スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルラインのD51来る!

リアルラインD51標準ギースル装備

こんなかんじではいってるです

新興Nゲージメーカーリアルラインが、ようやく発売したD51 711標準ギースル装備機をお迎えしてまいりました。確か当初予定は3月だったかなあ。私の場合、これに関しては完全に出遅れていたので、手に入るとは思っていなかったのですが、某鉄道模型店で運良く予約できたので今回めでたく増備となりました。
 その内容の前にリアルライン、ちとやばいかもです。お店の話によると今回の出荷もかなり少数で、二回目もありますがこれでおしまい、会社自体が???ということになるかもという話です。電話もつながらない事が多いとか。えー大丈夫なのかリアルライン?。次期次期予定ではD61とかあるみたいだから、すごく期待しているのになあ。
 さて製品です。厚手の紙の化粧箱に入ったそれは、ぱっと見ワールド工芸風。あけるとビニールに包まれたD51が箱の中央に仕切り紙によって配置され、その上から軟質プラのカバーがかけられています。さらに説明書が二枚という構成。うーん、これ製品を保存しておこうという箱じゃないですねぇ。といいますか、正直お店から家まで持ってくるまでもかなりハラハラでした。もう少し何とかして欲しいなあ。
密着したキャブとテンダー

とりあえず取り出して線路に載せます。キャブとテンダーがもう密着しているという感じで、私の持っているSLではこれに匹敵するものはありません。さすがにこの値段だけあって、精密そのものの構成は文句つけようがありません。特徴あるギースルも良い感じです。キャブに作りもいいなあ。モーター見えないし。一部部品はユーザー取り付けですけど。色もたくみに艶を抑えつつ、落ち着いた感じの黒というところで、丁寧なウエザリングを施してやれば、かなりいい感じのSLになるのではないでしょうか。精密に150分の1に出来ているだけあって、KATO,マイクロに比べるとちと小さめなきがします。これがかちゃんとしたリアルスケールなら問題ないですし、それでいいのですが他社の比べると違いが際立つなあ。実際、貨車や客車を連結してみるとキャブと客車の屋根の位置が合いますからねぇ。ちなみに全長も少々短いのは、リアルスケールだから、かな。天賞堂のやつでもそうなのですかね。(それこそ高いですし)
ギースルもいい出来です

走らせた印象は、KATOともトミックスともマイクロとも違う感じのモーターの音。ウイウイ言いながら走り出しますが、キャブが少々左右にゆれる?かも。お座敷レイアウトではなく、ちゃんとしたレイアウトならもう少し走るかもしれません。お店の動作確認では、割と真っ直ぐ走りましたし。それでも最近再販されたKATOのD51にひどいヤツは、本当にキャブを左右にふりながら走りますしねぇ。それに比べればマシですが。ま、リアルのD51もかなり個体差があるようで、こればっかりはお店で動作確認必須なのですが、数が少ないだけに多少妥協しないといけないのが悲しいですねぇ。そういえばこいつ、前照灯点灯しないのですけど、これでデフォなのでしょうか(汗)。それとも不良品??高いのに。
 テンダー側のカプラーは多分、カトーカプラーだと思います(違ったらすみません)。なわけで当然、カトーカプラーとは問題なく連結できます。ボディもそう見えるのですが、もしかしたらダミーかも。前後とも金属製の手すりが上にあるため、連結しにくいのが難点ですねぇ。首は短いのでかなり密着した連結状態になります。
 とまあ、良いところあり、まだまだなところもありで、特にNゲージにしては、天賞堂のやつは別として、この値段なら買えるかもしれない、という設定の中で出来のよさを追求するなら、いろいろ文句や意見したいところもあるでしょう。そのあたり新興メーカーが意気込んでやることだけに、それはそれで当然かもしれませんが、前述の通りもし、リアルライン自体がやばいことになってるかもしれないだけに、次回作に期待できないのが残念です。ニューパワーはうかばれない状況なのかな???
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。