スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C62という存在

天賞堂C62-2
 鳴り物入りで?登場した天賞堂のZゲージC62。
 この前にD51が製品化されていますが、そこで培った技術と意見を取り入れての登場でした。
 3号機など7機種作り訳していて、北海道と山陽仕様のC62を楽しめます。天賞堂の作品ということで、精密度などこのゲージでは限界かと思われるほどのつくりです。本当にこうしてみている限りは何の文句もありませんというところでしょうか。
 
 ま、そうは言ってもZであることを考えると色々制約もあって、そのあたりが苦しいところです。最小曲線半径は公称195Rですが220Rのほうが無難です。170Rでも何とか・・・いややめておくほうが無難です。
 それにトラクションゴムなどの駆動力をUPさせる手法はとられていないので、正直少しでも線路に問題や傾斜がある場合は空転したりすることもよくあります。
 そのあたりどう気分と折り合いをつけるかが大切なのですが(笑)。

 しかしながら日本型Zゲージの中では、やはり外すことの出来ない蒸気機関車であるD51とC62です。率先して出してくれた天賞堂の英断には感謝するばかりですね。
スポンサーサイト

Zはじめました。

 長らく放置していましたけど、また何となく再開することにしました。
 別に深い意味はありません(笑)。
 どうでもいいことをまた、適当に書き散らそうかなと思ってます。

ロクハン DD51寒冷地型
 鉄道模型はだらだらと続けて?いるようないないような感じです。
 元より走らせることの出来ないHOはともかく、Nからは撤退気味で大半は放出。所詮、スペースがなければレイアウトもままなりません。
 そんな悶々とした中、2、3年前?から徐々に盛り上がってきたのを何となく横目で見てきたZゲージに一から手を出してしまいました(笑)。まったく何をしているんだか。
 ゲージ幅が6.5㍉とNよりさらに小さな鉄道模型ですが、日本型が少しづつ出てきて種類も増え、ようやく遊べそうな環境も整ってきたのでというのが言い訳。

 写真は日本のZゲージ新鋭メーカー「ロクハン」のDD51。
 こうしてみるとNに劣らない出来の良さに惚れ惚れとします。サイズゆえ、割り切らねばならないところもありますが、そこは逆にここまでの精密度を褒めるべきではと。
 この機関車の登場が、日本型Zゲージにおけるひとつの転換点になるのでは?と思います。
 
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。