スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らしくないクルマ

 次期GT-Rはウエブ限定で宣伝を打つらしい。そういう手法で希少性やプレミアム性をユーザーに訴えたいのだそうだ。ま、今時な宣伝方法というか、そんなこともしてみたいのだな、という感じの感想しか正直持てないのだが、このクルマってそれほどのもの?と首を傾げているのは私ひとりだけだろうか??。
 今回からスカイラインの名前が消えて、「nisaan GT-R]という名称になるこの車、日産の走りの技術を結集したフラグシップカー、という触れ込みだ。確かにそういう遺伝子は引き継いでいるし、外見もスカイラインGT-Rであるのだが、これからは、そうは呼ばれないわけである。何となく矛盾ぽい気がしなくもない。もとより現行のスカイラインというクルマは、もうかつてのスカイラインが目差していた路線とはかけ離れたかもしれない道を歩んでいるわけで、この車台を使ってGT-Rが出るのか否か?という話は、好きな人ならヤキモキさせられるところだろう。そこで、歴代のGT-Rと感覚的に同じイメージを持ち、GT-Rらしいクルマをだせばプレミアムカーとして売れる、そう考えるのは商売としては真っ当かもしれないが、長らく伝説や歴史を作ってきたなかにこの一台を加えることが、果たして正解なのかといえば、かなり苦しい言い訳をしないと納得できないかもしれない。
 たかがクルマ、されどクルマである。その称号に特別なものを感じることが出来るというならば、それはやはり先代を無視して別な物に捻じ曲げる必要があるのかどうかは、疑問視してしまうところだ。単にらしいクルマということなら、別にGT-Rじゃなくてもいいはずだと思うのだが、それを許さない大人の事情は、かなり奥深いところで渦を巻いているから、ということなのでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

GT-Rって、ある層には確実に説明不要なわけだからねぇ、そんな程度なんじゃないの?

まあ、そうなんですけどねぇ。日産もいろいろかわってしまったのだな、ということなのですねぇ。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。