スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMVにみる鉄道の将来

北海道のDMV

 先日の銚子鉄道危機話を聞いて思うのは、地方の弱小私鉄が漏っている問題が改めて大きく、根深く解決には途方にもない苦労があるのだなということを再認識させてくれてことでした。鉄道は大きなインフラですから廃止、ということになるとその地域が受ける影響はかなりのものになります。廃線によるバス代行という結論に落ち着いても、簡単に赤字による運行停止、で廃止という道筋はもう何度も見ていますから、そうなることは予想もつきます。そんなジレンマに挟まれながら地方の鉄道は細々と動いているのだなと思うともう、悲しくなってしまいます。
 そんな状況を打開するための方策として、例えばJR北海道のDMVなどがあります。鉄路を走り、場所によってはタイヤでバスのように運行する。そんな発想の乗り物は世界各国で考えられ、試作されてきましたが意外にもモノになったのは、このJR北海道のDMVだけ。見ためはなあ~どう見てもマイクロバスだよ、ってベースがそれだものねぇ。
 こういう発想をもって提案をしなければ、地方の特に過疎地の交通体系は守れないというのは、他にもいろいろな問題も組み合わさって一筋縄では解決できないから仕方がないこと、というのは理解できますし、先に述べたとおり巨大インフラである鉄道を維持するには巨額の費用と人手がかかり、コスト的に合わないというのもわかります。でもなあ、あれは鉄道とは呼べないよ。模型的にもねぇ(笑)。
 確かに鉄路を維持してバス的発想の元に、小型の車両を運用するというのは、合理的です。そうしなければ鉄路がなくなってしまうのですから仕方がありません。ただその背景にある諸問題がおざなりのまま、目の前の問題だけを技術的なことだけで解決して先送りにして覆い隠す、というのは何だか違うような気がしてなりません。ん~なんだかなあ。 このままだと、大都市圏と新幹線以外は地方路線はDMVになる。少なくとも赤字ローカル線は、何て事態もあながち嘘ではないのかもしれないですね。どうなるのだろう、鉄道の将来は・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。