです。下回りに雪のウエザリングを施したら、更に良い感じなんでしょうねぇ。
キハ40-2000
 そして2000番台。暖地向けですが、北海道、東北を除く地区に投入されていますよね。2弾窓なので100番台との区別が付きやすいです。製品はちゃんと台車も作り変えてますしね。
 こちらも今のTomixのHG仕様なのでよい感じのディティール。これは店頭にあったのを何気に買っちゃったのですが、まあ、KATOのキハ40、2000番台のT車が何故かウチにあったので、そいつのお供です。KATOのカプラーをシンキョーとかに換えないと連結はアカンでしょうけど。
右端がKATO
 一番右がKATOです。こうしてみると、KATO製のキハ40のほうが細かな造型が浮き出して見えます。Tomixのはパーツを装着していないので、一概に比較は出来ないかもしれませんが、むしろKATOがTomixに負けていない、という印象がありました。あれ?Tomixは今日発売したてなのに(笑)。
 スカート部分の解釈とか、ステップが付いているとか、台車の再現度が高いとか、Tomixはもちろん2009年のHGに相応しい内容ではあるのですが、ぱっと見の印象が、こうも違うとは思いませんでした。うーむ、解釈の違いなんでしょうけどね。
 しかしまあ、正直なところTomixがキハ40とは想定外な新製品だったので驚きです。次がキハ52だもんなあ、何故に国鉄時代の気動車にこだわるTomix???。私は嬉しい悲鳴ですけどね。
 今や貴重な国鉄時代の車両となったキハ40です。実車も何となく少なくなっていますし、非電化区間ではまだ乗り鉄、撮り鉄も可能な車両です。それだけに思い入れもありますし、よくそ出したぞTomix!というところですな。バリエーションはマイクロでそろえましょう~(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お!キハ40増備ですね。実は自分も。自分は東北地区に拘って500番台を。といっても実はあまり区別できません。塗り替えでバリエーション展開するんでしょうか。

地道に売れているようですよキハ40。首都圏色オンリーな頃から、今はカラフルになりましたね。是非、私もバリエーションは欲しいところです。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。