スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KATOのオハ47~HO

KATO オハ47

 模型界を席巻せんとNやHOを買い捲っているいるように見ている尾張屋でございます(笑)。
 って、ワタシなんぞはまだまだ可愛いもので、銀座界隈の老舗では洟垂れ小僧扱いしかされてもらいえません。まだまだ道は長く遠いようです(汗)。
 さて、HOです。KATOのスハ43系オハ47形はちょいと前に出た、旧型客車の新製品で、本当に久しぶりのHO客車ですなあ。
 ちょいと解説すると、スハ43形の台車はTR47形でしたが、寝台車のオハネ17、オシ16形に改造(または冷房改造や電気暖房取り付け)される際に台車強度の問題からTR23形(一部はTR34形)と交換したために、自重が軽くなり「ス」→「オ」級になったものがオハ47形です。1961年から69年に328両改造されています。写真は近代化改造後の青色の姿です。
表記が細かいなあ

 とそんな感じ(汗)。見た目では窓のアルミサッシ化が識別点になりますか。KATOの客車はN、HOを問わずできの良さがいいですなあ。しかも新製品になるたびに表記などが印刷されるなど、改良されていくので、後になればなるほどレベルアップされているという、また買わないと、と思わさせてしまうところが上手いですなあ。あ、騙されて買ったわけでは、ありませんので。
 古きよき国鉄時代の機関車牽引列車を模型で再現しようというなら、スハ、オハの客車は絶対に外せません。組み合わせ次第でどんな列車も再現できるのですから、何両あっても足りないということはない、というわけで。さすがにNとお値段が違うHOは、なかなか台数が集まりませんが、中古やボーナス時(笑)に少しずつというところですなあ。目標の編成を実現するには、まだまだ時間がかかりそうです。
 あ、ぶどう2号色も出してくれると嬉しいですが~(大汗)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。