スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道模型的総括2007

天賞堂 C62-3

 2007年もあと一日ですね。今年もいろいろありましたというか、いろいろ買いました。中でも一番大きな買い物は家だったりしますが(大汗)、そんなわけでシュミな買い物はセーブしないといけないのに、ぜんぜんそんなことはありませんでした~(爆)
 深く反省しつつ、来る2008年を迎えなければいけないのは、重々承知しておりますが、多分恐らく、そんなの関係ねぇ~(激汗) 何てことにならないように努力はしますよ努力は・・・。

 さて気を取り直して、今年買った鉄道模型の中で勝手に個人的ベスト5くらいをつけてみました。え、なんでベスト5だって?10や20にすると、そんなに買ってるんだあ~と勘違いする人もいるでしょうし、ええ、そのくらいのつまらない理由なので気にしないで下さい。
 そうは言っても、今年もいろいろ出たし、甲乙つけがたいのですが、まあ適当に。

 5位:さよなら出雲セット(トミックス)
 寝台特急出雲廃止で、その最終日運行された仕様をそのまま模型化したセットですね。トミックスはさよならものがお好きなようで、他にもいろいろ出しました。まあ出雲は何度か乗りましたし、思い入れ深い寝台特急でもあるので。これは買わねばというところ??
 4位:秩父鉄道デキ200(マイクロエース)
 最初のアナウンスから半年は待たされましたが、出てみれば中々小粒でぴりりと効いてくる、いい感じの小型電機に仕上がっていました。マイクロですけど(笑)。ワールドのは高いしねぇ。
 3位:D51ギースル仕様(リアルライン)
 新興メーカーリアルラインがリリースした超精密仕上げというのが売りのD51。確かにディテールは細かいしいろいろ工夫はしているけど、モノの出来は今一歩な状態ですね。走りも安定していないので特に初回品はかーなーりぃバラつきがありました。それでも頑張ってるな、ということで、将来に期待。
 2位:DD51カンタムサウンド(天賞堂)
 これが1位でもいいくらい、て言うかホントマジでいい出来です。はじめスルーでしたが実物を見て、この模型が目差している方向性には感動しました。こうして遊ぶやり方もあるのね、と。だからボディーがダイキャストで多少ディテールが甘くても目をつぶりましょう。実車の音がそのまま模型から聞こえるというのはすごいです。D51も欲しいなあ。ネックは値段かな。
 1位:C62(KATO)
 やはりこれが1位ということで。年末ギリギリにやってきて賞をかっさらっていくというやつですな、まさに。SLファンが待ち望んでいたKATOのC62ですから、期待しないわけありません。それでこの出来。とりあえず文句は無いですよ。ある人はいじればいいのです。これからでsるNゲージのSLは最低このレベルをクリアしていないといけないよ、というスタンダードでしょうか。ま、そういってもSL出すのはKATOとマイクロとリアルラインだけだしな。マイクロはやりにくいだろうな~あ、スルーするか恐らく(爆)。
 そんなわけでやっぱりC62.改めてみても出来は良いです。あトップのC62は天賞堂のですので・・・(笑)。

 ま、あとは番外で鉄コレは良く続いているな、と。これからもがんがん出して欲しいがどのへんまで範ちゅうに入れる?と考えると難しいところもありますね。長く続けて欲しいシリーズではありますが、小手先の企画だけでお茶を濁すようなことはしないで欲しいものです。
 さて、来年の希望だったりしますが、よーやっと天賞堂の96が発売で、これこそ1年前じゃないかな?あとEF56&57には期待。どっちもHOですけどね。さよならものでは、なは・あかつきかな?どーせなら新規金型でひとつ。あとはKATOから、そろそろEF57とEF15の旧型電機を是非リニューアルでお願いしたいものですね。何だかんだと、でれば物欲があふれますが、ユーザーの期待を裏切らない製品をお願いしたいものですね~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。