スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロエースのC59-79 グリーン試験塗装機

マイクロエースのC59-79号機グリーン試験塗装

 さて捕獲品都合3個目。マイクロエースのC59-79です。これだけだと何が何なのかわかりませんが、特定ナンバー機であることから、ああ、アレかということが分かるようになるわけで。なわけで、C59の79号機といえば車体がグリーンに塗装された車両として有名というわけです。マイクロはこんなものまで製品化するというわけですから、まさしくご苦労様というべきなのか。ちなみに茶色塗装の67号機も存在して、こちらもマイクロから製品化されています。マイクロエースの製品じゃいやじゃ!という人には、さらに精密かつ精巧に組み上げられたワールド工芸のC59が在りますが、その分かなり高目です。なわけで、貧乏人はマイクロでがまん?ということで。

 しかしまあ、国鉄史上で黒以外の塗装をまとった蒸気はC59のこの2機だけで、その意味でかなり貴重というか珍品というか、珍しいことには違いありません。どういう意図でこの2色が選ばれて塗装されるに至ったのかは、残念ながら知りません。誰か教えてください(笑)。それはともかく、黒以外のSLなのでかなり印象が違って見えます。たまにはそういうのもいいかな、と思いますし当時の国鉄もいろいろ考えていたのでしょう、ということで。模型的には黒ばっかりのSLの中にあっては異色ですから、目立つことはこの上ないですなあ。

 さて、そんなマイクロエースのC59-79号機ですが、塗装変更だけですので大きく何かが変わったということは無く、そんなわけで走りも特に変化がありません。グリーン塗装だけですからいいのですけどね。そんなわけで、引かせてみる客車もグリーン系がいいなと思うのですが、今時のグリーン系客車といえばいわずと知れた「トワイライトエクスプレス」。ブルトレのイメージを一新して落ち着いた色がシックな感じを出しており、コレまでにない雰囲気があります。その牽引機として、ということなのであればこのC59グリーン塗装機は、まさにぴったりと思うのですがいかが?。残念ながらウチにはまだ「トワイライトエクスプレス」の客車はないので、サロンカー「なにわ」を連結してみましたが、コレがいい感じです。中央に入る金色の帯もシックなグリーンを引き立てるのにいいアクセントになっています。

 うーむ、そうなるとやっぱり本家「トワイライトエクスプレス」の客車を引かせてみたいなあ~と妄想。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。