スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キハ20は7月かい・・・

本文と写真は関係ありません

 えーと今月末に発売が予定されていた、トミックスのキハ20系が発売繰り下げになりまして、7月下旬がいいところだとか。
 ま、鉄道模型にはありがちというか、ほぼ定例化している繰り下げ案内なので、あまり驚くには至りませんが、キハ20系は好きな気動車でもあるので、来週にもご対面か?とときめいていただけに、肩透かしをくらったようで残念でなりません。あーもう。
 それにしても、こうも繰り下げが頻繁にある鉄道模型業界は、いったいどんな構造なのでしょうねぇ。毎月わんさか新製品が出る反面、再生産はほぼない、というだけに欲しい物は一発勝負で予約という販売形態に付き合わされている我々ユーザーは、本当に気が休まりません。ま、メーカーにしちゃ、これで生産予定を立ててきちんと生産して赤字は出来る限り押さえるという、企業としてはまっとうな戦略を採っているのですから、考えてみればコレがある意味正常なのかも。しかし、問題はそんな業界構造であるにもかかわらず、カタログや雑誌ににはさもいつでも店頭に商品があるような記載をしていることにあると思うのですが、これって一種の詐欺?だよねぇ。あるのにない。欲しけりゃ予約。うーむ、まあ、生涯で一番高価な買い物である住宅が、この青田買い構造なのですから、たかが鉄道模型ごときは当たり前?なのかも。悲しいけど。
 鉄道模型の趣味層がやや、高齢化してカネは出せる層がいると割ってのことなのか、その性格上、完成品を買うのを当然とすることで価格が高いというならば、普通のプラモのように組み立て式でかまわないのですけどねぇ。そうすると一気に売れ行きが落ちそうだなあ。ガンプラは論外としてタミヤのプラモを組み上げれない人も増えている昨今では、完成品の需要は増すばかりですし、他にも家族や住環境の制約から組めない人もいるだろうしなあ。
 それにしてもメーカー側は、買う層がいるから振り回すのではなく、買う側に立っていい製品を随時供給して欲しいのですけど、こういうのは叶わぬ願いなのですかねぇ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。