スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第32話「終電カード・ゼロ」

 前回、アントホッパーイマジンにこてんぱんにのされた電王ガンフォーム。もはやこれまでか?という絶体絶命のところを、駆けつけたデネブとデンライナーにより何とか窮地を脱しましたが、リュウタロスはボロボロ、良太郎も入院してしまいます。売られたケンカは買う!と意気込むモモたちですが、良太郎とリュウタロスはかなりのダメージに。
 入院した病院へナオミがお見舞いに。なんとか旨くいってるから心配しないようにと告げます。そこへデネブもお見舞いに。今回のことで力になれなかったことを詫び、最後の一枚となったゼロノスのカードを使わなくて済んだことに例を告げます。そしてデネブは、侑斗はゼロノスに変身するたびに自身から大切な物を失っているといいます。その、大切な物とは・・・??
 藤代のところへいった愛理は、侑斗によって何とか連れ戻されましたが、その際、殴られた藤代は気がすみません。怒りが収まらないままバイクに乗ろうとするところに、アントホッパーイマジンが出現。愛理を連れてきてやるから、体を貸せといって無理やり憑依。ミルクディッパーへ行って愛理を連れ出します。そしてメチャクチャにされたミルクデッパーに行った侑斗が、店内に倒れていた三浦君たちから、良太郎を廃工場に連れてくるようにいわれます。入院している良太郎が動けるはずもなく、侑斗はデネブと工場へ向かいます。
 一方、知らせを聞いた良太郎も行こうとしますが、看護婦のおばちゃんに止められる始末。まあ、普通そうですよねぇ。そこはモモが憑依して強引に病院を抜け出します。
 工場に先に着いた侑斗=デネブは、アントホッパーイマジンが憑依した藤代と対決します。電王を呼び出したのに来たのがゼロノスとあって、毒づくアントホッパーはメチャクチャな攻撃で侑斗を攻撃します。隙を見て分離したデネブは、侑斗に愛理を助けに行けと叫びます。走る侑斗のまえにもう一体のアントホッパーイマジンが出現。もはやゼロノスに変身しかないと、侑斗はzベルトを装着します。が、そこへマシンデンバードに乗ったモモ=良太郎が乱入。侑斗に行くように促すとソードフォームに変身。アントホッパーイマジンに立ち向かいます。怒り絶頂のモモ=ソードフォームは激しい攻撃を加えますが、アントホッパーイマジンはかなり強く、デネブ同様に苦戦します。
 愛理が捕らわれていた部屋をこじ開けて中に入る侑斗。中には天井のしみが真っ暗な部屋の中で星座のようだったと語る愛理が立っていました。侑斗という名前を口にして、自分がミルクデッパーを守ってきたのは、自分と良太郎と、それと、もうひとり、もうひとり・・・と何かを思い出そうとしていた愛理でしたが、そこに大きな衝撃音で我に返ります。ここにるようにと告げた侑斗は、電王とデネブのところへ。何かがふっ切れたのか「カードはお守りじゃない!使う時に使わないと意味がない!」と叫び、最後の一枚でゼロノスに変身。アントホッパーイマジンに向かいます。それにしても滅法強いアントホッパーイマジンに苦戦しつつ何とか戦う電王とゼロノス。何とか好機を見つけたゼロノスはオーラボウガンにカードをフルチャージして差し込むと、グランドストライクでアントホッパーイマジンを撃破します。
 一方、電王ソードフォームは何とか立ち直ったリュウタロスからの知らせを受けると、ケータロスを使いクライマックスフォームに変身。コーヒー抜きでもいけました~ということで、俺の必殺技クライマックスフォームという技でもう一体のアントホッパーイマジンも撃破しました。
 迎えにいった良太郎は、愛理が何も思い出していないことに複雑な表情を見せます。そしてついにゼロノスカードを全て使いきってしまった侑斗。彼はただ呆然と立ち尽くすしかないのですが・・・。
 さーて、侑斗が変身するたびに失う物とは?んでゼロノスの復活はあるのでしょうーかあ?イマジンの行動も何か目的を明確にしてきましたね。まず電王の排除ですか???さて????
 あれえ?今回ハナが出てこなかったのですが???
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。