スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4話氷原の墓標

 第四話です。
 旧作では「雪原に眠る宇宙駆逐艦ゆきかぜ」でした。
 木星で波動砲を発射した影響を受け、エンジンに支障をきたしたヤマト。それを修理するために必要な宇宙鉱石コスモナイト90を入手すべく土星の衛星エンケラドスへ向かう。同じくして地球艦隊の救難信号をキャッチし、その発信源がそこだったというのはまあ、それはそれで構いませんけどね。
 旧作もコスモナイトを入手すべく木星の衛星タイタンへ向かいますが、こっちはゆきかぜとの遭遇は半ば偶然でしたし。真田さんと古代に別れてコスモナイトを発掘する、という流れよりは今回の方が自然ということ?。
 マンガでは波動エンジンの故障の原因が木星の重力圏から離脱のために無理強いした、というのもありまして、何となく補完されている感じ。

 しかし、エンケラドスへヤマトが直接乗り込むとは思わなんだ。降ろせる作業艇?とかがコスモシーガルしかないからなのか??船体の補修に作業用のランチぽいの使ってたろーに。ってこの回まではまだそういう存在は明らかになっていないか。
 あとシーガルの発進がヤマトが採掘場?についてから問というのは高度足りてた?マンガではここも衛星軌道上から発進していますね。

 そんなわけでガミラスが強襲した際に航空隊は発進できないわ、武器も使えんわでしたけど、それって第一格納庫のコスモゼロの出番のための演出?と思いたくなります(笑)。
 もうひとつ明確に説明されていないけど、山本怜ね。どうやらかつては兄と同じく航空隊に所属していた。ということでないとド素人がいきなりコスモゼロを扱うなんて、ねぇ?

 遭難信号を受けて救助に向かった古代、森、原田とアナライザー。磯風型突撃宇宙駆逐艦と分かっても、この時点ではゆきかぜとは分からない。そこへガミラスが強襲をかけ、シーガルは撃破、雪は拉致される。
 ここで古代が兄のコスモガンを拾うことで逆転の糸口をつかむのですが、前はガミラス兵につかまりそうになるところを一か八か、今回は艦内に落ちていたという設定。兄のコスモガンを生かすという設定は使うと思っていましたが、印象は違うものですね。
 捕まった雪は途中で目を覚まし、古代に反撃の機会を作ったというのも今風な演出かな。
 残った戦車にヤバそうになるところを、怜のコスモゼロが駆けつけ撃破。それにしてもコスモゼロ強いなあ。

 拾ったコスモガンが兄のものとわかり、撃破された駆逐艦がゆきかぜと知った古代は、氷を撃って艦名を確認してうなだれますが、このあたりは旧作の兄の名を叫んで探す、ちょっと取り乱してしまった古代のほうがより感情移入できたかなあ~。この件は何度見てもお涙頂戴でうるるる~なのですが、少し押さえ気味だったかも。

 ヤマトがゆきかぜの上に来て停泊していた時、敬礼する真田さんと涙ぐむ新見さんはよかったです。ヤマトを知っている人ならば、古代守と真田さんが親友だったことは既知なので。

 冥王星海戦で撃破されたゆきかぜがどうなったのか、とか古代と雪がちょっと接近する機会があったりなどこの回はヤマトの中でもやっぱりはずせないですよね。
 「地球をゆきかぜのようにしたくはないな」という沖田艦長の言葉は、もしかしたらメ2号作戦の実施を決意させたものかもしれないですよね~

 さて次はいよいよ冥王星攻略戦です!
スポンサーサイト

鉄道コレクション17弾

高松琴平電気鉄道3000形
 久々にトミーテックの鉄道コレクションを買いました。
 早い物でこれももう第17弾なんですね。最初はこういう企画なんてもたないんじゃないか?と思ってもいましたが、ふたをあければ回を増すことに人気が上がり、今では完売もある状況。Nゲージを初めとする鉄道模型の普及と発展に大きく貢献したことはいうまでもないですよね。

 さて17弾。
 今回は原点?に帰っての小型車輌たちということですので、これは買い逃せない!と思い1BOXは予約して買いました(笑)。
 何せラインアップが
 上田交通5250型
 箱根登山鉄道モハ3
 京王帝都電鉄デハ2400
 庄内交通モハ8
 京福電気鉄道ホデハ260
 京阪電鉄大津線350
 京福電鉄大津線600X2
 高松琴平電気鉄道1000&3000

 何て素敵なラインアップ(笑)。
 個人的にはこれほど心踊らされたセレクトはありませんて~
 鉄コレが目指してきた地方の小さな鉄道の世界を代表する車輌群だなあ。
 特に琴電と上田交通が泣けます。
 取りあえずそのまま走らせて楽しむことにしますが、もう何両かそろえて東雲電気鉄道の車輌に仕立てたいです。
上田交通モハ5250型

第三話木星圏脱出

 バンダイが出している2199関連のプラモデルですが、最新のホビー誌で新たにメルトリア級戦艦と次元潜航艇UX-01が出ることがわかりました。あとコスモファルコンも1/72で。
 少し昔にはこんなこと妄想でも叶わなかったのに、何でしょうねこの世の春状態は(笑)。三段空母も何となく見えてきたのかもしれません。

 そんなわけで第三話。
 さくっとワープから木星まで一気に行きます。旧作は2話展開でしたね。ワープの時はあの山本君のエピソードなんかもあったりします。
 ヤマトが地球圏を脱出する時に土方のきりしまに送られて行くのですが、いったい何時出てきたの?という疑問はしかり。コミック版では惑星間弾道弾の迎撃にでていたという件が描かれているので構わないのですけどね。

 そのへんもおいといてヤマトは火星宙域からさくっとワープ。その前にワープの解説や波動砲の紹介、火星に眠るサーシャに花束を捧げる森雪など押さえるところは押さえています。
 雪が花束を捧げるシーンとかあったりするものですから、すわ彼女がユリーシャ?なんてもねぇ。
 さくっとワープして、昔のお約束?なスケスケシーンとかも交えてバリンと氷を砕くようにワープアウトして場所は最初に想定された天王星ではなく木星。真田さん曰く、何かが進路上にあり回避すべくワープを中断とありますね。まあ、えらいこっちゃになるよりは良いのでしょうけど。

 木星に落下し浮遊大陸を発見するヤマト。どうにかここに不時着しますがその流れはなかなか見せてくれました。ロケットアンカーも活躍してくれましたし。
 今回の浮遊大陸はガミラスがいずれ地球をガミラスフォーミングをするべく持ち込んだ大陸という設定でした。ガミラス星の設定がそうなの?という気がここではしましたが、そういえばそのへんは5章まできてどうなってしまったんだろう??

 そんなわけで当然ガミラスの基地があり、冥王星のシュルツから命令を受け戦艦1隻に駆逐艦3隻が迎撃に。この時点はヤマトの仔細が伝わっていないのでガミラス側は楽勝と思って仕掛けてきますが、ショックカノンの一撃で戦艦は沈むわ、三式弾で駆逐艦もボコにされるわで散々な目に。さすがに地球で空母が撃破されたことはここまでまだ伝わっていなかったのね、と。

 波動エンジンの冷却システムを修理したヤマトは浮遊大陸を出てさてどこへと思いつつ、何とここで葉同胞による敵基地攻撃を命じる沖田艦長。
 うーん、威力のほどは不明でも未知の武器をいきなりここで試射とはなあ。旧作では暴走した波動エンジンのエネルギーを解放すべくは波動砲を撃つ、という流れですがそっちのほうが自然ぽくない?。
 御馴染みの発射シークエンスを得て浮遊大陸を吹き飛ばすヤマトの波動砲。その威力のでかさに一堂は驚いて、以後使用には慎重を期すみたいなことになりメ2号作戦では不使用みたいな流れになるのはよいのですけどね。

 圧倒的な力を秘めたヤマトの戦闘能力を色々と見せてくれる回でしたけど、やっぱり少し飛ばし過ぎかな。
 次は「ゆきかぜ」の話なのだけど、何故エンケラドスに向かうという流れもコミックのほうがよいです。多分、アニメで描ききれていない部分を補完しているんだろうなあと勝ってに思ってはいるのですが。

第二話我が赴くは星の海原

 早い物でもう一週間たちました。
 昨日から劇場では第五章の公開が始まっています。いろいろと最初の伏線も明かされつつありで、TVがここまで来るのはまだ先ですが、裏切らない内容でこの先どうなるか楽しみです。

 では第二話
 エンストでコスモゼロが墜落し、古代と島は荒野を歩く先に見つけたスクラップ状態のヤマトを発見します。何故、敵がこれを調査に。疑問が巡る中、ガミラスの艦載機がヤマトを攻撃。続いてポルメリア級強襲航宙母艦が艦底のビーム砲で攻撃。一撃目はヤマト自体は外すもの、乗艦予定者のシェルター?を直撃して多数の死傷者を生むことに。気がつかれたと判断したヤマトは第二砲塔を持ち上げ三式融合弾で攻撃、これを撃沈します。

 旧作でも戦艦の残骸を何か重要な物と判断したガミラスに攻撃されますが、ここは補助エンジンによるショックカノンで撃破します。今回は実弾という設定の三式融合弾。どういう内容の弾頭なのか不明ですが、まあ普通に徹甲弾?じゃないよね。ガミラスの空母を一撃で撃破ですから何かしら説明も欲しいのですが。
 あと何で強襲航宙母艦なの?という回答?は5章を見てああ、そうか、と納得できたのですが、今回はそうやって説明されている部分がどこかであるので何となく安心できます(笑)

 地下都市に戻った古代と島は佐渡先生のところで放射線の影響を診察、というよりはコススモゼロを無断拝借して大破させたことによる加藤からの折檻(笑)。本人も手に包帯巻かれていましたけどどんな殴り方したんだ。
 その後、地球脱出を前提にしたイズモ計画選抜メンバーを前に、新たにヤマト計画として変更されることを説明され、古代たちが幹部として選ばれたことなどが発表されます。
 ここでスターシャからのメッセージ画像が公開され、16万8千光年先の大マゼラン銀河(星雲ではない)にあるイスカンダルに惑星を放射能汚染から再生されることのシステムがあることがあきらかにされます。波動エンジンの設計図は1年前にユリーシャが、そして今回はサーシャが波動コアが持ってきて、ということで旧作のようにいきなり波動エンジンが出来たわけでないという背景も示唆していることが印象的ですね。
 しかし今回はコスモクリーナーDじゃないのね。確かこの少し後で名前は明かされますけど

 冥王星のガミラス側は、空母が一撃で撃沈したこの残骸が危険であると判断。惑星間弾道弾で潰すことを決め、早々に発射。それにしても冥王星から地球まで凄いスピードで飛んでくるなあこれ。まあ、まさかヤマトがとんでもない戦艦だとは知らないし、これ一発で大丈夫だと思うかな。

 72時間後に抜錨と決まり、乗員たちの乗り込むまでの諸々が描かれますがやはり印象的に見えるのは、山本怜かなあ。旧作からチョイ役ながらファンの間では「さらば」で再登場し壮絶な戦死を遂げた彼ですが、まさか妹がこんなカタチで登場とはねぇ。いろんな意味で活躍していくのはご存知の通り(笑)。
 ヤマトに乗艦し古代が沖田艦長へ自分の気持ちを語ったり、雪が謎のアイテムを動かしていたりと見せるところはあるのですが、ここから一気に発進まで持っていくので少し慌しいかも。
 波動エンジンの起動には大量の電気が必要とし、そのためのエネルギーが足りず世界から回されるというくだりは、ヤマト計画が世界から支持を受け期待されているということを印象付けるのにいいシーンですが、某ヤシマ作戦はこれのオマージュでありますね。

 旧作は一度島が失敗して、さらにもう一度やってエンジンが始動するという流れでしたが、今回は苦もなく一発で稼働(笑)。それが悪いとは言わないけどちょっとせっかち。
 迫る惑星間弾道弾にヤマトは抜錨、ショックカノン全砲門を向けこれを撃破。キノコ雲が登る中、ヤマトは波動防壁に守られ無事に発進。イスカンダルへ向けた前人未到の大航海がここに始まった・・・。

 あんな凄い爆弾に大丈夫なのか?という回答が波動防壁でしたが、これが打たれ強いヤマトの秘密(笑)。今後も大活躍します。何事も解説が必要な最近ではこれまた納得するためのアイテムなのでしょうねぇ。

 旧作は2、3話でヤマト発進ですが、今回は1話分で。良いか悪いかなんて判断できませんから、ああとしか答えられないですよね。そういうことよりも「地球を飛び立つヤマト」のBGMでヤマトが地球を発進していくあのシーンは、ヤマトの大航海が始まったんだという感動を伝えてくれますし、感動ものです。何よりも33年を経てまたこのシーンが見られたことに素直に感謝したいです

 さて、次回はワープですよあとアレ、木星圏だしね。

イスカンダルからの使者

 Zや戦車やその他とはとは関係なくヤマトネタです。ファンなモノで。
 2199は去年から劇場公開という形で上映されてきましたが、ここにいたり地上波TVでの放映となったわけで。33年ぶりで感無量ではありますが、リメイクについては人それぞれ意見もあるところです。
 それは悪いことではありませんし、全ての人を納得させる作品など不可能ですけど、こうして新作として見られるのは嬉しいかぎりです。そんなわけで個人的な感想など改めまして書いてみたいなと。

・冒頭~先行する「ゆきかぜ」から第一艦隊の進撃、ガミラス艦隊との遭遇。
 全てがワクワクさせるひっぱりで思わず息を飲みます。今回は囮作戦であることを前提であれば、第一艦隊の行動はガミラス側に目立つようなものだったのではと。
 ここではやはり沖田提督の「バカメ」がキモ(笑)。これなくして第一話はありません。即応して攻撃に入るガミラス艦隊に対して反撃する地球艦隊ですが、光線砲がすべてはじかれるのもお約束どおり。いくら果敢に攻撃してもほぼ敵わないのが分かっているので悲惨のほかありません。あっという間に戦力を80%を削られます。
 本当にもう特攻と言うか、どの程度奮戦できたのか?
 
・火星での遭遇~地球へ
 アマテラスことイスカンダルからの使者「サーシャ」を迎えに待っていた古代進むと島大介。旧作では単なる訓練生扱いでしたが今回はメ号作戦の一環として回収要員としての配置でした。イスカンダルからの宇宙船が大破し脱出ポッドのサーシャは絶命。回収されたカプセルがまさかそういうことになるとは次回で明らかにされましたが、ここではまだ謎。二人が立てたサーシャの墓標には2199年1月17日の刻印が。

 冥王星空間では「きりしま」と「ゆきかぜ」を残し艦隊は全滅。しかし作戦自体は成功なので撤退を命じるも「ゆきかぜ」は続かない。艦長古代守は「沖田さんあなたはここでは死んではならない人だ~」という件の発言をして残りますが、旧作では「男なら戦って戦い抜いて一人でも多くの敵を倒して~」というセリフでした。
 どうしてセリフを変えたのかなと思うのですが、今回は目的のはっきりとした作戦だから?それともどこかそぐわないと思えたのか?コミカライズ版ではのちのちに説明があるのですけどね。

「きりしま」とランデブーで地球に戻る二人、同期の平田に「ゆきかぜの」撃破を伝えられ嘆く古代。何もいえない島。
 地球へ落ちる遊星爆弾を尻目に何も出来ない「きりしま」と沖田提督。森雪の子供たちに対する今の地球の現状の説明というかたちでガミラスの侵略経緯や地球の現状が語られ、「きりしま」帰還。古代と島も汚染区域を通過して地下都市に戻るという流れ。見るものにも分かりやすくていい解説です

・地球、沖田に迫る古代~コスモゼロで出撃
 エレベーターで遭遇する古代と雪。そういう形での初遭遇とは。よこに南部が居るのがご愛嬌というか、あははなのですが。島のほうがよくしゃべるなというのが感想。
 病院で沖田に迫る古代はそれが行き過ぎなことを反省。何気に土方がいて佐渡先生から二人が親友であることを明かされるなどコレまでのヤマトを知る人にはニンマリですよね。横に原田真琴がいるのもマル。
 真田によるカプセルの解析終了と「彼女の言葉に嘘はなかった~」というセリフも伏線いっぱい。
 古代と島が「所定の集合場所」というのはヤマト計画の参加者の~ということだと思うのですがどこなのかな。加藤三郎の顔みせもありますが、やっぱりコスモゼロ。文句なしにカッコイイ。でも出撃前に武装の有無くらい確認しよう古代君(笑)。エンジン不調で墜落しますが、これ回収してヤマトに載せたんだろうね。

 そして夕陽が沈む大地に眠る戦艦大和。とてもシンボリックです。ここからあのヤマトが出てくるなど旧作の時は本当に驚いたものです。
 ほぼ旧作どおりの流れで構成された1話は見ていて、ワクワク感いっぱいでした。
 次回へ向けて期待が膨らみますね。

 しかし、テーマソングの大合唱はいただけなかったなあ。
 ここはやはりささきいさお氏に一任して欲しかった。次回からのエンディングソングの方も気になります。

今さらながら

ガルパンデカールvol1
 ずーっと眺めているだけでしたけど、モデルカステンからこうしてデカールもでたことだし、また戦車道に足を突っ込もうか?否か(笑)。
 スケールモデルですが、こうやってお手軽に楽しむのは悪いことじゃないしなあ。
 この場合、画面に映っている車輌のディテールがすべてなのでしょうけど、雑誌にも書かれてあるようにサクッと素組でデカール張ればそれでよいのですよねぇ。

 それにしても「プラッツ」のキットは確かにひどいなあ。デカール代ですか?これ。ガルパンのキャラキット?として名をうつならせめてパッケージどおりの物に近いものが組みあがらないとねぇ。

 スポンサー話があったにも関わらず、丁重にお断り?して労せず漁夫の利?を得ているのはタミヤだよね。
 Ⅳ号D型がこんなに店頭から無くなるなんて(笑)。

 リハビリはナニにしようかな。J型の放置してあるやつを何かにしますか・・・
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。