スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10系客車に想う

10系客車オロネ10

 突然に、しかし着々と増車されている東雲電気鉄道の10系客車。きっかけがあるとこうして祭になるだけにちと、やばいなあ。でもまあ、カマばかりでは寂しいし機関車は客車を引いてこそナンボ?だと思うので、亀の足でもフル編成に向けて精進?せねば・・・。
 で、「ニセコ」に続いて進めているのが「あき」編成。呉線を走る東京発広島行きの客車急行ですなあ。呉線は山陽本線が電化された後にもしばらくは、非電化区間のためC59、C62が10系や20系ブルトレ編成を牽引していたという、夢のような線区でした。
 呉線は去年ようやく乗ることが出来ましたが、海沿いを走る風光明媚な、そしてSL牽引の客車急行&特急が走るには相応しい線でした。今では電化のローカル線に落ちぶれてしまいましたものの、まだまだその価値は失われていないと思うのですが。
 あ、さて10系客車って戦後の軽量客車の代表としてデビューして、華々しく活躍したにも関わらず、ちとマイナーな感じがしますよねぇ。客車といえばその前のスハ42系のほうが有名というか、代表的な車両として認知されている気がします。私としてもそれなりに乗っているはずなのに印象が薄いなあ、うーむ。20系はブルトレだから有名だし。
 ま、10系はどちらかといえば急行、特に寝台急行としての活躍だけに地味といえば地味ですが、それだけに着々と地に付いて走ってきた、という感じでワタシは好きなんだけどなあ。これぞまさしく急行の持ち味~という感じで。
 HOだとフル編成はかなり資金がかかりますが、できるならNでは何とかしたい物です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。