スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13話「いい?答えは聞いていない」

 やっと追いつきました(笑)。見ないでためておくと後が本当に大変です(大笑)。
さて、何だか新展開となってまいりました電王。おさらいしてみると~3人のイマジンに取り付かれてお疲れ気味の良太郎。ウラタロスが優しく気遣うが、そんなのはウラタロスが遊ぶための方便でしかないですね。そこにストレス満載のモモタロスが出てきて、さらにヤバイキーワード、泣ける~といった途端、今度はキンタロス(笑)。もうやりたい放題のイマジンお馬鹿3人組に良太郎もダウン~その時、ウラタロスは妙な感じに気がついていたが~。そのあとのデンライナーの中でのハナの切れっぷりはもう、全開というか暴走というかイマジン3人がかかってもまるで敵うわけもない感じで、あ、怖い、ハナ(汗)。
 ということで、ミルクディッパーの常連、謎のオカルト作家?三浦君が良太郎に催眠療法を施すと・・・やばいことに良太郎の深層心理に隠れていた第4のイマジンが活動を開始してしまう。その瞬間、デンライナーにいたモモタロスたちは良太郎とのつながりを断ち切られてしまう???そして姉の愛理にも、何やらおかしな所が~。
 公園の管理人戸山にとりついたオウルイマジンは、公園が動物たちがちゃんと暮らせるところになる静かにな場所になればいい、という願いを公園からの人間の排除と解釈して人々を襲い始めます。消息の途絶えた良太郎を探しに来たハナの前に現れたオウルイマジン、モモたちが何とかすようとしますが、砂のままでは何か出来るわけもなく崩されるだけ。と、そこに何やらファンキーな格好の良太郎が現れて、オウルイマジンに対すると電王ベルトを装着すると、ガンフォームに変身。あっけに取られるハナとモモたち。ま、そうですよねぇ、今まで何処にいたのかわからず、突然現れて電王の新フォームに変身ですし、驚いて当然です。
 これまでにないメチャクチャな戦いで、オウルイマジンを追い詰めていくガンフォームですが、あまりの野放図さにハナも絶叫して止めます。その隙をついてオウルイマジンには逃げられてしまいましたが~。
 訳のわからない、ガンフォーム電王はハナに「僕は良太郎を倒さないといけない」という。デンライナーの車掌にしてもらえるから、という。あっけにとられるハナ、そしてモモたち。ハナの叫びに何とか意識を取り戻す良太郎。このガンフォームになったイマジンは何者?ってリュウタロスなんですが、一体今まで何処似たのか?モモたちの隙をついていつ、良太郎に憑依したのか、などいろいろ謎はあるのですが、良太郎は本当にイマジンに人気がありますねぇ。しかも思いがけないような目的を口にするし。
そもそもデンライナーの車掌って(汗)。じゃ、オーナーが関係しているのか??そのあたりは次回、説明してくれるのか?怪しいなあ。
 それと、姉の愛理の行動。三浦の催眠療法にすっかりかかって、何かの記憶に引かれているようですが、その傍らにいたのはあの電王が戦う過去で時間を計る男?に似ているような~その近くに良太郎くんもいて~あ~あ~どういう構図なのでしょう??
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。