スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西行きブルトレの運命は?

本文と写真は関係ありません

 九州新幹線の全線開通が2010年と決まったみたいですね。それにあわせてJR西日本と九州では直通運転がなされるそうで、新大阪~鹿児島中央間が概ね4時間程度になるそうです。東京からだと岡山くらい?の感覚でいいのかな。というわけで、いよいよ新幹線が鹿児島までつながるということは、早い話、西行きの寝台特急に引導を渡す時がきた、ともいえなくありません。これだけの時間短縮になるならいらないと考えるだろうな、車両の老朽化も激しいし、更新の計画も皆無な以上、これが全廃のきっかけになりそうな気がします。
 なは、あかつきやはやぶさ・冨士という最後の寝台が、本当になくなってしまうのは寂しい限りです。需要が少ないとはいえ今でもなはが熊本着7:36と、考えられる新大阪発6時の始発より早く到着するわけですし、あかつきは長崎行きだからそっちの旅客に需要がありそうです。東京発の場合でもはやぶさ・冨士だって先に着きます。ですが、実際問題として利用客が少ない現状を見る限りでは、いい口実だもんなあ。やれやれ、本当のところはどうなるのかなあ~
 問題はこれをさらに口実として、北行きのあけぼのや日本海、北陸なども縮小、季節列車化されないとも限りません。すると残るのは北斗星とカシオペア、そしてトワイライトエクスプレスの3本のみ。サンライズは残るかな。銀河の存在は微妙ですが、ここは車両の耐用年数が決めるかな。もしかして銀河もサンライズの車両になるかも?とか。さすがに新幹線が北海道に渡っても、この3列車だけは無くならない可能性が高いでしょうね。ま、この3本は寝台特急といっても、ちと立場が特別というか観光列車ぽいところもありますし、黙々と深夜を走る夜行列車という感じは弱いですしね。
 という感じになると、あと3年ちょっとしか客車の寝台特急に乗る機会はありません。鉄道がつないできた寝台列車の血脈を伝える3本の特急に乗る時間は限られてしまうようです。そうならないことを願っていますが、どうなることか。ま、乗れるうちに乗っておくのが憂い無く見送れるということですから、何とかしたい物ですねERRCのみなさん(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さくら、はやぶさ、出雲、銀河、サンライズ出雲(not個室)と乗ってきたので、希望は日豊本線方面もしくは関西始発でしょうか・・・
銀河は値段と装備を考え直せば十分需要があると思うんですけどね。。。

>kabasann
となると、なは・あかつきとか。または冨士ですね~九州リベンジには冨士でアプローチてことで~。
銀河は車両の耐用年数がくるまで24系で行くような気がします。その後どうなるかが気になりますね。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。