スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーターショーで思ったこと

シトロエンC4

 今回のモーターショーは残念ながら、前回の入場者数を上回ることは出来なかったようです。自工会では低気圧や休日の関係で伸び悩んだということを言い訳にしていますが、やはりクルマに興味を持つ人の数が、例えば10年、20年前よりも明らかに少なくなっていることが一番大きい原因だと思います。クルマ自体が憧れの対象ならなくなったことや、家電化したことなど上げればいろいろあるのでしょうけど、やっぱりクルマ自体にエモーショナルなオーラが感じられないのは、ある意味残念ですよねぇ。昔は良かった的な懐古主義がいいとは申しませんが。
 そういうと、例えば日産GT-Rとかあるじゃないか~と言われる人もいるでしょう。なるほどGT-Rがスゴイ車であることは認めざるを得ませんが、このクルマがそれほど人にドキドキを与えるほどの雰囲気を持っているかといえば、首を傾げてしまいます。ハイテクや高額だけが一人歩きして話題となり、それ自体しか意味が無いようでは、クルマの伝説としてはあまりに陳腐です。これまでのGT-Rとはちがうのだからといえばそれまでですが、今までがあってのGT-Rなはずなのにねぇ。車検100万円、修理は専門店のみ、改造お断り、やったら保証しないって、ソニーのパソコンですか?。
 スマート

 ま、そんなクルマはおいといて、やはり小型車に注目が行きました。と言っても、シトロエンC4とか、ルノートゥインゴとかプジョー1007とかポロとかスマートとかですが、全部外車ですね(汗)。ちなみに日本車ではスズキのスイフトがよいなと思えるのですが、ギリギリでマーチやデミオもですかねぇ。しかし、それらの小型車にも、ちょっと変だなと思えるところは幾つもあって、例えばタイヤとか、太いしホイールも17インチとかざら。えーとこいつら足クルマとか言われているんですよね。何だか二つくらいクラスが上の仕様な気がスルノデスガ??。そうなると確かに見た目カッコいいし、何だかそのクルマの所属するカテゴリーよりもちと上のように思えなくも無い。ま、結果メーカーの思惑通りというか、ユーザーがそう感じたいことをメーカーがちゃんと実現しているという回答となり、お互い幸せなクルマを選べた、提供できてよかったね、という図式になるのかな?当人同士がそれでいいのだから構わないといえばそうだけど、クルマがそこまで背伸びして良いことあるのか知らん?とも思ってしまう。この傾向はクラスが上がるほど顕著だもんなあ。
 そんな目でクルマを見ていると、とても分かりやすい展開がされていてユーザーにもすんなり受け入れられるのだろうけど、お祭ぽくって馬鹿らしくも思えなくない、というのが正直なところ。何かもっと訴えることあるだろうに?
 あとは、モーターショーってこういう華々しい光の裏で、エネルギーをはじめとするクルマ自体のいろいろなトライアルが紹介されたりしてるのだけど、そういう中でメーカーとかがユーザーにプレゼンスしていることはあまりに少ないと思います。華々しくデカイクルマを正面に出して地球に優しさを、と言われてもなあ。もちろんこれからさらに重要なことになっていくのは認識していると思いますが。
 車が売れないのはお金もないしガソリンも高い、という問題が一番で、関係ない人はバンバン買い換えてます。そうなると結局、景気の問題にだけになってイヤなのですが、少なくとも幕張までお金出してクルマ見に来た人は、それ以上の興味を持っているはずです。そこのところを汲み上げられるメーカーがあれば、少なくともドキワクするクルマも現れるのかも知れませんねぇ。あ、そんなことない?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NのGは格好がありえないです。あの値段で・・・
一番興味深かったのは、やっぱり動くASIMO
クルマじゃないよなぁ・・・

 何だかんだで、今回のMショーもそれほどでなかったということでしょうか。最近、どんどん地味なショーになっていく気がします。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。