スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが大和か~

尾道の実物大大和セット

で、呉へ移動して友人一行と再会し、尾道ラーメンを味わってから大和セットへ。渡船で向島のセットへ移動中、もうその勇姿は見ることが出来ましたが正直ドキドキものでした。実際に最上甲板といわれている部分に上がって砲塔や艦橋のある部分を見上げたとき、何て全てがコンパクトにまとまった船なのだろう~というのが正直な感想で、全幅は確かに広く大和の巨大さを現しているといえたのですが、主要な構造物はそれに反して小さいのです。これは普段、せいぜい大きくても1/350の模型を見て、さらに1/700のWLで見慣れた大和の大きさとは違う物を実感させる物がありました。
 それにしても小さく感じたとはいえ、世界最大の戦艦といわれた大和の実物大の一部に立っているのだと思うと、かなり感動ものでした。こんなに大きな物をよくも作り上げたなということと、コレを見たら誰もが不沈戦艦だと思い、戦争の不安の中で頼りになる気持ちを湧き上がらせてくれる物であることには間違いないだろうと。それだけに悲劇は大きいものになったといえるのでしょうね。
 何であれかつて存在した物を、模型という形でなく実物大の物として実感できたことは大きな価値があったなと思いました。出来るならば艦橋と煙突まであればなあ~ま、無いものねだりなのですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。