スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の乗り心地

 キハ58 修学旅行色 おもいで号
 鳴子温泉駅に到着すると、反対側のホームに臨時快速のおもいで号が待っていました。キハ58&28の修学旅行色に塗装された車両で、イベント用に運用されています。
 内部はもちろん、ほぼ原型に近いので往年の気動車急行を楽しむことが出来ます。こいつがここで交換するのは時刻表で知っていたので、空席があれば新庄まで折り返しで乗ろうと思っていました。車掌に尋ねると、空席もあるようなので指定券を買い、慌しくもと着た道を折り返すことになりました。
 
 汽笛を鳴らし往年の急行車両は山道を進みだします。昔は気動車急行といえばまずこれでしたが、今となってはイベントでなければ乗れません。少々くたびれてはいますが、ふわふわのしーとはあんこも十分ですわり心地は悪くありません。いや、キハ110のシートに比べれば、まだまだ十分といえるかも。もちE231なんて問題外です。なので、この椅子に座ると昔の旅行体験を思い出しますねぇ。気動車急行なんて、中国地方とかは山ほどあったし、北海道はそもそも気動車ですしね。

 イベント列車なので線路際に撮り鉄なみなさまがいっぱいですが、やっぱり旧国鉄車両で、しかも修学旅色なんて貴重な色にしちゃうと、希少価値が高まるのでしょうね。2両なんて寂しい内容ではなくこれが6両くらいつないでいればねぇ。あ、この色は私も交通博物館以外では初めてみました。まあ、個人的には普通に国鉄色で十分なんですが。
 それにしても貴重なキハ58&28。もはや米坂線のキハ52もなくなるとあっては、この先イベント用としてもSLほど効果は無いでしょうから、いつまで動態保存されるのやら。
 何とか、最後は廃車ということではなく、てっぱくに永久保存して欲しいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。