スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロのキハ52(冬の収穫祭)

マイクロ キハ52
 クリスマス商戦もたけなわで、鉄道模型業界?もアナウンスされていた新商品が続々店頭に出ています。まあ、欲しいものはわんさかで、買うとキリが無いのですがそのなかでも選りすぐって買っているわけで~(本当か:汗)。
 そんなわけで?でマイクロエースのHOシリーズの新製品である、キハ52です。今回、大糸線で活躍している3色3台と、盛岡で活躍していた1台を製品化しました。貴重な国鉄時代の塗装がなされた国鉄時代のディーゼルカーですから、もう私の大好きな車両であります~。
 キハ52は、キハ20の出力増強型でエンジンを二台搭載して、主に山岳地帯で運用されてきました~て、そういうところはまあ、ググってみてください。
 んでまあ、前回キハ40で痛い目を見たので、今回は迷わず一両行きました(笑)。40の時は様子見でしたが、「わりとできがいい~」という話が流れると、あっという間に首都圏色から駆逐されていきましたからねぇ~。今回も国鉄色の盛岡タイプから売れているそうです。大糸線仕様はワンマン化されて、冷房装置もついていますしね~最後まで残るとしたらアイボリーにグリーンのストライプが入った125号車でしょうかねぇ???。
 走りはいたってスムーズ、ライトもテールもちゃんとつきますし、室内灯もOKです。天賞堂のキハ20(もうすぐキハ11とか出るけど)と比較しても、まあこんなもの?と思えるかな?そう言っちゃうと、天賞堂至上主義な人には怒られそうですけど。同じ時期に宮沢から大糸線仕様でキハ52でたけど、あっちは高すぎて買えないよ。
さらにキハ52
 一台でも楽しめるディーゼルカーは、HOの入門用車両としても最適なので、そういう意味からも買うNファンもいるようで、まさしくそういう意味からもお手ごろ車両でありますね。
 ただ、まず再生産されることはありえないと思いますので、迷うなら買っておくことをお勧めします。キハ40ももう、手に入りませんしね。私も余裕があるなら、もう一台欲しいよ~。
 このところ、KATOのキハ58再販、このキハ52、天賞堂のキハ11と、HOはディーゼルカーづいていますね。あ、55もでるんだっけ~こいつらはどれも乗った経験があるので、ぜひともそろえたいやつらであります~。あとは存分に走らせる場所さえあれば・・・(大汗)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。