スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12話「走れタロス」

 今日の夜、何とか11話を見れたので、明日中には今日の12話を見て追いつきたいなと。何せゲキレンジャーと一緒に見ているので一時間必要です。ちなみにゲキレンジャーも激面白いのですが、てかこっちも気になる展開が続いていますよね。
 サテ、電王です(笑)。キンタロスのアックスフォームはアイビーイマジンを、あと一歩のところまで追い詰めながらも逃がしてしまう。その理由は父が娘を殺すなどありえないという、キンタロスの想いからで、その辺、彼の人情の厚さが出ているといえますが、イマジンにあるまじき行動?かもしれないですね。ハナと良太郎はかすみの父を訪ねて真相を聞こうとしますが、相手にしてはもらえない。そうこうしているうちに、かすみがパリコレに行く日が来てしまい、二人も護衛としてあとを追うところにアイビーイマジンが出現してかすみを襲うのですが、キンタロスは父親が娘を殺す契約などイマジンと結ぶはずがない、と勝手な解釈でかすみが乗ってきたクルマを投げ飛ばしイマジンを結果として手助けしてしまう。かすみの父はイマジンに娘と会いたいといっただけだが、イマジンはそれを娘の仕事を妨害すれば娘は戻ってくる=娘に会えると解釈して、かすみを襲っていたという構図が解明される。契約者の望みをかなえるとはいっても、つまりはイマジンが勝手に解釈した通りということなので、必ずしも契約者が望んだことではない、というわけですね。結果、かすみのパリコレ行きは間に合わず、父親のモデルの仕事をさせたいがためについた嘘もあだにあってしまうという、キンタロスの暴走が招いたことになってしまう。
 ともかくも過去に飛んだアイビーイマジンを追って良太郎も同じ時間へ急行、待ってましたとばかりに意気込むモモタロスにウラタロスだったが、またもやキンタロスがふたりを押しのけて良太郎に憑依してしまいます、最近お前ら負けぱなしだぞ(笑)。しかしすぐぬ電王にはならず家を飛び出したかすみに、父の本当の気持ちを伝えようと彼女が乗ったバスを追い、「親父さんを信じろ!」と叫びます。で、暴走するキンタロスにオーナーがついにレッドカードを出してキンタロスにデンライナーからの追放を宣言!、それでメチャクチャ喜んでたのは、ももだけですが、まあ、そんなものかな。それを仕方がないと言い切るキンタロスは漢!なのですがねぇ。これを最後の戦いと言い切って決めたダイナミックチョップでアイビーイマジンは撃破され、とりあえずは解決~ということになったのですが。
 んでもって追放刑?なキンタロスに対して、少し時間をいじったが故にかすみと父は和解できたことを、まあ良しとして情状酌量な感じ?で許すオーナーってば、ええと、その真意は何なのかなあ。単にいい人ってのは無しですよ。そしてそろそろ時を図る人物の手がかり欲しいですよね、って案外、どこかに転がっているのかもしれませんが。
 次回、はいよいよ4番目が登場ですねぇ、ってもう見れるのか、普通は~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。