スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の鉄道模型をつくる・・・え?

表紙ですよん

 もう、既出なのですが。講談社からまたとんでもない雑誌が出ます。名づけて、
「週間 昭和の鉄道模型をつくる」(笑)、というトンデモ雑誌。全50巻でレイアウウトが完成するという、ついにココまで来たか的週刊誌。クルマ、飛行機、大和といろいろなトンデモ雑誌が発刊されましたが、これはまたさらに凄そうです。
 詳しい内容は下記の通りですが。

 ■ 懐かしい「昭和」の風景を作るワンテーママガジン
懐かしい「昭和」の風景をジオラマで再現できる鉄道模型ワンテーママガジン「週刊昭和の「鉄道模型」をつくる」が創刊になります。
▽主な特徴
・完成サイズは幅60cm×奥行き45cmとコンパクト
・Nゲージスケールで、レトロな昭和の街並みを再現
・本誌には「鉄道模型」「昭和」などの関連記事が満載
▽全巻購読プレゼント
・コントロールユニット(前・後進、変速、電動ポイント切り替え)

 一冊1490円、創刊号は780円といういつものパターン。全巻そろえると75000円という凄まじいことになりますが、トミックスが協力しているので、車両は鉄コレ、ストラクチャーは街コレ、全巻購読のプレゼントとなるコントロールユニットはミニ線路用のやつらしい。問題は街コレ、鉄コレがその程度このシリーズの専用色とかになっているかな、ということです。もしそうだというなら、気になるヤツは欲しいかもですしねぇ。そのあたりはシリーズが始まってみないとわかりませんが。
 ま、ついにこういう世界でも鉄道模型が取り上げられるようになったのか、と思えばそれはそれで普及のためには喜ばしいことなのでしょうねぇ。
 毎週1490円お布施になるのか。うーんこれは考え物だなあ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。