スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12話 その果てにあるもの

 公式発売日は明日ですが、むらかわみちお氏のコミカライズ版ヤマト2199が発売されてました。放映版のすみを補完してくれるこのマンガは、アニメを見た後に読むと「なるほどなー」と思わせるところが随所にあって互いに見ていくことでより2199の世界が理解できるのではないでしょうか。

 では12話です。
 メルダの話に波紋が広がるヤマト艦内。
 第二艦橋でのブリーフィング?中に対立する古代と島。古代の何気ない一言に食って掛かる島の態度をみるかぎりかなりのフラストレーションが溜まっていることは間違いないというか。
 しかし、それを「士官としての態度に相応しくない」と一喝しばつ当番を命じるところはさすが沖田艦長。でもその内容は森船務長の考案なのか??のへんは謎。いきなり波動砲口の掃除って・・・。そりゃ汚れないことはないと思うけど。

 ガミラス側ではデスラー総統がスターシャとホットラインで会話中。デスラー曰く「君がまた彼らを哀れんでのことかと」とか色々思わせぶりなセリフや、セレルテラとギムレーにヤマトの行くべき場所がわかったといろいろ謎賭けが。さあ、どうなのか。
 ドメル司令への特一級デスラー十字賞が授与される式典が開かれ、総統府へ向かう道は彼を慕う大勢の国民が集まっていましたが、その中でも小さな女の子が花束を持って駆け寄るシーンなど人気の高さを表していますなあ。そういうことであるから総統の取り巻き似はよく思われていないというのも頷けますが。
 授与式でデスラーからヤマト討伐を命じられますが、旧作では自分から捻りにいく、といっているのですがねぇ。まあ6章まで公開されたあとでは、相違ことも含めて託したのかと勘ぐりたくもなりますが。
 その後、親衛隊がのさばる現在のバレラスの状況や国軍の弱い立場、ディツツ提督やタラン将軍(兄)の思うところなど、ガミラス内部の状況が諸々と描かれ、一筋縄では収まらないことを物語ってます。
 息子の墓標前でドメルと妻エリーゼの再開とか、どうしてそうなったのかを聞きたい場面もあっていろいろと考えてみたくなりますね。

 ヤマト艦内では古代と島がせっせとお掃除中。怜も営倉入り(命令違反、ファルコンの私的使用諸々)から解放されます。
 それとは別に岬百合亜が見た謎の夢、自動航法室にでた若い女の幽霊。またまた伏線が張られこの先どうするみたいな状況。
 古代はコスモゼロの格納庫で雪とメルダの話について語り合いますが、家族を亡くしてしまっても「またつくればいいよ」と言うあたりちょっとドキッと(しろよ、古代!)しますけど、始まってしまった戦争と真実に対して自分なりの折り合いをつけないと前を向けないということなのでしょうかね。
 同じように島は徳川機関長から家族を亡くしてしまったことに憤りを感じ、怒りを目の前にいる敵に向けるのは分からなくはないが、家族がまだ残っている我々は恵まれていると語ります。人それぞれが持つ真実の受け止めかたは違うが、事実として戦争が起きてしまったことは受け入れていかねばならない、そういう自分と相対していくことがこれからを生きるとになるのだとも。まあ、違うかもしれないですけど。

 古代は沖田艦長からその時、の話を聞き「たとえ命令であっても、間違っていると思うのならば立ち止まって考え、正しいと思うならばそれを貫く勇気も必要だ」と告げます。それだけ沖田艦長もあの時、を後悔しているということでしょうか。もし「むらさめ」の攻撃を止めていたら・・・。すでにそれは過去の話になりましたが。

 それにしても地球側が先に攻撃した・・・それに対する報復がガミラス側の正義という感じなのかもしれませんが、圧倒的な軍事力差がある状態だったのにねぇ。何か「降伏か死か」みたいな通牒を受けていたという話も聴いてるのですが、その辺はどこにも解説がないしなあ。
 あと地球攻略にファーストコンタクトから8年もって、それかかりすぎじゃない?

 そしてヤマトは突如の攻撃を受け被弾。さて次回は・・・。
スポンサーサイト

第11話 いつか見た世界

 来週にはバンダイからガミラス艦セット2として、シュルツ艦ことガイテロール級とクリピテラ級駆逐艦のセットが発売されます。現代の素晴らしい造型技術で出るこれらのプラモがどこでも買える世の中になるなんてー本当に長生きするものですね(笑)

 では11話です。
 地球対ガミラスの戦争はどうやって、どうして始まったのか?
 この疑問に今回の2199は答えなければならなかったというところでしょうか。今風の作り方としては外せない流れになっているんじゃないかなとも思います。

 その前にヤマトにとって重要な人物が満を持して登場しました。
 エルク・ドメル、宇宙の狼と呼ばれるガミラスきっての名将は、小マゼラン銀河で蛮族を撃退する戦いという舞台で登場しました。
 しかしなあー相手がガトランティスとは(笑)。出して良いのかーという話は劇場公開のときからもあって、正直どっちがいいのかわかりません。ヤマトの世界観が広まる上で良い相手かもしれませんけど、じゃ続編もあるのかとか、いろいろ出てきますしねぇ。今のところは個人の妄想で楽しんでいたほうがいいかもしれません。

 さて本題。
 メルダがヤマト艦内に取り残されたことで艦内に巻き起こる不協和音。彼女の語った「先に仕掛けたのはお前たち・・・」という話。憎い相手を目の前にということで怒りも吹き上がる。しかもガミラス人と地球人はDNAレベルで同じとなればもはやどうすればいのか分からなくなるというところでしょうか。
 そんな中、古代は共闘できたことを考えれば、兄を戦いで亡くしたとはいえ、信じあえないこともないという思いがつのって来てます。
 それとは別に島は父をガミラスとの最初のコンタクトで亡くしているという事実を踏まえているだけに、先制攻撃をしたのが地球側というのは絶対受け入れられない事実でしょう。それゆえに山崎応急長が語った話は衝撃的過ぎるというところでしょうか。

 それにしても何故地球側は一方的に戦端を開いたのか?
 島艦長はわだかまりを感じながらも軍人として命令を実行したというだけであり、絶望的な感情を感じながらも仕方がないということなのでしょう。しかし国連地球軍の思惑は???
 結果として地球を破滅のがけっぷちに追い込んでしまったことには、何の責任を感じていないのは間違いないようなのですが。何せ芹沢局長はその後もヤマト計画の妨害などいろいろこずるいところを見せてますしねぇ。イズモ計画もイスカンダルの使者が来なければどうなっていたことか分かりませんし。

 同じようなもやっとした感情は山本怜も抱いていて、兄を殺したガミラスを・・・という気持ちが高まっていますが、どうしていいかわからない。そこをさくっと気がついた雪がお風呂にさそうのは笑えますが。まあ、古代への気持ちと勘違いされたのかどうなのか??(笑)
 それを晴らすべくというわけなのでしょうけど、メルダに決闘(だよね)を申し入れてやっちゃうのは若さゆえ?なのかな。もっとも受けて立つメルダのほうが、そういうことかという思いでいるだけに余裕だったというところでしょうか。 両者の腕はややメルダのほうが上みたいで、ファルコンが不調だったにせよあのままではやられていた感じは拭えません。
 案の定、メルダに救出させるのですが、これで「スッキリしました」というのならばそれで良いのかな。

 ガミラスの前哨基地があると思しき星域で解放されるメルダですが、色々な問題を投げかけていったという事実だけが浮き上がり、なにやらヤマト艦内にはおかしな空気が流れ始めていきました。
 人の気持ちは時に思わぬ方向に流れ、思いがけない結果も生み出しかねません。まだまだ先の長い航海だけにこれからどうなるのか気になるところです。

1/48へッツァー(大洗女子学園風味)

 本日はヤマト2199第六章の劇場公開日でした。
 朝イチから出向きましたが満席と盛況で、ここにきてヤマトの盛り上がりを感じますね。
 TVでは8月ごろの放映になるでしょうけど、ここで書くとネタバレになるし控えておきます。まあ、ちょっと探してしまえばすぐに見つかってしまうから、知りたくない方はお気をつけください。

大洗ヘッツァー仕様38t
 そんなことはさておき、別の方面で盛り上がっているガルパンです。
 映画にもなるとかで、まさかwwⅡ時代の戦車に女子高生のせたらこんなになると・・・みたいな。
 ご多分に漏れず、今ごろちらっと作ったりしてますがー。
 写真はタミヤ1/48ヘッツァーの大洗女子学園生徒会かめさんチーム仕様、てか風味。素組みだし、ウォッシングもウエザリングも大してしてない。昔ならそんなの戦車のプラモじゃないよ、といわれそうだけど、昨今はガルパンのおかげでその辺を少し多めに見てもらえるというか(笑)。
 敷居を下げたのは間違いないだろうなあ。
うえから
 完成しないより完成せさせた方が嬉しいし楽しいしね。CGデータ仕様にきっちり作るのもいいし(これは凄く大変だけど:笑)、素組みにデカールだけでも作り上げた人の勝ちだと思います。趣味だしね~。
 しかし、1/48はちっちゃくていいね。場所とらないしね。

再開したもの

smart

 私事ですが1年ほど前から車所有を復活してます。持病の腰痛がどうにもよくならず、一時期車を手放していたのですが、何となく回復してきた。着座位置によっては問題が少ない。送り迎えが必要になったなど。
 それでも普通の車ではなく、スマートを選ぶあたりどっか違うだろ・・・と突っ込まれそうですが。

 そのスマートですが先日初の車検だったので近所のヤナセに出しました。一体、車を車検に出す行為自体が何時以来だろう(笑)。何かに残しておかないと代金やらなにやらを忘れそうなのでここに書いておこうかと。

 諸費用と車検代行代・・・66340円

 これは先払い。

 それにエンジンオイルなど・・・54788円

 合計すると121128円ですね。
 んーんー今回は初めてだしいろいろお義理立てもあったのでヤナセに出しましたけど、この金額は高いのか安いのか??。車がちょっと変わっていて国産車のようにどこでもOKというわけじゃない(別にオートバックスでも受け付けてくれますが)ということを考えると納得なのかな。
 いろいろと他にパーツを変えませんか?とか言われることもなかったけど、次はいろいろ交換しろとか言われそうです。ヤナセは元々レーバーレートが高いのでこうなるのは分かっていたのですけど。
 
 がんがん乗ってるというわけではなく、駐車場のヌシぽい存在ではありますがこれからも付き合って行きたい奴ですー。

第10話 大宇宙の墓場

 劇場公開版は今週末から第六章の公開です。ロング版PVや冒頭8分映像も公開され、七色星団でのドメルとの決戦に向けて、いやおうなしに期待も高まります。TVではまだ先の話になりますが今週末が楽しみです。

 TVは10話まで来ました。ようやく銀河系を離れて~という状況です。
 ヤマト周辺の諸々のことを一通り見せて、冥王星基地も攻略し、さてこれからが本当の航海になるというところでしょうか。
 ヤマトは何時ものようにワープに入るも何時もと勝手が違う。どういう理由かは不明ですが(沖田艦長と真田さんは自動航法室が原因?という場面もありますが)次元断層に落ちたということ。即座にそういうことだと解説する沖田艦長は凄いですね。ヤマトのワープ自体が人類初なんですけど、物理学者でもあるという設定?もあったからかな。自動航法室が原因か?と真田さんと目配せするのはまあ、先を見てしまっているとああということになるのですが、ここではまだ伏線?みたいな感じ扱いですね。
 水中を漂うような感じの描写は、次元断層と通常空間の違いを見せ場としては良いと思いますね。

 この空間では波動エネルギーはエンジン内から放出される特製があるということ。通常空間では真空の中から無限にエネルギーを抽出できるという波動エンジンも改めて考えると凄い設定ですね。

 次元断層の中を漂う難破した艦船。突如、砲塔を向けた艦は同じように難破したガミラス艦という状況に騒然とする艦橋。沖田艦長は冷静に状況を判断しここで争うことは無駄だと見抜くのは当然かしらん。
 アナライザーは即座にLクラス巡洋戦艦と識別しますけど、太陽系内の戦いでは既出してないような?。艦首に特有のガミラス目玉がなく、翼状の部分が広く展開しており、砲身付きの砲塔というデストリア級とは異なるシルエット。まあこうした新型戦艦の登場も嬉しいところですね。
 艦艇といえばバラン鎮守府で銀河方面作戦司令長官のゲールが上司?の国歌元帥ゼーリックから叱咤を受け、即座にヤマト討伐に場ラン駐留の艦隊を直卒して出撃しますが、旗艦ノガイデロール級「ゲルガメッシュ」ほか他の艦も迷彩塗装なのが目新しいです。宇宙でこういう迷彩って??と言いながらもバリエーションとして見ればいんじゃない?と思えますけど。

 ガミラス艦EX178からメルダ・デイッツ少尉が使者として送られ。ヤマトの波動砲で断層に開口部を形成、エネルギーを使い果たしたヤマトをEX178が曳航して脱出するという、共同作戦が提案されますが何せ敵と見方では信じられないというのが本音。しかもメルダの口から何気に開戦の火蓋を切ったのは地球側といわれては、もはや交渉は決裂してもおかしくない状況。しかし沖田艦長は「相手を信じることだ」と言い切り、また先に古代もメルダとの会話の中で何か感じるものを受けており雰囲気はガミラスの提案に「のってみる」ことで確定。
 収まりのつかない雰囲気の中、EX178がヤマトを曳航し、断層の境界面に近づき波動砲を発射。形成された開口部から脱出を図るも、突如けん引ビームが切断されるということに。島や南部にしてみれは、それみたことか!というところでしょうが、それはEX178に乗り込んでいた親衛隊がやったことで、ついでにゲール宛に超空間通信で現在地の報告というオマケまで。
 その状況を見ていたメルダは「ばかな!」といって立ち上がりますが、それは彼女の思うガミラス軍の規律や名誉、秩序とかけ離れた行いだったからでしょうかね。
 彼女を見張っていた怜にしてみれば、言っていることとやっていることが違うだろ!と銃を抜いてしまうのも分かりますが、メルダ的には何を言うか!なのかな。その後二人で取っ組み合いですが、ちょっとメルダのほうが上手のようで、怜はやられちゃいますけど、さらっと銃を返すあたり自信満々な人なのでしょうね。

 しかし親衛隊をここよく思わないEX178の副長?が射殺してヤマトの曳航を再開。ヤマトは次元断層を抜け出すことが出来ますが、直後にワープアウトして出現するゲール艦隊。EX178のラング艦長にそこをどけ!と怒鳴り、困惑する彼をかまわず撃沈し数で物を言わせてヤマトに迫る。
 次元断層の不気味な動きを見た沖田艦長は戦わずに戦線離脱。追いかけるガミラス艦隊は、開口部が閉じる直前に一度大きく開いた影響で飲み込まれゲール艦を残して全滅。てか勝手に戦線放棄して逃げ出したんですけどね。どのくらいの戦力を潰したのかはわかりませんけどまあ、ポルメリア級の空母もいたし、直卒の兵力はそれなりに??なのかな。その件についてはお咎めはなかったんでしょうかねぇ??

 そういうわけで買えるべき場所を失った失ったメルダが絶句する、というところでエンドなのですがー。ネタ的には来週も大変ということで~。

 それにしてもゲール艦隊はバランからヤマトの位置までどうやって距離を詰めてきたのかなあ。
 ネタバレ的なことになるのですが、アレを使って近くまでこれた??残りはゲシュタムジャンプで??
 ま、細かいことをキニシナイのがヤマトなのでー

第九話 機械仕掛けの虜囚

第六章のPVが公開され、否応無しに期待が高まるヤマト2199です。これから公開される各話は、どれひとつも見逃せないエピソードになりますね。

 TVは第9話です。「機械仕掛けの虜囚」今回は旧作にはないお話ですね。全部が全部旧作をなぞらえる必要はないと思いますし、新しいキャラも加わっているのですからこうしたオリジナルは歓迎です。

 冒頭、YRAラジオヤマトにリクエストされたシロシンタさんのお話。この人が誰なのかはもう分かりきっている人も多いでしょうから省きますけど、アンドロイドの話と捕獲されたガミロイド、そしてアナライザーのからみがお話の中心。
 解析が進みガミロイドの構造が地球のそれ、同じアーキテクチャや数学など地球人が持つ科学力とほぼ同じことが判明。同じ将棋がさせる、同じ土俵で戦争ができる、など沖田艦長や真田さんのセリフはそれだけで地球とガミラスが同じ人間であることを意味する一端となって興味深いです。この件はさらに話が進んで明らかにされるのですが、この時はまだ障り程度というところでした。

 ガミロイドを再構築して組み立て交流を深めるアナライザーは、オルタと名づけた彼に友情?と似た物を感じつつ、その行動に一抹の不安や疑問もないわけではないようです。100式の収容作業中の事故やメガミとオルタが名づけた存在を探すことに、アナライザーは似たような自律型コンピューターとして何を思っていたのか?自身はヤマトの一部として存在し支え目的を果たすように作られているわけでしょうが、オルタは次第に戦うこととは違う目的を得たような気がしていたので。

 機械に感情はないと言い切る伊東に、君の方が機械みたいだ、と言い放つ真田さんですが、前に古代がコンピューター人間と言わせたような非感情的な意識はそこにないわけで、そんなことを言われた伊東のほうがイラつくのは当然かなあ。

 複雑な?気持ち??を姫ながらアナライザーとしてはヤマトの保持のため、破壊を実行するしかないわけでそこにアナライザーとしての意識があるのかは正直わからないです。そう感じさせる仕掛けは巨大な恒星の前で手を取り破壊されるシーンやその後、流されていくオルタのボディーなど沢山あるので、うーん。

 ゆっくりとした流れも感じさせる中でお話自体はいろいろと含みを持つエピソードだけに、1回や2回ではとても読みとるのは難しいですね。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。