スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SL重連カプラーに悩む

とりあえず重連???

SLの重連を考えているのですが、どうもいまひとつです。定番といえばマグネ・マティックカプラーを取り付けたりする方法がありますが、もう少しお手軽にできる方法はないかと思案中です。KATOのSLには重連用のアーノルドカプラーがありますが、コレを使うと先台車に取り付けでその部分が回ることになるので、どーもなあ。
 もともとダミーカプラーがついている部分にどうにか加工して、カプラーをつけれないかとあれこれしているのですが、どうも今ひとつ。一番細いのはシンキョーカプラーなので、コレを削りながら首の部分だけ左右に振るような仕組みが出来るとベストです。しかもお手軽に~。
重連用カプラーを加工してます。

しかしダミーカプラーの取りつけ穴は、かなり小さいので首を左右に動かす余地が殆どありません。困ったなあ。カトカプにしろ、シンキョーカプラーにしろ、じょうげにパーツを組み合わせて使うので、上下方向に削りすぎるとパーツ自体が保持できません。仕方がないのでゴム系接着剤などで固定するしかないのですが、そのあとどーする??。カプラーヘッド自体が左右に動くヒンジができれば、また道が開くかもしれません~。
シンキョーカプラーさしています

さて、どうもらちがあかないので、D51は重連用のアーノルドカプラーをきざんで、ちょっとらしいものに仕上げてみました。ようするにアーノルドカプラーのヘッドを切り落とし、センター部分にシンキョーカプラーを差し込める穴を広げて取り付けた、ということになります。この場合は先台車自体が首を振るので、カプラー自体は固定でも構いませんしねぇ。でやってみたところ、まあ、それなりの感じなものが出来ましたが仕上がり自体は今一歩?ですね。外に出してあったマイクロのD52とつなげて動かして組みましたが、そんなに破綻するほどの結果にはならなかったので、アーノルドを出してつなげるのが絶対いや、という人にはいいかも。ただ、見たとおりまだまだ改良の余地はありますし、何といっても本来動くはずのない部分が一緒に回るので、ちと不自然です。いくら補機で隠れているとはいえねぇ。スマートには見えないなあ。
 そんなわけで、当分問題の種はつきそうもありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。