スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルナインのデキとデト(完成編)

デキとデトの並び~

先日購入したアルナインのデキとテト。簡単なのですぐに形になるこのシリーズですが、そこから先はやっぱり中々進めません。いやその、洗浄してプライマー塗って、サフ噴いて本塗装すればいいのですが、この工程は一気にやることが望ましいため一日取れないと苦しいということです。ま、そんなわけで、言い訳ですけど何とか完成したから?許してねん。
アルナインのデキ

アルナインのデキ2 屋根

まずデキですが、色はディープグリーンにしてみました。正確に言うと中島系暗緑色、簡単にいえば零戦色です。特に意味はないのですが、しいていえば前に鉄コレの名古屋鉄道のデキを同じように色替えしたので電機はこれにしておこう、くらいかなあ。小ぶりですが形色ともに地方電鉄が所有していそうなやつに見えていい感じです。パンタは一基にしてみました。このサイズだと2つは多いよね。ちなみに窓はガラス表現がないと寂しいので、普通のキットのように透明塩ビ板を張ってあります。ナンバープレートは色入れしようとしたのですがな、なんと見えません。てのは手元がちと見ません、あーようするに老眼みたいです(大泣)。やばいなあ、この状況、今後の模型製作に大いに影響を与えそうだ・・・。
アルナインのデト

さて、気を取り直して(謎)もう一台のデト。こっちはKATOのBトレ用小型動力車のモーター部を見事に回避しつつ、ちゃんと形もなっているという優れもの。組み上げはいたって簡単ですし、塗りも始めればあっという間です。問題は色くらいかなあ~と。黒一色は普通なので別の色を、と考えていたところ、目の前にネービーブルーのスプレー缶があったので、意図も簡単にそれに決定、単純だなあ。
アルナインのデト2

こっちのデトも、窓ガラスがないので塩ビ板で貼り付け。乗務員室の扉もなかったので、別売している鉄コレ用のドアを張り込んでそれらしくしました。デトって乗務員室の扉はないのかな?でもなあ、あったほうがらしいと思えたのでつけました。中央のモーター部はこのままでは剥き出しで格好悪いので、アルナインの人も奨励していたティッシュにラッカー塗料塗りたぐりで防水マットの感じを表現してあります。適当に切ってボディーを乗せてあるだけです。
 な感じで出来たデトですが、小さいながらこの手の業務事業用社朗の雰囲気を見事に、かつお手軽に表現していてミニレイアウトで走らせて見ると本当にいい感じの車両です。デキのほうも、あまり大きい貨車だと苦しそうですが、普通サイズならこれまたいい感じ。客車を引かせてみたい誘惑に捕らわれますが、さすがに20メートル級だとでか過ぎ(笑)。専用に18m級とか必要ですね。何か鉄コレの車両から電装解除みたいな感じででっち上げようかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。