スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういうものが出る世の中なのだ

シールドライガー

 コトブキヤという第3勢力のメーカー?から、トミーが独自展開してきた男児向け玩具「ゾイド」のシールドライガーが、プラモデルとしてリリースされました。「ゾイド」ってメーカー原作のオリジナル商品として、かなり前から出ていたものですが、ここ数年来のアニメ化や、オタク的すそ野広がりのなかで、何となく人気を盛り返してきた感じがあるキャラクター?といえるかもしれません。
 デザイン的にはかなり行っちゃったものから、常識的なものまで古今東西の動物恐竜をモチーフにしたメカなので、当たり外れや好き嫌いはあると思います。ま、そんな中で今回初のプラモとしてリリースされたシールドライガーはゾイドのキャラとして代表的な一体と呼べるものであり、まずはこれから、というのもうなずける選択です。
 考えてみれば、こんなに美味しい?キャラがいっぱいなのに、トミーはコレをプラモデルにしようとは積極的に思わなかったようで、コトブキヤが名乗りを挙げて開発しなければ、こうしてリアルモデルになることもなかったでしょうなあ。それだけに今回のキット化は本当にめでたいですなあ。
 次はコマンドウルフを予定だそうで、これもすごーく楽しみです。ンでその次はジェノザウラーかサーベルタイガーがいいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。