スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第39話「そしてライダーもいなくなる」

 夜の街の中、契約者を引き回すラビットパンダイマジン。適当に契約を完了させようとしたところにモモ=良太郎が出現。久々にソードフォームにチェンジして、簡単に撃破します。その契約者の男からパスに日付を写し、過去に飛ぶ良太郎。イマジンが飛ぶ過去に意味はあるのか?そこに桜井侑斗がいるのは何故か?そういう良太郎の疑問に、デンライナーのオーナーも「何か意味があるかもしれないですねぇ」というだけで、それ以上は答えようとしません。それにしてもオーナーの一発芸って、スプーン投げまわしだったのでしょうか(汗)。そしてデンライナーと同じ速度で走るオーナーって(大汗)。
 イマジンのボス?カイは良太郎の存在にイラつきを感じ、疎ましく思っているようです。そして、何かを思いついたようにスネールイマジンに命令を下すのですが。
 愛理が記憶を忘れていることに少し気がついたことに、良太郎は何かが変わる兆候ではと感じるのですが、それは愛理自身が思い出さねば意味が無いとわかっています。自転車で出かけた良太郎は何故か侑斗と衝突し(笑)て何時もの運のなさを披露しますが、そんな良太郎に侑斗は「おかしな奴」といい、良太郎は、愛理が記憶を思い出しそうなことを告げますが。「俺は最後まで変身して戦うだけだ」と悲壮感漂う言葉を口にします。
 そして良太郎の前にカイがまたもや出現。時間を改変しようとすることに怒りを口にする良太郎に対して、カイは「変わった時間のほうがよかったらどうする?」と謎めいた言葉で良太郎を挑発します。そこにモモたちも出てきて、時間や記憶をいじりまわすカイに怒りをぶつけます。
 不敵な笑いを見せるカイは「試してみよう」といって、スネールイマジンが連れて来た男を過去に飛ばします。それを追いかける良太郎。デンライナーは過去に飛んだすぐ後にやってきた侑斗は、そこに倒れていた男がかつての恩師であることに気がつき驚愕します。「おまえもけよ」と言い放つカイ。その目的と真意は何でしょうか。
 過去に飛んだ良太郎は、そこでまだデネブと契約前の侑斗に出会います。ミルクディッパーにあるあの望遠鏡を持つ侑斗。まさか、スネールイマジンの目的は??侑斗の恩師から出てきたスネールイマジンは、恩師と学生、侑斗を一撃の下に倒してしまいます。その瞬間、消えだす侑斗。「俺のことは心配するな、デネブをよろしく」と言い残し、侑斗派消滅。過去の侑斗が死んだ以上、今の侑斗は存在できなるわけでそこがカイの目的だったようです。
 そんなイマジンとカイのやり方に怒りを露わにする良太郎。ライナーフォームにチェンジして電車斬りでスネールイマジンを倒します。しかし、回復していくはずの世界の中で侑斗は元には戻りません。その時間で侑斗を知る人が存在していないためで、良太郎もその時間では侑斗を知らないためでもあります。侑斗がゼロノスに変身しすぎたためでもありました。驚きを隠せない良太郎が現代に戻ると、ミルクディッパーはまるで違う店に、そしてもちろんあの望遠鏡もありませんでした。存在しないことになってしまった侑斗、その事実は良太郎をただ、呆然とさせるだけでした。
 てことで、復活したのに早くもさよならのゼロノス(汗)。ということは無いでしょうが、気になる展開ですなあ。もはや愛理ねーさん頼りか?カイの行動はまだまだ謎だらけですが、彼自身の意識で時間と記憶を好きにしようとしているのは間違いないようですね。
 にしてもなあ~ライナーフォームはいいけど、あの巨大羽子板はなあ~イマイチ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。