スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16話未来への選択

 今回放映分からOP主題化が変更されました。まあ正直に濃いオリジナルヤマトDNAが刻まれた私的にはこれはなあ~というのが正直な感想です。いろいろなセールス上の思惑があるのは今時のアニメである以上は仕方がないのかもしれませんが、それだけに納得できる主題歌なら歓迎だったんですけどねぇ。

 16話です。
 ドメルの猛攻から辛くも生き延びたヤマトは、本来の目的であるビーメラ4へ。地球に良く似た環境を持つこの惑星に心も躍る乗組員ですが、その裏では反ヤマト計画派というかイズモ計画派が動き出すという状況。その首謀者?の新見情報長と伊東保安部長も一枚岩のようにみえて実はそうでもないという感じがあちこちに見えて、このさきどうなるみたいな状況です。
 星名が島に声を掛ける意味はこのときはまだわからないのですが。
 かなりやられたヤマトの補修は何とかなってる?でしょうかね。術後の経過は良好といわれていた沖田艦長もまた過労で倒れてその状態はあまり良いとはいえない感じです。

 ビーメラ4にアプローチして古代、平田主計長、百合亜、アナライザーらを乗せたシーガルが発艦。物凄い巨木が乱立するという感じのビーメラ4ですが、そんな中、金属反応を感知してそちらへ向かうシーガル。
 今回のアナライザーは色々と仕掛けが考えられていて、こういう外殻モジュールがあっても確かに便利ですね。重機の代わりという感じですがこの分なら戦闘モジュールもありそう。
 巨大昆虫に襲われつつついた先は古代が火星で見たイスカンダルシップの残骸。しかも400年前に救済の使者としてやってきたと。

 一方ヤマトではイズモ計画派が行動開始。ビーメラ4を第二の地球にと真田に詰め寄る新見の説得に首をたてを振るわけもない真田。そこに現れた伊東は真田を拘束、さらに第一艦橋を押さえ、機関室は震えた手で銃を持つ藪たちが押さえる。
 艦載機待機室にも保安部がきますが、シャワー室?にいた怜は機転を利かして艦内ダクトに逃れるという、あら偶然にしてはちょっとご都合よすぎるような(笑)。
 島に指揮権を移行させて、達成の難しいヤマト計画をここで廃棄、ビーメラ4を第二の地球にするという話を持って地球に帰還するということですが、元々イズモ計画に熱心な新見はともかく伊東の思いは別のところにあって、雪が持っていたユリーシャのメッセージカプセルを根拠に彼女がイスカンダル人だと詰め寄り、イスカンダルの使命?というべき「宇宙のあまねく知的生命体の救済・・・」という思想を「上から目線」で「ガミラスと同じ」と言ってそういう態度を毛嫌いしているというような。詰まるところ宇宙人嫌いで助けてくるというのに試練を与えてなんてもってのほか~という感じですか。
 それは分からなくない話で、そういうことなら何でコスモリバーズシステムもってきてくれないのか?とかそういう部分でもあったりするのでしょうけど、そこはまた別にあるようで。

 波動コア回収しヤマトに戻るシーガルは、怜の活躍で拘束室から助け出された雪、南部、相原、太田らからヤマトの状態を聞くも何も出来ませんよねぇ。
 シーガルを回収しようとする島にキレた伊東が銃を抜き、本当に撃つのではと思わせたので新見もさすがにそれはと止めに入り、もう止めてくれと叫ぶ彼女を「これだから女は・・・」とまさに撃ち殺そうとした瞬間、星名の銃撃が伊東のコスモガンを吹き飛ばすのですが、え?どこ撃ったの?
 「バカもん、何をやっているか」という沖田艦長の一喝でこの反乱も収束されるのですが、それにしても沖田艦長、大丈夫だったのですか?少し前に星名がメディックで佐渡先生を連れ出し、艦長室へ乗り込んでそこの状況を収束させるけれどこれもどうやったのか少し謎ですが・・・。星名が強いのか佐渡先生や真琴もやるときはやるのか(笑)。あと前回から星名が島に声を掛けていたのは彼を信用してということだったんでしょうね。

 ヤマトに戻ったシーガルから出てきた古代に駆け寄って抱きつく雪はもう、積極的というか何というか南部は落胆、怜は呆れるしかないといところですかねぇ。
 元々、藤堂長官の直属でヤマトに乗り込んでいたイズモ計画派を内偵してたという星名の表帰りによって、最小限度の被害?で反乱を収束させたという結末ですが、この反乱計画じだいがちょっとなあ。ヤマトで大遠距離の移住可能惑星を探査できるから、目ぼしい星を見つけることが出来た時点でヤマト計画を中断させて戻る、ということなのかもですけど強引ですよね。反乱ネタは旧作にもありますけどあっちは思いつきぽいし。反乱計画というネタ事態は面白いと思いますけどもう一つ捻りが欲しいですね。先に進むにつれ激しくなるガミラスとの戦いに疲れ果てて、ヤマト計画自体が達成不可能かもしれないから、他に手段と考え地球に戻りたいというのは悪くないんですけどね。

 ビーメラ4から回収した波動コアにあった情報、亜空間ネットワークの存在は次のお話ですが日程を短縮させて他に色々とか、不可能な旅に可能性を持たせるとか、ガミラスの銀河進出の足がかりになったとか、設定は面白いですよね。
スポンサーサイト

第15話 帰還限界点

現在TV放映中のヤマト2199ですが、なんでも主題歌が今回から変更されるとのことでした。どういう理由かは知りませんが放映時には主題歌はカットされており、逆に何かあったの?と勘ぐりたくもなります。もともとTV放映時にはYAMATOプロジェクトなるものが合唱で主題歌を歌うというカタチになったのですが、やっぱりこのアニメの主題歌はささきいさおさんが歌ってこそだと思うのですが。
 まあ、ヤマトに思いいれのない人にはどうでも良いことなんでしょうけど。

 作品も半分を越しまして15話です。今回のサブタイトル「帰還限界点」は次に続く話としての前提を元につけらられたものという認識でみておく必要があるのかな思ったのは、劇場公開時にまとめてみてから思ったこと。単独ではどうもイマイチピンと来ないのは私だけかなあ。
 ちなみにこれ以上進むともう地球が滅亡する前には帰りつかないかもね、ということですよね?。

 冒頭、セレステラがデスラーにヤマト艦内にイスカンダル人がいると報告します。それで何を感じ、思いついたのかは知りませんが、ヤマトの存在が無視できなくなったということはあるのかもしれません。
 画面変わってガミラス親衛艦隊が反デスラーを掲げ蜂起した惑星鎮圧に赴きますが、その手段には容赦がなくまさに恐怖で全てを支配するという見本を見せてくれます。ガミラスが本気で惑星攻略に乗り出すとこうなるというところでしょうか。
 それにしても惑星間弾道弾の大きいこと・・・。あれを一撃で破壊したヤマトのショックカノンも凄い威力ですが、爆発力を防いだ波動防壁はもっと凄いというところです。さらにまさにヤラレメカ的な感じだったポルメリア級強襲空母が大量に動員さあれ、その破壊力を存分に見せ付けています。こいつはこうやって使うのね、みたいな。ガミラス側に本格的な空母が艦隊で運用されないのは、デストリア級を始めとする打撃艦隊が敵に対して有効だからで、空母は地上強襲任務が主となったということなのかな。あ、七色星団はまだ別の話ね。

 ヤマト側では執拗なドメルによる威力偵察に乗員は神経的に参って様子。おまけにオムシスの不調で思うように食料配給が進まない。こんな中ではやっぱり食事だけが楽しみってのはわかるしねぇ。それに加えてヤマト計画の成否に疑問を持つ乗員が増え、何となく艦内には不穏な空気が。それとは別に雪と古代を気にする怜や、それをやきもきする篠原。妙に仲が良くなった加藤と真琴など、別の意味で不穏?いや不安な空気も漂っていますが(笑)。
 とにかく補給が必要となったヤマトはこの銀河系間空間で唯一?と思える惑星系ビーメラへ舵を取りますが、その後ろでは別の一味の別の思惑が色々と。新見さんと伊東、そして星名と島。人の考えていることはいつもジコチューですねぇ。

 ガミラス側では閣議時に総統の不在を詰るゼーリックと親衛隊の無法ぶりを批判するタラン兄弟に、それをまた酷評するセレステラと一枚岩にはかなり遠い存在。そんな中、本当に何も知らされていない(笑)ヒス副総統が総統の乗艦したデウスーラが撃沈されデスラー総統が暗殺されたと駆け込んできます。驚く閣僚の面々ですが・・・。
 バランではヤマトがビーメラへ進路を向けたと聞いたドメルが、その途上になる中性子星の影響からワープアウトする地点を算出し待ち伏せする作戦を実行。先遣隊にヤマトを挑発させ思惑通りにジャンプさせます。
 果たしてその狙い通りにワープアウトしてきたヤマトを待ち伏せするドメル艦隊。前方後方と囲まれまさに一寸の逃げ場もない状況に第一艦橋へ降りてきた沖田艦長は波動防壁を艦首へ最大展開して旗艦に攻撃を集中、強行突破を敢行します。
 まさにあめあられのごとく降り注ぐガミラス艦隊の攻撃に全火力を集中して進むヤマト。船体をロールさせまんべんなく武器を使っていく攻撃は、それだけで見ごたえがあります。前衛艦隊を突破するも波動防壁が消滅、被弾が続き第一砲塔も沈黙、さらにショックカノンを跳ね返すドメラーズに体当たりしながら零距離射撃で一矢報いるあたりは見ていて肌が震える感じがしました。まさに力と力の激しいぶつかり合いという感じです。
 しかし、ドメラーズを抜ければ何とかやり過ごせるかと思ったところに、次々とゲシュタムアウトしてくるドメル艦隊の別部隊。あっという間に囲まれ今度こそまさに絶体絶命。所詮は多勢に無勢、満身創痍のヤマト一隻でこの大艦隊に勝てるのか、どうする沖田艦長、というところで何故か攻撃が止みガミラス艦隊は次々と撤退。あと一歩まで追い込みながら何故。敵に何かがあったと想像する沖田艦長ですがそれ以上はわかるはずもなく、危機一髪の命拾いというとことでした。
 その何か、突然のヒス副総統からの撤退指示と本国への帰還命令こそ、ドメルが生涯でこれ以上ない屈辱的な命令ではなかったのではと思います。それを伝えるゲールの表情が少しいやらしいのですが、この人ねぇ、いやほんとまだいろいろで。

 それにしてもガミラスが本気でヤマトを潰すなら簡単、ということが証明されたこの戦い。それも相手がドメルというならばゲールの用は失敗はしないでしょうし当然でしょうか。戦争はやっぱり数ですねということで。
 ガチの正面対決は見ごたえのあるシーンとなったことは間違いないですね。しかし、あそこでドメルに帰還命令がでなかったら、ドメルが無視していたら。沖田艦長は何を指示したのか?波動砲の使用を意見具申されたらどうしたのか??
 意地が悪いですがそういうことも気になりましたね。
 

第14話 魔女はささやく

最終巻となる第七巻のDVDとBR発売が予定よりも遅れるそうで・・・劇場で公開された第六章の特に後半の話であまりに絵が酷いと酷評されたせいなのか?確かに言われているような感じではちょっと、ですよねぇ。時間を掛けてしっかりとした作画になって欲しいのは当然ですけど、いろいろスケジュールに無理があったのだろうか?。
 今日は14話ですけど、ここまで二ヶ月に一度の公開とかじらされてきたのに、TV放映ではもうという感じで、ちょっとペースが速いなあ、もう半分だしみたいな。

 そんなわけで半分超えました14話。
 今回は旧作にはないオリジナルですね。ガミラス宣伝相のセレステラが直接ヤマトに関係しようという話。
 バラン星にやってきたセレステラ専用の新型戦艦ハイゼラート級「シャングリ・ラー」。デストリア級を改装したスタイルですが、船体はスマートな感じでなおガミラスぽさも残っているので違和感もなくしっくりきますね。
 バラン星の地下に残るアケーレス遺跡と超空間ネットワーク。セレステラと同じジレルの一族が作ったというシステムですね。ここを使いヤマトに精神攻撃を加えようということですが、それを行うのはたった一人の同胞であるミレーネル・リンケ特務官。先の話で身の上が少し語られるセレステラですがどうして二人しか生き残らず、他の一族はどうなったかは不明。

 ヤマトの前方で哨戒任務に就く古代と雪。100式偵察機の中はほぼデート状態みたいな(笑)操縦権を巡ってアホな掛け合いを続ける二人に気をもむ南部(笑)。そういえば雪の席には西条未来がいました。ここが初登場??あれ違う??何でも岬百合亜と三交代制だとか。この先も登場して良い感じです。ちなみに北野君と仲が良いそうです。
 そんな掛け合い漫才をしている100式偵察機に突然相原の謎の言葉が。「雪だ、歌が聞こえる・・・」そして通信の途絶。とっさに雪が100式偵察機の操縦権を取ってヤマトへ帰還。すると定回転を続けるヤマトの姿が。ま、2010のディスカバリー号のアレですね(笑)。さりげなくやってますが、狙ってますよね。てかまあ、そういうのもありでしょうね。
 
 ちなみに補給を受けたUX-01がミレーネの精神攻撃をより効果的に行うための何か?(笑)雪のようなものを散布していますが、ヤマトのすごく直近にいたのですね(汗)。前方の空間を哨戒していた100式の立場がありませんが・・・。
 その後、フラーケンが次はデスラー総統直属の命令だ。と言っていましたが、まさかそういうこととはねぇ。バランの話で明らかになりますが。

 緊急ハッチからヤマト艦内にもどり第一艦橋に戻る古代と雪。アナライザー以外の乗組員は誰もいない。システムは二人が戻ったとたん動き出し、何処かへ向けて出発。ヤマトのシステムに直接アクセスできるのは中央演算室と自動航法室のみということでそこを目指す二人。エレベーター通路を頑張って降りていくのは、こういう話ではお約束でしょうか。
 そうした間にもミレーネルの精神干渉は始まり、二人はいつの間にか離れ離れに。謎の動きを示す自動航法室と岬百合亜の行動もどういうわけなのかわからない。
 古代と雪には昔の辛い記憶を見せ、そんなことをしてはいけないと詰め寄るミレーネル。追い込まれていきそうになる二人ですが、雪は自動航法室にたどりつきそこで倒れていた百合亜を発見。しかし彼女は彼女ではないようでどこかおかしい。それでもワープを止めるべく機関室へ急ぐ雪。そこに集まっていた乗組員。波動コアを外して危機一髪ワープを停止させますが、ミレーネルが執拗に雪に迫って精神をコントロール。操られるままに元に戻そうとしたところで、雪の心の叫び?を聴いた古代がそこに突入してミレーネルを撃ち雪をつれて波動エンジン室?から脱出。再稼働をかけた所でミレーネルの精神体は波動防壁に振れ消滅。全てが元にもどりますが、バラン星のミレーネルは命を落としてしまいます。

 ミレーネルに精神支配をされていた間、乗組員たちは一番良い夢を見ていた~とのことですが、なぜ古代と雪にはそういう夢ではなく、思い出したくもない思い出が見せられていたのでしょうか?。
 雪に接触した時、ミレーネルはいるはずのないイスカンダル人ユリーシャの存在を知りますが、あるいはその辺が関係しているのかも。ミレーネルの干渉がユリーシャを起こし、百合亜に憑依してということでしょうか??
 その辺はミレーネルが死んだ今ではもうわかりませんが、その命の代わりにヤマトの内部情報をつかめたわけですから作戦?としてはこれでよいのか?。いや、セレステラは最後の一人の同胞を失ったわけですから・・・。

 1千人目の乗組員?ともいうべきユリーシャの意識が覚醒したことで、ヤマトの行く末もまた波瀾となりそうです。

第13話異次元の狼

先日ヤマト2199の二枚目のオリジナルサウンドトラックが発売されました。一枚目では収録し切れなかった曲もあったので期待大でした。まあ、でもなんというか一枚目よりは何というか、もう一つという感じでまとまりがないなーと。もちろん良い曲はたくさんあるのですけどね。何だか三枚目も予定されているみたいですが、どうなるのかな?

 では12話です。
 前回の最後に謎の雷撃を左舷に受けたヤマトは原始惑星系に身を隠し、追撃者とのガマン較べ状態。デブリが漂うこの空間に逃げ込んだことで取りあえず相手の目から逃れることが出来たもの、次の手が打てずというところ。

 次元潜行艦UX-01、総統府直轄の試作艦をディッツ提督から借り受けドメルが放った刺客というわけですね。そのドメルは艦隊を率いてバラン星へ赴任。ゲートを抜けてくる艦隊は名曲「艦隊集結」をBGMに堂々と進撃してくるとあってはガミラス艦隊の圧倒的な存在感を感じさせます。
 前任のゲールは副官に納まるのですが、解任はされなかったのね。次元断層に飲み込まれたバラン駐留艦隊全滅?の責任も不問なのかな??

 UX-01は任意に次元回廊を形成して出入りできるという便利な艦。それだけにガミラスにとっても機密事項の塊みたいな艦なんでしょうけど、扱いが特殊ということもあってか、艦長のフラーケンや副長のハイニなど誰もが曰くつきの乗組員ばかり。嫌な相手ですなあ。
 そんな便利な艦でもヤマトが動かない限り攻撃は出来ない。ヤマト側も次元回廊に自由に出入りできる船であると検討はつけるもののそれ以上はどうしたものかわからない。
 そこで、沖田艦長が倒れ、緊急手術ということになってしまうわけですから、クルーに漂う嫌なムードは嫌でも深まるという物。取りあえず敵艦の所在確認をと次元回廊にも届くアクティブソナーをと進言する新見に対して、艦の所在を露呈するより、シーガルによる対潜哨戒を進言する古代。考えた真田はアクティブソナーを取りますが、これって正解とは思えないですよねぇ。このデブリの中をシーガルなんて無謀というのも分からなくないですけど、最小被害ということではやっぱここは対潜哨戒だよなあ。

 沖田艦長の手術が無事成功し、UX-01がデコイを放ったことでアクティブソナー案が採用され新見の手で準備が。この時、徳川機関長がCICから艦長の様子を見に行っては、と真田に助言し、何となく古代が行くことになるのですが、これって真田さんも次の古代の行動を予測していた故に許可したのだろうか?
 沖田艦長を見舞った古代は、先日聞いた「例え命令であっても、間違っていると思えるならば踏みとどまって考えなし、自分を貫く勇気も必要」という言葉を思い出しシーガルを発進させることに。
 それにしても榎本さんはよくわかってたよねぇ。そういう会話を聞いていたわけでもないだろうに。長年古代の教官を努めてきたから、もし奴ならばこうするかも?とか思ったのかな。

 アクティブソナーを放ちUX-01の存在を確認したことは、もちろん相手にもトレースされているわけで、即脱出を図るヤマトを追うUX-01。すぐさまに雷撃を敢行しヤマトを揺さぶります。そんな中、古代と榎本さんらを乗せたシーガルが無理やり発艦。亜空間ソナーを投下してUX-01を探査します。魚雷の出現ポイントを測定し、ヤマトに報告。回避迎撃行動でなんとか交わすも、異次元に潜むUX-01を攻撃する手段を持たないヤマトが防戦一方なののは仕方がないところ。フラーケン艦長もそこはわかっているので、余裕で追い込むというところなのですかねぇ。
 そんな中、シーガルが次元境界面に浮かぶUX-01のプロープを発見、報告を受けたヤマトは第三砲塔がショックカノンでこれを撃破。目を潰されたUX-01は相手を確認する手段を失ったため、追撃を断念。ヤマトはシーガルを回収してワープで脱出し何とかやりすごせたというところでした。

 戦いの後、新見が真田に彼(古代を)を死なせたくなかったから出撃を許可しなかったという件がありますが、その辺は普段の真田さんらしくないといえなくもないわけで、しかし実は・・・という理由ということなわけで。
 詳しくはもう少し後に語られるわけですが、真田と古代の兄守が親友だったことは知られた設定ですから、取りあえずはそういうことでと言う感じですかね。それよりもに新見が「あの人・・・」とか言ってしまうあたりが、設定的に新鮮なのですが。

 とにかく便利でいろいろ使えるUX-01(笑)。これからもポイントポイントで登場して、割と美味しいところをさらりと拾っていくのでいい立ち回り役かも。この分じゃ最後までお付き合いになりそうですが、ヤマトと正面切っての再戦はあるのかな?フラーケンの個人的なこだわりで追いかけていきそうな気もしなくないけど。

続きを読む

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。