スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この夏の本命

キハ52-115
 土曜日に大糸線のキハ52を見てきました。友人のkabasan氏をお誘いして、ムーンライト信州91号で金曜日の夜から出かけました。
 もはや絶滅種指定のキハ52です。南小谷~糸魚川間の大糸線でしか見られない貴重な国鉄時代の気動車です。ほんの少し前にはかなりのお仲間が全国にいましたが、すでに現役はここのみ。いつ見ても国鉄色の車両は日本の風景にマッチしているなあ~と思えます。
 廃止らしいことも手伝ってか、同業者の方々もかなりいました。地元の人らしき曰く、「平日はがらがらなのに、土日だけこう」~と。すみません汽車で遊んでいます。お陰で南小谷を出る時は満席で立ちんぼ状態の込み具合でした。私たちはすぐに途中下車でしたので、あまり関係なかったのですが、あのボックスシートのすわり心地はもう一度体験しておくべきだったかなあ~と。
後追いです
 山の中を行くキハ52ですん。最近TomixでN。マイクロがHOで模型化しているので話題性はかなりありましたよね。こんな写真の風景が日本のローカル線ではごく当たり前だったのですが、来年は見られるのかなあ。車両交代ならキハ120なんだろうけど、あれはなーバスぽすぎて好きじゃないです。
DHM17ディーゼルエンジンの「ぐわん~ぐわん」という音は力強くて頼もしいものがありますね。大糸線の中ではあまり速度はださずにゆっくりとした足取りでしたが、ステンレス車両にはない重厚な乗り心地がなんとも安心させてくれます。それにしても大糸線は凄い山の中を走りますね。少し前にかなり長い期間に渡って通行不通になっていたのも、こういう地形が関係しているのでしょうか。姫川に沿って右へ左へとくねくねして糸魚川まで行きます。
キハ52 旧国鉄色
 この日は旧国鉄色は運用に入ってはおらず、糸魚川の煉瓦車庫にいました。実物は始めて見ましたが、クリーム色の部分が意外に濃いのだなあ~と感じました。いや、天賞堂の模型が薄めに感じたので、塗りなおした時に変わったのか、最初からこうなのか???うーんでも実物に勝るものはないですからねぇ。
 
スポンサーサイト

こんなものまで

富山ライトレール
 発表されてたのは知っていたのですが、何時発売するのかはつかんでいませんでした。
 なので、お店で発見した時は、「ああ、もう・・・」みたいな感じ(笑)。
 そんなTomixの富山ライトレール、LRTというやつですか。
 模型もいいですが、何で去年の2月に実物に乗りましたし、↓
富山港線 ライトレール
 なかなか実物の雰囲気をつかんだいい車両に仕上がっていますね。塗装の汚れなどもさして見受けられませんしねぇ。
 出たのは赤、黄緑、紫の3種類。追加で他の色も出るみたいです。これにいつものように動力車両がでてN化が出来ます。もちろんミニレール対応なので、ちいさなレイアウトで
 走らせるにはもってこいですね。
TOMIX 富山ライトレールを置いてみた
 なので、作りかけ?で放棄じゃない中断中(笑)のレイアウトに置いてみた。共用軌道があるレイアウトには凄く馴染みます。
 それに、昔の車両ではなく、こうしたLRTを置いたりすると、いきなり現代風になってまた全然雰囲気が変わってしまいます。
 路面電車とその仲間っぽいやつだけで、レイアウトが出来ればまた楽しそうですって
 早く作れよ~といわれそうです(汗)

調子よく出かけた

これもデキ3
 鉄分補給に銚子電鉄へ出かけてきました。前日に突然思い立って出かけました。18切符あればこそ?かもしれません。それにそんなに遠くないなあ・・・と思ったもので。
 ま、それでも夏休みだけに、観光客や撮り鉄いっぱいだろうな、と思っていましたがその通りでした(笑)。JRから乗り換えのうち、半分くらいが銚子電鉄に。で、やってきた電車は一両なので、何とも通勤時間の山手線状態(笑)。まさかここでかーという感じですが、休みの日は観光鉄道ですしねぇ。
それに何となく鉄子が目立つ。何でだ。
デキ3
 目的の一つはコレ↑。ドイツ生まれの凸電機デハ3です。いやー可愛いなあ、んでカッコイイ。上田電鉄にもいましたが、こっちは今でも動けます。ただ、もう検査に通らないために線路上で客車とかは引けないそうです。 ああ、もったいない。
 なので、現在デキ3は仲ノ町駅に付属の車庫ででマスコット状態。ちなみにここに入るには入場料が別途150円要ります。ま、モデル代ですか?。動いているところが見たいなあ。

 そなわけで、しばらく?銚子電鉄ネタです(笑)。

鉄道コレクション第10弾

鉄コレ代10弾
 発売は先月末でした。早い物でもう10弾です。単純に言って100両の車両がリリースされたわけですね。すごいなーこんなマイナー車両ばかり?出るなんて、そいで持って売れるなんてーどういう世の中だ???

 で第10弾です。ネタが尽きたわけじゃないのでしょうが?、今回は気動車です。お待ちしておりました(笑)と言ってよいのかなあ?ま、そうだけど。
 鹿島鉄道キハ431
 どういうラインアップにするのか気にはなっていましたが、わりと「あー」みたいな内容でしたね。とりあえず有名どころと、鉄博にあるキハ41000とその一族。これで鉄博のお土産特注品入りは確定でしょうか?。
 塗装とか、言いたい部分がないわけじゃないですけど、こんなものが完成品でしかも安価で出ること事態が凄い、というのが鉄コレのポリシー?でしょうから、これでいいのだ!ということですね。
 これで電車用の架線柱を立てなくてもレイアウトが、というわけじゃないでしょうけど、確かに電車とはまた違った風景を作れるアイテムが出たということには間違いないようです。まあ、やる気と建設スペースと言う問題は何時の通り付きまといますが。
遠州鉄道キハ802
 それにしてもこのところ、お店で簡単に買うと言うには難しい状況になってきました。第1弾の頃は、何時までいっても山積み状態だったのに、今や朝イチとか、予約しとかないと買えません。言うまでもありませんがオクなどには、わんさかプレミア付きで出ています。何だかなー。
 毎度言いますけど、そういうことでBOXどころか、配送用ダンボールで買っていく輩がいる限り、このふざけた現象は収まらないのでしょうね(汗)。

 それにしてもトミーテックの鉄コレと周辺N系モノの充実は本当に凄いです。本当に数年前までは自作当然なものが、すべて塗装済み完成品で売られているのですから。ああ幸せなのでしょうけど、これでもかーと次々に出される料理の数々に正直「もう、満腹」と言う感じも歪めません。買ってきたものを使って何かしようと思うともう、別のものが出てるんですよね。まったく持ってレイアウトを完成させないように仕組んでいるんかーと、ちと疑いたくもなります。これって、贅沢な悩みなんですけどね。
 
 どっかで落ち着いて、じっくり取り組みたい余裕が欲しいです。

最後の祭

うーむ
 現役引退した名鉄のパノラマカー。
 しばらくはイベント列車で活躍もしていましたが、いよいよ完全に引導を渡される ようです。
 そんなわけで、ファンに向けての本当に最後のイベント、いや本線上を走る最後のパノラマカー列車と言うことになるわけですね。

 今回、友人Dagaya氏のご厚意により「事前応募件」なる物を頂戴したしました。
 これを出してなおかつ抽選に当選しないと、最終列車には乗れないわけです。
 うーむ、すでに通し番号が2千を越えている状態で、募集人員は230人。難関です。
 ここで、少ない、いや最初からない?運を使うのか(笑)、そうでなく敗北か?は神のみぞしる、というところでしょうが、この日がこの夏の鉄にとって熱いイベントになることだけは間違いないでしょう。

 うーむ、行けるのかなあ。
 ちなみに?金曜日、土曜日とも「ながら」は10時満席(汗)で、18切符を使っての名古屋入りという手段は使えそうにありません。
 ま、新幹線にするか、たまには・・・。
 どうせなら、閉館する「佐久間レールパーク」にも行きたいしね。あと出来たら三岐鉄道北勢線とかも~とすでに妄想だけは満載状態。

 しかし、18切符は何時使うん???
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。