スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸3県ぐるり?鉄旅 その2

大阪でも人気です

 東京~大阪間は新幹線を使わなくても、やはり短いです。この区間での寝台列車となれば、やはり急行あたりが妥当なのは理解できます。にしてもな~6時発の新幹線より早くついて安いのに、車両老朽化のために無くなる「銀河」は不憫でならないな~とか思うのですが。
 この日は牽引機がレインボーということもあってか?早朝の大阪駅は撮影しようとする人でホームは混雑していました。ちなみに淀川の堤防は、それこそ撮り鉄のみなさまであふれており、ラストランへ向けて気合入りまくりといった状況です。いやはや物凄いですなあ。「出雲」のときもそうでしたが、今回も「なは・あかつき」共々大変なことになりそうです。
梅田のかやくめし屋

 あ、さて、早朝に着けば朝飯を食べたいというもの。今時、まして大都会の大阪駅で朝飯を食べるところが無いわけがないわけがないのですが、ここはあえて友人Kabasann氏お勧めの「かやくめし」屋に直行。実はこれのために「銀河」に乗りました、っというのはウソですが、朝の大阪駅で美味しい朝食をいただけるこのお店は、これからも重宝しそうです。いや~うまうまですよお。ちなみに阪急梅田駅の1階食堂街にあります。全席カウンターなので、さっと座ってさっと食べて出て行くのが基本です。
阪急梅田駅

 そいでもって阪急にて京都へ移動します。題名にもあるとおり北陸3県~ですのでここから北陸方面へ向かうのですが、せっかく来た大阪や京都を、何もしないで素通りするのは野暮というもの。当初いろいろなプランが上がりましたが、まずは阪急にて河原町に移動です。毎度毎度思いますが、阪急梅田駅はでかいですねぇ。おまけに発着する電車の数のすごいこと。東京でも東急の渋谷やJR東日本の上野駅がありますが、迫力ではこっちのほうが上な気がします。伝統の阪急マルーンを纏った車両はどれも綺麗で、関西らしい私鉄の風格があって、いい感じです。そのあたり乗り入れでごちゃっとしている関東の私鉄とは違うんだよなあ~と関西ひいきしておいて、私も初乗車の京都線で阪急の2扉車特急を堪能しました。
京阪2600系

 さらに河原町から京阪四条駅へ移動してひと駅の三条へ。そこでやってきたのが今ではもうめずらしい?(はず)の京阪2600系でした。元は1959年(昭和34年)に登場した、回生ブレーキを装備し「スーパーカー」の愛称で親しまれた2000系だそうで、見た目にもしぶくて私にはメチャいい感じです。ああ。実物見たかったんですよ、これ(笑)。京阪も何だか今風車両が増えている中で、京急の1000系のようにこうした車両ががんがん走っているのは嬉しいところです。ま、単にアンチステンレス派のたわごとではありますがねぇ。
 あ、ここまで来たのは京津線へ行くためなんですがねぇ。まだだ・・・ってかまだ北陸のかけらもありませんねぇ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

正確には「新梅田食道街」
しかも教えてくれたのは、某旅行代理店ですから!

はい、ご指摘どうもです。実は名前を忘れてました。あの界隈は夜も行ってみたいですね。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。