スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第38話「電車の中の電車王」

 仕組まれたリュウタロスはゼロライナーに暴走するチケットを差し込み、カイの言うとおりにデンライナー共々暴走させてしまいます。そして、カイは気に入らない、もはや不要になったリュウタロスを抹殺するといいます、呆然とするリュウタロス、カイは「愛理はお前の姉さんでもないだろ、」と言い放ち、前にモモタロスに「前はイマジンなんだぞ、良太郎は違うんだぞ」といわれたことを思い出します。ほぼやけくそのリュウタロスはリュウタロスダンサーズを使ってカイに仕掛けるもの、逆にやられてしまう状態となり、その場から逃げだしてしまいます。
 レオイマジンと戦うゼロノスは、そのパワーにちと苦戦状態。グランドストライクを撃ちこんでも倒れないその力は圧倒的でしたが、続けて二発撃ちこまれては、さすがに無理と感じたのか後退して行きます。
 そのころデンライナーは暴走中、デネブが何とか取り付いてパスを抜こうとしますが、どうにもなりません。おまけに上に下に地下への大暴走で、取り残されたナオミもちと危険な状態。ターミナルに乗り込んできたレオイマジン配下のレイオソルジャーを各々の必殺技で倒すモモたちでしたが、オーナーと、うりふたつの駅長はのんびりチャーハン崩し勝負の真っ最中。駅長は「いずれターミナルが見つけてくれる」「ターミナルは分岐点を監視する場所であり、分岐した未来には何が待っているかは誰にもわからないと」解説します。
 そして、行き止まりの路線に入ったデンライナーがヤバイことになったところで、ターミナルがデンライナーを発見、なんと電車形態に変形してあっという間に追いつき、暴走するデンライナーとゼロライナーを飲み込んで回収してしまいました。あーやれやれ。
 ミルクディッパーにたどり着いたリュウタロスは、愛理から「良太郎じゃあないでしょ、といわれ」怪我の手当てをという愛理を振り払って、また街に飛び出して行きます。それを追いかける侑斗。「しかたがないだろ」という侑斗に、声が出ないリュウタロス=良太郎。そこのカイとレオイマジンが出現し、二人をあざ笑い、挑発します。
 そのあまりに卑劣なやり方に、珍しく怒りを露わにする良太郎。「僕に何かあるというならば、リュウタロスを使わず直接こい!」という彼の強い言葉は、何をも否定できないほどの力強い物が秘められていました。レオイマジンが攻撃しようとしたところに復活したデンライナーが出現、良太郎はソードフォームに変身すると、カイは手にしていた手帳を開き日付をなぞると自ら時の扉を開いてレオイマジンを過去に飛ばします。仕方がなく過去に飛ぶソードフォームですが、過去ではやはりうまく憑依できず、良太郎はライナーフォームにチェンジして戦います。慣れないデンカメンソードをリュウタロスにあわせ、何とかレオイマジンを撃破しますが、良太郎もその場に疲れ果てて倒れてしまいます。
 壊れたデンライナーの食堂車を直すモモたち。奥でふさぎこむリュウタロスに言葉をかける良太郎。小さな声で「ごめんなさい」というリュウタロスに、一同はどこか安心するのでした。
 というわけで、何だかイマジンのことが少しづつ分かりかけてきましたが、今だ謎の方が多すぎます。この青年は人間なのか?それとも??夜空に浮かぶ数千?数万?のイマジンの光体は???先が気になりますが、キングライナーって、もう、ナンデスカこれ??
ま、そのへんは大人の事情で(汗)。
 キンタロスの「ビッグチョップ~ナマ」という掛け声が笑えました(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。