スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23話 たった一人の戦争

TV放映版も第7章に入りました。あと3回で終わりかと思うとちょいと悲しい気分ですが、最後までヤマトの航海を見守りたいと思います。

 サレザー系内にワープアウトしたヤマトを襲う謎の高エネルギー。デスラー総統が第二バレラスから撃たせたデスラー砲でした。寸前でそれたため事なきを得たものガミラス側にも波動砲があることを知り驚く一堂。沖田艦長は進路を変更しガミラスへ向かうことを決意します。これってただでは行かせてもらえぬ以上は本星へ攻め込んで?ということなのかもしれませんけど、もうここでデスラー総統を倒す?みたいな決意でいたのかな。森雪を助けにという雰囲気には見えないし、それはやる人がほかにいるわけで・・・。
 直後にスターシャから抗議の通信が入るのですけど、うーん・・・。デスラー的には「何をいまさら」というか、どういうつもりなのだ、くらいの気持ちなのでしょうね。やる子となすことに文句を付けられてはそりゃ、ですわ。
 それにしてもスターシャさえ見抜けないくらい雪はユリーシャに似ているのか??といまさら思ったりする。

 試射で不具合の出たデスラー砲は次が撃てず、ヤマトはその間にガミラス本星へ肉薄。ギムレーが強襲空母から艦載機でヤマトを迎撃させますが、即座に展開したファルコン隊がこれを撃破。怜と篠原のコンビもここで誕生でしょうか(笑)。空母群を突破し本星に降下するヤマト。親衛隊はもはやガミラス本星を守る意志はなく、ポーズとして艦艇数隻を追撃に出すのみです。ガミラス本星に突入し夕陽を受けて総統府に迫るヤマトと追撃する親衛隊艦艇。ショックカノンで蹴散らされ、前に回ったデストリア級を艦首に展開した波動防壁でへし折って突破。遂に総統府へ体当たりをかますという無双ぶり。ヒス副総統でなくても、「本土に敵の侵入を許すとは何事か」ですねぇ。ハナからバレラスを守るつもりのないギムレーを罵るセレステラの罵声ももっともです。
 で、ここで沖田艦長はどうするつもりだったのだろう?。古代に突入隊の指揮を執れと命じますが、やっぱりでスラー総統を倒すつもりだったのだろうか??

 ヤマトが総統府に突入した直後、総統府の最上部が開き、デウスーラⅡのコアシップが離脱。セレステラの言葉で言うならば、でスラー総統は全てを捨てて出て行った、ということになるのでしょうか??雪とノランはデスラーのいた司令室?から出て行ってたので、デウスーラⅡコアシップに乗っているとは思わなかったのですが、あらまあでしたね。
そんなことはヤマト側では知る由もないですから、総統府へ突撃準備を進める中、ユリーシャはコアシップに雪が載っていると言い、彼女を助けないのかと古代に詰め寄ります。それを見た沖田艦長は古代に雪の救助を特命。ユリーシャとともにコスモゼロで飛び立ちます。
第二バレラスへ到着したデスラー総統はデウスーラⅡに接続するとともに、第二バレラスの一部を切り離してバレラスへ落下させヤマト共々消滅させる作戦を実行。これにはヤマトよりもヒスたち幕僚のほうが驚きを隠せないというところでしょうか。信じていた指導者に裏切られたという思いがわきあがっても仕方がないというところですね。ヒスの叫びがそれを端的に表しているのかと。帝都バレラスに避難勧告と退去の指示は当然ですね。
 この事態を打ち破るのは波動砲しかないと沖田艦長は決断し、総統府に刺さったままで撃つというとんでもない状況に。艦体を固定し、波動砲を発射。総統府を打ち抜いて落下してくる第二バレラスの一部を見事に破壊、バレラスは守られたという状況を直にみたガミラスの人々の気持ちに何か変化の兆しが芽生えたのは、当然かもしれませんね。

その状況を見たデスラーはデスラー砲でヤマトを狙います。タランは必死で止めるも聞く耳を持たず、多くの国民を殺した罪は未来永劫自分が背負い、ガミラスとイスカンダルの大統合の礎としてはたさなければならないことだと発射トリガーを絞ります。が、しかしデウスーラの波動エネルギー制御室に侵入し、破壊工作を行っていた雪と彼女を逃がすために嘘をついて放理出したノランの手によって暴走したデスラー砲の爆発により第二バレラスも誘爆。巻き込まれる親衛隊艦隊も次々に爆発していきました。あ、また誘爆ですかー言っちゃいけないけど・・・。

助けに来た古代の目の前で全てが破壊されて途方にくれる彼ですが、何かに呼び寄せられたかのようにゼロから飛び出して宇宙を漂えばそこには探し人その人が。ユリーシャが教えてくれたなんて野暮なことは言っちゃいけませんよね。
手を取り浮かぶ二人の前には青き星イスカンダルの姿が、再会に花を添えているようでした。

それにしても古代君は威勢良くヤマトから飛び出していきましたけど、何も?出来ませんでしたよねぇ。うーん。ま、最後に雪と出会いすれさえ場よいのかー。
あと今回のサブタイトルって、たった一人で戦争していたのは誰なんでしょうね・・・??
スポンサーサイト

第22話 向かうべき星

いよいよ佳境となるヤマトです。第七章は今週金曜日まででしょうから、もう一度見たいものです。ただ、公開前から言われているように今回は短縮版なので、完全版となるのはDVD、BR待ちというところでしょうか。再公開はあるのかな?

ヤマトの補修用に使える資源を確保すべく立ち寄った惑星で、ガミラスの収容所解放の騒乱に遭遇し、まさか反現体制派と邂逅しようとは思わなかったでしょうね。
ディッツ提督らとの会談については、沖田艦長の日誌記録という形でしか描かれていないので、本当はどんな話し合いとなったのかはわかりません。その辺は尺の関係とはいえ見たかったですね。
連絡将校としてメルダがヤマトに残ったのは、これからの展開をいろいろ想像できて楽しい物です。

ガミラスではユリーシャとして連行された雪がデスラーと対面しますが、その思うところはどんなものだったのでしょうか。セレステラは何となく偽物と感づき、自ら赴いて装であることを確信しますが、そういうところはさすがジレルの魔女というところでしょうか。まさがのヒルデ登場は驚きましたけど。雪はガミラスとイスカンダルが二連星であるとしらなかったために「ここの月は大きいのね、そして綺麗」と発言していますが、それってやっぱり雪がイスカンダル人ではないということなのかな。ユリーシャかどうかはともかく、イスカンダル人ならばガミラスとの関係は知っていて当然でしょうからね。

そうした事実を知った上で、イスカンダルへ向かうのか、ガミラスへ行って戦うのか・・・そんな想いがなんとなく巡るクルーですが、ヤマトの目的はイスカンダルへ行くことであると言い切る沖田艦長の意志は確固たるものなのですけど、ねぇ。
それはさておき、ガミラスが隣りにあると知ったらやっぱり出向くのはためらうのでしょうか?。沖田艦長なら死中に活を求める~とかで迷うことなく出かけて行きそうですけど。
しかしまあ、いつから真琴と加藤はそういう仲になったんでしょう。エンケラドゥスから?加藤はいろいろ殴ってメデックに出入りしていることも多かったですしねぇ。あ、赤道祭の時か、メイド姿を褒める加藤にうるうるの真琴みたいな(笑)。
そんな場面を怜に見られたのはまずかったですねぇ・・・。「秘守義務は守ります・・・」いやないだろ、怜じゃ。
そのあとの地球、ガミラス、イスカンダルのマゼランパフェ女子会はいろいろ言われてもいますけど、のほほーんとした雰囲気でそれはそれでよいのかと。でもガミラスにもアイスクリームくらいあるんじゃない?ド派手パステルカラーのパフェはともかくとして。「メルダは可愛いねぇ」というユリーシャのセリフがまんまでよいです。
それよりも彼女が言ってた「いい人」ってナニ?誰?決めるのは私じゃないってのもなに?

ガミラス星ではドメル司令の追悼式典が行われ、彼の死さえガミラスとイスカンダルの大統合を目指すデスラーの道具扱いにされているのが悲しいですね。七色星団海戦も、ヤマト撃滅よりユリーシャ確保のほうが重要視されているような気がしますし。UX01が総統府直轄の特務艦とはいえ、あの混戦の中で雷撃受けたらヤマトはかなりやばかったはずなのになあ。
そんな茶番の中でユリーシャとして晒される雪はさぞかし心中もやもやでしたでしょうけど、何も出来ない自分にイラつくしかなかったというところでしょうか。かごの鳥では何も出来るはずもないですし。何気に驚くスターシャに、え、ナニ?イスカンダルからのぞき見でもしてた?とか思いたくなりますけど、そこは見なかったことにー。

イスカンダルへ向けて最後の大ワープに入るヤマトは、全艦第一種戦闘態勢で準備。雪の奪還計画を何とかしたいと思いつつ、敢えてそれを無視する古代の気持ちはどんな物だったのか。ユリーシャだけは何となく気がついているという感じですが、ヤマトが目指す星がイスカンダルである限りそれは難しいものであると。
沖田艦長の訓示を受けワープしたヤマトはついにサレザー恒星系へ到着。あ、島の「しずかな海だな」というセリフが来たときはちょっとヤバイのですが。反射衛星砲の時とか(汗)

案の定(笑)第二バレラスから伸びる一条の光。それはヤマトを目指し突き刺さっていくように見えたのですが。
ガミラスとの決戦の幕開けです。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。