スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸羽西線~新庄~鳴子行き

 陸羽西線のキハ110系
 今回このルートを選んだのは、陸羽西線に乗るためでした。このところ東北地方ローカルを巡ってますが、やっぱり近いのが理由かなあ。西に行くとそれなりに費用かかるしねぇ。
 そんなわけで、見慣れたキハ110系で余目駅を出発します。最上川ラインと言うだけあって、路線はほぼ最上川沿いに走ります。川沿いとローカル線の組み合わせはいい感じですが、これでSL牽引の客車だったらねぇ・・・なんてことは言ってもしょうがないけどね。意気込んだ割には、もしかして寝ていた感じもして(汗)、新庄に到着。とほほ、乗り潰しだけど、本当にそれだけのためぽかったよ(泣)。

 新庄は去年も来たなあ、とか思いつつ乗ってきた列車はそのまま陸羽東線で小牛田行きになるので、そのまま乗車。しかし待ち時間1時間とかなりありますが。
 陸羽東線は、かなり昔に北斗星の迂回運転で通ったことがあります。三陸はるか沖地震(1994年12月)で東北本線の路盤が陥没して列車が運行できなくなったのですが、その代替ルートそして奥羽本線経由になったとのことで、その途上で陸羽東線に入ったとか。
 このときお正月を北海道で過ごすために北斗星の切符を確保していたのですが、こんな状態で運行されるのだろうか?と上野に行くと、あっさり迂回運転でということで、普段通ることの無いルートで乗れる!と、不謹慎ですが喜びました(汗)。
 そんな思いでもある陸羽東線ですが、真昼間に乗るのは初めてでした。新庄を出て、山の中を進んでいくルートは大変な道ですよねぇ。東北の山なみを車窓から眺めるにはいい感じの路線ではありますけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰しております。
自分のブログで「東北の鉄道」なるカテゴリーを立てており、とりわけ興味関心をもっている地域ですが、まだまだ未乗車の路線もあり、今後の課題でもあり、楽しみでもあります。

こちらこそご無沙汰です。東北地方は近いこともあって、良く行きますが最近は魅力的な車両も減ってきました。車窓は変わらないのですけどね。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。