スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都電荒川線てさ

とでーん

 都電荒川線にレトロ調車両の9000系が近く投入されるそうで、イベントとかだけではなく、一般の運用に使われるそうで荒川線の話題づくりに一役買っているようです。もはや都内ではここしかない路面電車。言うまでも無く路線の大半が専用軌道であったことが生き延びた理由ですが、富山の例を持ち出すまでもなく環境に優しい乗り物?として再認識されているといっても、現実は厳しいでしょうねぇ。都内で路面電車を復活させるなんてのは、どう考えても絵に書いた餅だし、じゃあ、ゆりかもめのような新交通システムは、日暮里~舎人線がもうすぐ開通しますが、これを高架で都内中に走りまわせるなんてのも考えられません。
 結局のところ、都電に変わる?鉄道としては地下を縦横無尽に走っている地下鉄がその役を受け継いでいるのでしょうね。地下鉄と都電では比べようも無いほどシステムが違いすぎますが、実際にそうなっていることは間違いないでしょう。
 そのあたり考えていくと、都電はどうなるのでしょうねぇ。廃止は無いと思いますが、発展性はありません。こうして新型車両が投入されると、思い出したように話が出るだけで・・・。ま、もともと地味でも黙々と街のゲタ代わりに走るのが、路面電車の役割であることを思い出せば、このまま何も変わることなく、何時までも走り続けてくれることを祈るだけでしょうか。
 それにしても、あのレトロ調車両はなあ、どうせ復活させるなら昔の黄色や緑の6000系電車とかを一新して作って欲しい気がしたりしますねぇ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。