スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomixキハ40 増車です!

キハ40-100
 何だかボケ気味ですが、新発売されたTomixのキハ40です。100番台の寒冷地仕様です。1段窓がそれっぽいですねぇ。てかそれこそが北海道向けの醍醐味?ですが。
 北海道旅行ではよくお世話になりました。いろんな線区を走っていましたねぇ。キハ22も懐かしいですが、こっちも懐かしいです。てか、今でもお世話になりますねぇ。
 KATOでは製品化されてない?ですよね???細かいディティールは今時のTomixのHG仕様ですからいい感じです。下回りに雪のウエザリングを施したら、更に良い感じなんでしょうねぇ。
キハ40-2000
 そして2000番台。暖地向けですが、北海道、東北を除く地区に投入されていますよね。2弾窓なので100番台との区別が付きやすいです。製品はちゃんと台車も作り変えてますしね。
 こちらも今のTomixのHG仕様なのでよい感じのディティール。これは店頭にあったのを何気に買っちゃったのですが、まあ、KATOのキハ40、2000番台のT車が何故かウチにあったので、そいつのお供です。KATOのカプラーをシンキョーとかに換えないと連結はアカンでしょうけど。
右端がKATO
 一番右がKATOです。こうしてみると、KATO製のキハ40のほうが細かな造型が浮き出して見えます。Tomixのはパーツを装着していないので、一概に比較は出来ないかもしれませんが、むしろKATOがTomixに負けていない、という印象がありました。あれ?Tomixは今日発売したてなのに(笑)。
 スカート部分の解釈とか、ステップが付いているとか、台車の再現度が高いとか、Tomixはもちろん2009年のHGに相応しい内容ではあるのですが、ぱっと見の印象が、こうも違うとは思いませんでした。うーむ、解釈の違いなんでしょうけどね。
 しかしまあ、正直なところTomixがキハ40とは想定外な新製品だったので驚きです。次がキハ52だもんなあ、何故に国鉄時代の気動車にこだわるTomix???。私は嬉しい悲鳴ですけどね。
 今や貴重な国鉄時代の車両となったキハ40です。実車も何となく少なくなっていますし、非電化区間ではまだ乗り鉄、撮り鉄も可能な車両です。それだけに思い入れもありますし、よくそ出したぞTomix!というところですな。バリエーションはマイクロでそろえましょう~(笑)。
スポンサーサイト

おまけなんですが

鉄博おまけ
 花粉症全開です。へっぷしょん。しかたがないですけどねーこの季節。
 コンビニのペット茶についていたおまけに鉄道博物館の文字。海洋堂が製作したというヴィネットだそうです。前5種類中身が分かるのでこれを選びました↓
C57ですん
 C57ですね。あと20系、ひばり、101系、0系。どれもが遠近法を用いた走行中の様子を作ってあります。海洋堂なんでどうかな?とか思ったけど、こんなもん?なのが印象。ガチャレベルだねぇ。ま、ペット茶の値段でもらえるものなら仕方がない???こともないか。
 個人的には普通に車両を作って欲しかった気もしますが。
 そいやあ、来年から「北斗星」「カシオペア」の牽引機関車がEF510になるだそうですね、って今ごろ知りました(汗)。どういう配色になるんでしょうねぇ。「カシオペア」はお手本があるけど、「北斗星」はないしね。EF81の赤そのままって、いまでも赤いけど、この際、寝台編成にあわせて、青2号とクリームのEF65、66系にして欲しいかも。ブルトレ牽引機は、やっぱりこれですよね。

形にしてます

つくりかけ
 今日はマンションの排水関係の清掃日でした。作業そのものは直ぐ終わるのですけど、業者が何時に来てくれるのか分かりません。一応の目安はあるのだけどねー。
 そんなわけで、めんどいから代休をつかっちゃって休みにしました。

 待つ間は暇なので、何となく工作に(笑)。先日購入したIMONの木曽ボールボウィンを組み始めました。とりあえず台車を組み、キャブをはんだづけ。間をぬってアルモデルの単端もやってました。
 しかしまあ、はんだづけに進歩が見られません(泣)。汚いなあ、場数踏まないと上手くはならないだろうけど、もう少し何とかしないとナー。
 台車の方はさくっと組んで、モーター取りつけてロッドを差込み。B配置ですから、ロッドがしゃかしゃかしゃか~と忙しく回って面白いです。それにしても動いてくれてよかった(大笑)。キャブのっけて走らないと悲しいしなあ。
 続きは週末かな?

久しぶりな工作

IMON 木曽BLW キット
 何だか久しぶりに土日どこへも行かん休み。まあ、医者には行ったけど。そんなわけ?でこんなものです。第4回軽便鉄道模型祭の時に先行発売していましたが、紆余曲折あって、最近導入されました。あー結局買っているわけですね。
 木曽ボールドウィンってナニ?といいますと、木曽森林鉄道で働いていたアメリカ製のBタンクSLなんですが、かなりぶっとんだ格好と煙突で印象深い、味わいのある機関車ということで。
 ググって見れば、直ぐに出ます。こんなの木曽の山の中を走っていたんですねぇ。

 さて、IMONのキット。エコノミーと謳うだけあって、かなり簡単な作りでその気になれば一日あれば出来てしまいそうです。SLにありがちな複雑なロッドも簡略してありますしねぇ。こういうの手軽に出来て歓迎です。
何かやってます
 そんなわけで、とりあえず動力部は動きます。そういえばアルモデルの単端、かなりほったらしでしたけど、ついでにハンダ済ませました。
 いろいろはまた、来週?かな。

望まない祭

ふじぶさ
 カウントダウンが始まっております。
 まあ、東京駅は毎日大変なことになっていますね。もち、田町までの各駅にも撮り鉄のみなさまが大勢~。最後だからなーということで、本当にお祭好きですね日本人(汗)。
 そうなる前に乗っときゃ、という話はもちろんですがそれ以前にJR各社の潰すぞ~という姿勢が見え見えで、今回はな・・・。しかし、国交省もJR各社も自分の主張だけ放っていて、事の本質には何も触れていない。曰く自分とこは悪くないが「あんたんとこが、努力しないからだー」という、相手に責任をなすりつけている状況は変わらない。
 寝台特急のHP[ほどちゃんの島」というページでも意見が述べられていますが、ほんとうにJR各社には情けなくなります↓
http://homepage1.nifty.com/hodo/burutore/hayabusa/hitokoto.htm

 公共交通機関が、利益だけ優先して運営されるならそそれもまあ、ありなんだろうけどね。数字しか見ていないからそういう経営が出来るんだろうな。だからトンデモ車両や、ワンマン運転とかやってしまう。何てことだい。

 しかし、無くなるとなるとやっぱり乗りたくなってしまいます(笑)。そんなわけで、サーバーステーションでは毎日ほぼ完売状態の「ふじぶさ」のB寝台に挑戦してみましたが、見事に轟沈しました。10時前から予約できるので、その旨を某駅のみどりの窓口に告げたら、先約が5枚あるそうでその後なら、という返事。ほぼ毎日こんな状態で金、土日だと更に多くなるそうな。
 こりゃ、もう転売ヤーが狙っているわけですな。それを証明?するかのようにネットオークションでは4万だの5万だの、本当に馬鹿みたいな値段で取り引きされています。

 それ、どう考えても違うだろ。転売ヤーにも言い分あるかも知れんけどさ(オイらは認めんが)。

 毎回こんな騒ぎするなら、疲れるよね。いっそ人気がでので、廃止を延期します(笑)とかして、もちーと稼いだら、JR?。
 次のターゲットは「北斗星」かな。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。