スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ、どうなる(汗)

パーシーです
 TMSの最新号をご覧の人なら、すでに読まれたと思いますが、TomixのNゲージのトーマスシリーズで発売されている「パーシー」を改造して軽便蒸気を作る、というのがありました。ほうほう、確かに下回りは使えそうです。この道の人なら、有名?な流用手法だそうですが、いかんせんトーマスのというキワモノシリーズ?なため、車両を確保する方が難儀だそうです。
 今回、年明けて再販された分が、運良く手に入りましたので、これからいろいろ妄想する予定です。まだ何も具体的に動いていませんが、煙突やら煙室扉やらパーツ類は調達しています。ちなみにミニカーブ140は楽勝通過でしたので、OKです。

 で、少し考えれば、気がついたはずなのその時は何も考えていませんでした。
トーマス
 じゃ、さートーマスもいけるんじゃね?
 と、妄想してポイントカードがいけたので、買ったはいいのですが・・・。こいつCタンクですね。もしやと思いつつ・・・。

 案の定、140をクリアしません(笑)。
 うわああ~馬鹿だな私。
 そすなると、このままトーマスで遊ぶか(笑)、ちょいと改造してNのCタンクとして何とかするか・・・。いやこいつは、軽便蒸気にするためになんとかしたいんじゃ~と
切り刻まれています
 すでにBタンクとして何とかならん?と妄想を開始しています。
 とりあえず、ボディーをニ分割してキャブを大きくして前進させ、開いた部分におもりぶち込んでフロントヘビーにしないと尻もちつきます。煙室も長くしないとなあ。
 ナンだか大変なことになっていますが、これ完成するのでしょうか(爆汗)。
スポンサーサイト

手軽に片軸ボギー単端を・・・(野望)

成田単端いじり中
 ボールドウィンのほかにも並行していろいろ。
 写真は、アルモデルの成田タイプ単端です。ボディーはだいたい組み上がっています。しかしまあ、昔はこんな車両がのそのそ走っていたんですねぇ。動いているところを是非一度、見てみたかったです。
 動力については指定はKATOのポケットかBトレ用動力車という、いつもの指定。確実な動作で何の不安もない優れものです。
 ですがーそれじゃあつまらない~ということで、今回は下回りをいじってみました。
よこから
 このタイプには三重交通などで活躍していた単端みたいに、片方ボギーという凄い変り種がそんざいしています。出来たらこれで行きたいなあ、と思い、なおかつ私程度の工作レベルでもなんとかなりそうなもの・・・。ということで、キャラメルNのボギー?動力を前側に仕込みました。後ろは2軸貨車から流用してとりつけ。
 こんなんで、上手く走るか?と思ったのですが、バランスをとれば何とか走らなくはありません。ただ取り付け位置が微妙なので、前過ぎても後ろ過ぎてもだめでした。そこんところの具合は、まさに現物あわせという(笑)、まさにいい加減な手法なのですが、いつもこんなんなので、あまり気にしません(汗)。
 で、しばらくテストコースを走らせていたのですが、ちょいと持ち上げた時にバランスを崩して、動力車を落としてしまいしました(泣)。そしたらーなんでかしら?上手く走りません。ボディーと動力車を取り付けるステー部分とさらにステーと動力車自体の一合わせに狂いが生じたようです(汗)。
 なので、そのあとは、ウソみたいに走らなくなりまして~まだまだ調整が必要なようです。

形が見えてきた

木曽ボールドウィン
 巷では3連休だったりして、朝からWBCとかいろいろだったりしますが、私は飛び石です。なので明日は出勤だったりします。えー。
 ま、ご多分に漏れず、私もWBCなんか見てましたが、その隙間を?狙ってせこせこ工作。そんなにたいしたことはしていないというか、そんなに進んでいないんですけどねーIMONの木曽ボールドウィン。何となく機関車ぽくなってまいりましたあ~というところ。
 特に煙突がつくと雰囲気出るなあ。あとは後ろを何とかして、色塗って完成かもしれないけど、そこまでの道のりがきっと長いに違いない(笑)。ここまで形が出来てくると、一応走るし、半分満足しちゃうんだよねー。いかんいかん。しかも、他の作例とかであった、サイドにタンクつけちゃうみたいな改造?もやっぱりよいとか思っちゃう。何てこと妄想していたら、ロッドのピンが落ちたよ、あわわ。
客車つなげてみた
 で、つなげたというより、単に後ろに客車置いてみましたが、それでも雰囲気でますねぇ。やっぱり蒸気機関車には客車だよ。あ、いや、貨車でもいいのだけどね(笑)。
 そんなわけで、早いところ組み上げて黒く塗りたいのですが、日曜日は雨とかで、何ともついていません。完成が遅れるわけだ(いい訳)。
 

さらば、寝台特急

ふじぶさ
 まったくなっちゃいない、ケータイでの撮影ですが(笑)。
 そんなわけで明日の「ふじ・ぶさ」出発列車で、東京発の寝台特急にピリオドが打たれます。日本に寝台列車が登場して以来、まさかこんな日が来るとは信じられませんでしたが、これが事実です。本当に残念でなりません。
 今更、恨み言?を書き連ねてもどうなる物でもありませんが、そうは言っても、もう一度乗りたかったなというのは事実です。あーこのことこそ残念でなりません。
 そう、思うえば気のあった鉄仲間と、一度だけとはいえ博多まで「さくら」(正確にはさくら・はやぶさ)で旅できたのは貴重な体験にして、思い出となりました。そのあとには「出雲」「銀河」にも出かけたけどねぇ。
 何が寝台列車を絶滅へと誘っているのかはわかりませんが、背後に我々が考えていることとはまるで違うことが流れているのは間違いないでしょうね。今だ、北陸、北海道と新幹線があてもなく伸びていったり、リニアをマジで通そうとして、途中の県に止めろといちゃもん付けられたり、正直、鉄道とそれを取り巻く生活や移動行為のことはそっちのけで、その場限りの利権だけが目的。わかっていますがそんな程度で公共交通の根本政策が動いているんですよねぇ。

 結局愚痴ですが(笑)。

 もう、日本程度の国土面積では夜間に移動するというメリットはない、ということなんでしょうね、多分。人はそれを「時代の流れという」ホンマかいな???。そのくせノスタルジーに浸ったりして、馬鹿みたいです。
 寝台特急、夜行列車。そんな言葉は死語になって、記憶の彼方にしか残らなくなる。
 ああ、本当に悲しいことです。

何と井笠コッペル!

ワールド工芸 井笠コッペル6号機
 実は自分史上最も高い鉄道模型を増備してしまいました(汗)。
 いくらですかって、そのへんはググって見てください(笑)。まあ、呆れられることに間違いはないと思いますがねぇ。何せ天賞堂のHOより高い。でも小さいですが、ナローなもので。
 軽便鉄道ではこういう小さな蒸気機関車が、のんびりと客車を引いて頑張っていました。そんな風景は大好きなので、いつかはコッペル~とか思っていました。この6号機もキットで買えば半額くらいの値段になるのですが、こんなに上手に作れる自信はまだありません。てか、蒸気に関しては全然ありません。かなりの精進がまだ必要です。そんなことを理由にして(笑)、発売発表からこつこつ(笑)資金を回しておいて何とか増備することが出来ました。むはー。
ちょいと客車を~
 こうして小さい客車を引かせるとすごく絵になります。あと貨車を一両でも追加すればOkでしょう。
 まだ試運転?程度ですが、流石に完成品だけあって、動きは前進後退ともスムーズです。スローもちゃんと効きますので、軽便ののんびりムードで走行~という感じも無理がありません。Tomixのミニカーブもちゃんと回れます。カプラーの関係でまだ連結して試していないのがちと不安ですが、その時は何か解決策を見つけないとダメでしょうねぇ。
 にしても、軽便にコッペルは似合うなあ。こういう風景がいいんだよね。事情によりボールドウィンが未完成のため、当分、この井笠コッペルがフル稼働な我が狐が森軽便鉄道、ということになるでしょう(汗)。もう一台欲しいけど・・・買えません!!!

40系祭ですか?

KATOキハ48
 何気にキハ40系祭開催中(笑)。というわけ?でKATOのキハ48です。40系の片側運転台仕様みたいな形ですよね。これはKATOの製品です。Tomixからは今回こちらの形式は発売されませんでしたねぇ。何でかな??。イマイチメジャーじゃなくて、一台で遊べないからとか?でも17系とかではだしてるのになあ。
 べ、別に今回Tomixの40系が発売されたから導入したわけじゃないんだからねっ!~と。天賞堂の4Fに出向いたら、KATOの40系とともに放出されていました。もしかしてTomixが出たからドナドナされたのでしょうか??。うーむ。ま、おかげで40系気動車のバリエーションが増えたのでOKなのですが。
 ちなみに、やっぱり人気のTomix40系。じわじわと売れており、形式によってはもう完売もあるとか。やはり早めに動かないと、国鉄好き者に喰われているようです。
KATO キハ47
 そしてキハ47系も落ちていたので捕獲。ちなみにどちらもT車なので千円以下のお安い価格でした。40系のM車があれば、編成になるしね。30系とはありなのかな?。気動車は系列関係なしにムチャクチャなつなぎ方をするからなあ。20系、55系、58系は全然ありだし。
 にしても48系の両開き扉でトイレなしという車両だと、いっきに近郊型という雰囲気が出ますねぇ。片開きはそんなことないのに。首都圏色といわれる車体色がいっそう拍車をかけている感じがしなくもないので、これがクリームとの色分け仕様だったらまた変わったかもしれませんが。
 Tomixの次回はキハ52なので、国鉄型気動車のラインアップが一段と充実することになります。あ、そのまえにキハ11系の再販もあるんだなあ。こっちは以前、出遅れて痛い目にあったのでしっかり捕獲したいです。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。