スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10話ハナに嵐の特異点

 コレまでの話を忘れていそうな感じですが、その辺は記憶のそこをたどりつつ電王10話(笑)。前回、憑依者を助けた謎のイマジンことクマ公(モモタロス命名)が本条(契約者)から依頼された望みとは、再び空手が出来るようになること。それで道場破りをしていたという展開で、何か意味ありげというか、普通の?イマジンとは変わった様子。イマジン本来の目的である、時間の運行を混乱させ、過去を変えることを、「わすれてた」といいのけるわけですしねぇ。そのあたりハナは戸惑いを隠せませんが、良太郎はどこかで違い?をわかっているかもしれませんねぇ。まあ、すでに二人の変わり者イマジンに憑依されているわけだし?。アレ、違うのか?。それにしてもライノイマジン、サイだけあってメチャ固い様子。モモがデンガッシャソードフォームで切りつけてもびくともしないどころか、パワー負けしているのはもはや明白。クロウイマジンの時といい、最近押されぎ身だぞモモタロス!。
 さて、本条のかつてのライバルが菊池で、彼に憑依したのがライノイマジンとわかり、ライノイマジンは菊池(契約者)の願い(本条ともう一度、決勝戦を戦うこと)であると知った良太郎とハナをだったが、そこへ本条を倒して、契約完了とばかりに現れるライノイマジン。さっさと過去に飛ぶと、クマ公も本条の空手ができたということで契約完了とみなして?過去にいってしまう。二人が向かった先が同じ過去なのはまあそれなりに因縁ということなのでしょうね。
 空手の試合会場に現れて、破壊活動を開始するライノイマジンを追って、デンライナーも参上。すぐさまモモ=ソードフォームにで立ち向かうが、今ひとつライノイマジンのパワーに手こずる様子。そんな中、クマ公はライノイマジンの攻撃を受けてやられそうになった本条と菊池をかばい、自らがやられてしまう。消えそうになるクマ公に、イマジンらしくないものを感じていたハナは、自分の世界がイマジンによって破壊されたこととは別に、クマ公が消えるのはどこかわだかまりを感じてしまう。結局、良太郎が3匹(人)目として自らに憑依させることで助けることを決意、吹き出すウラタロスに仰天のモモ(笑)。クマ公が良太郎に憑依して、第3の電王アックスフォームが誕生。パワー全開の戦い方でライノイマジンを圧倒、撃破する。が、しかしイメージ暴走で巨大化、デンライナーも3両目の専用車が登場して何と電車が格闘戦を展開(笑)。まさかこういう戦い方するとは思わなかったよ。しかもちゃんと線路に乗っているものなあ、あはは。いやはや、なんとも面白い使い方だな。
 というわけで、晴れてキンタロスとなったクマ公。今回の名づけ親?はナオミでしたね。そして割と驚愕の事実?なのがハナも特異点だということ。いやだったのかな??。もといた世界を破壊され、もはやデンライナーの中が彼女の世界でしかないというオーナーの言葉に、良太郎もかなり驚いた様子。そう、では彼も自分のいる世界を破壊されたなら???。
 にしてもだいぶデンライナーの中もにぎやかになりましたねぇ。オーナーもプリンサービスなんて気が利いています。あ、自分が食べたいだけか(汗)。それにしてもプリンで大はしゃぎのモモタロス~あんたおじゃる丸か・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。