スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMVにみる鉄道の将来

北海道のDMV

 先日の銚子鉄道危機話を聞いて思うのは、地方の弱小私鉄が漏っている問題が改めて大きく、根深く解決には途方にもない苦労があるのだなということを再認識させてくれてことでした。鉄道は大きなインフラですから廃止、ということになるとその地域が受ける影響はかなりのものになります。廃線によるバス代行という結論に落ち着いても、簡単に赤字による運行停止、で廃止という道筋はもう何度も見ていますから、そうなることは予想もつきます。そんなジレンマに挟まれながら地方の鉄道は細々と動いているのだなと思うともう、悲しくなってしまいます。
 そんな状況を打開するための方策として、例えばJR北海道のDMVなどがあります。鉄路を走り、場所によってはタイヤでバスのように運行する。そんな発想の乗り物は世界各国で考えられ、試作されてきましたが意外にもモノになったのは、このJR北海道のDMVだけ。見ためはなあ~どう見てもマイクロバスだよ、ってベースがそれだものねぇ。
 こういう発想をもって提案をしなければ、地方の特に過疎地の交通体系は守れないというのは、他にもいろいろな問題も組み合わさって一筋縄では解決できないから仕方がないこと、というのは理解できますし、先に述べたとおり巨大インフラである鉄道を維持するには巨額の費用と人手がかかり、コスト的に合わないというのもわかります。でもなあ、あれは鉄道とは呼べないよ。模型的にもねぇ(笑)。
 確かに鉄路を維持してバス的発想の元に、小型の車両を運用するというのは、合理的です。そうしなければ鉄路がなくなってしまうのですから仕方がありません。ただその背景にある諸問題がおざなりのまま、目の前の問題だけを技術的なことだけで解決して先送りにして覆い隠す、というのは何だか違うような気がしてなりません。ん~なんだかなあ。 このままだと、大都市圏と新幹線以外は地方路線はDMVになる。少なくとも赤字ローカル線は、何て事態もあながち嘘ではないのかもしれないですね。どうなるのだろう、鉄道の将来は・・・。
スポンサーサイト

銚子電鉄その後

銚子電鉄の鉄コレ

 先日、経営危機でとんでもないことになっている銚子電鉄が、HPにその旨を乗せて、「濡れせんかんって下さい」というCMをのせたところ、2ちゃんほか鉄系のブログなどで取り上げられ、かなりあちこちで話題になっているようです。
 それに触発されてか?今日の「フジサンケイビジネスi」でも記事として取り上げられ、またまた大きな話になっているようですね。何と言ってもおかげさまで濡れせんの在庫があっという間にはけてしまったという嬉しい状態になっていること。もちろんこの程度では、赤字を解消するには程遠い状態ではあるのですが、いろいろなつてが結集すれば出来ないことはないのだなあ~ということ。この調子でなんとか銚子電鉄も頑張って欲しいです。
 地方の弱小私鉄にとっては、こういう問題は常について回る話であり、どこでも無関心ではいられないことだと思います。いろいろなグッズを出したり、HPなどで懸命にアピールしても根本的解決に至るには中々至らず、細々と命脈を保っている、というのが事実である以上、ファンとしても何とか協力していきたい物です。まあ、出来ることなど大したことはないと思いますが、見守って行きたいものですなあ。

今月の増車

名鉄モ750

 だいぶ待たされた挙句、買うのにちと苦労してしまいましたが、どうにか東雲電機鉄道に入線したハセガワモデモの名鉄モ750です。これ最初の予定だと9月だっけ?それが遅れに遅れてやっとこさ発売。んでもって、相変わらず数が少なめなのでぼーっとしてると安売り店からはさっさと駆逐されてしまう。なんだかな~次回入荷は期待できないから、こういうのはさっさと押さえないとやばいというのは、わかっていても動けない時は動けませんから買いそびれてしまうことも。ま、今回はどうにかなりましたが。
 で作り動きはハセガワモデモのスタンダードなもの。特に不安もなくサーっと動きます。ハセガワの名鉄モデルは何故かM車とT車に分けて売るんだよなあ。重連、三重連にするには他にそろえてね、というつもりなのでしょうけど、箱根登山鉄道は2両1セットだしなあ。うーむ。
 実車については解説不要なくらいに有名?ですからいまさら不要でしょうけど、こんな味のある車両つい最近まで現役で走っていたかと思うと、のほほ~んとしますねぇ。ああ~いいなあこういうの。
 何となく、旧塗装バージョンは出そうな予感・・・(汗)。

あれは木馬だな・・・

EXモデル ホワイトベース

 永遠にして不滅のガンダムですが、今回捕獲したのはEXモデルという、量販品に比べればちと少なめに生産されている(はず)のカテゴリーに属する強襲揚陸MS空母(でいいのか?)ホワイトベースです。このシリーズはサムソントレーラー、キュイ、シーランスとかなりマイナーなメカモノも出していますが、このところは戦艦系に力が入っているようで、ちと前にはラビアンローズ(コレは戦艦じゃないか:汗)なんてのもリリースしました。お高いのが難点ですが、対象年齢を15歳以上にしてあるので、かなり再現性が高く細かな造型がウリです。
 さてホワイトベースいわずと知れた、ガンダムの母艦ですが、これまではあまり模型化には恵まれていなかった感じで、初期のころに一点とほかにメカコレサイズっぽいのがひとつ。まあガンダムの主役はMSですから仕方がないのですが、コレだけは別格の戦艦ですよねぇ。先にアーガマやアルビオンがEXになっていただけに、何時出るのかとヤキモキしていたのも事実です。結果、その出来は期待を裏切らないモノに仕上がっており、組み上げるのが本当に楽しみです。前足?にあたるMS格納庫が少し長いという感想を持つ人もいるでしょうが、そこはまあ個人の感じ方の違いもいれて、切るのは簡単ですし(汗)。
 こうなると次は、ムサイに続いてジオン艦艇では人気のザンジバル?かグワジンか?ラビアンローズがEX化されただけにこちらほうもものすごく期待したいところなのですが~出るのは何時だ!。

トミカの陸自車両

トミカ 自衛隊軽装甲車

 トミカといえば日本を代表するリーズナブルなミニカーとして、もはやその名を知らぬものはいないブランドといえるでしょう。新車が出れば素早くそれをリリースし、もしかしたらその実車よりもかなり多く売れているかもしれません。車好きな人なら、とりあえず自分のクルマは買ってしまうかもしれませんね。
 そんなトミカから、珍しく陸上自衛隊の車両を出しました。イラクにも派遣された軽装甲車というクルマです。こんなクルマがトミカになるなんて、ちょっと珍しいなあと思うのですが、これも時代の反映なのかな?。何故か秋葉系の大きなお友達には大人気なようで、どこのお店に行っても軒並み売切れの状態が続いています。
トミカ 自衛隊軽装甲車その2

 つくりは至って、標準的なトミカの内容。サスペンションも転がした時の走りも他と変わりありません。唯一のギミックはドアの開閉だけですね。スケールは1/66で、まあ何と並べればいいのだろうと考えてしまうのですが、うーんやっぱりモビルスーツ???いやでかすぎですねぇ。
 自衛隊ものといえは昔、ジープとかあったようなきもするのですが、それ以外ではあったかな?戦車が合ったような気もするのですが、ちと覚えていません。マッチボックスだったかも。今他に出すなら高機動車といういわゆる三菱製ジープの後継車である、トヨタのメガクルーザーの陸自版とかも出して欲しいところですね。ま、ちっちゃいお友達よりもおっきいお友達が率先と買い占めて、また品不足になるのは目に見えていますが・・・。
 まったく、度が過ぎた大人買いはやめてほしいものだ・・・。

続く時は続く。

ヤマトだぁ

 続く時は続く同じネタ。とかいうわけで今日もヤマトネタだったりする。このアニメはなあ、かなり魂なアニメでもあるし、メカはカコエエしで気にならないはずもないのですが、ココに来てまたちとブームにんっているのかな、それはそれで嬉しいのですが。
 で今回のコレはかなりな物です。値段にしろ大きさにしろコレまでのヤマトアイテムの中でも屈指の商品といえるでしょう。1/350スケールで全長766ミリ。電動で主砲、パルスレーザー砲が回転し艦橋内波動エンジンの電飾はもちろん、波動砲にいたっては発射までの全プロセスを再現し、出ないのは本当のエネルギー波だけ(大笑)。すごいなあ、リモコンコントローラーは波動砲発射用トリガーだしねぇ。ああ、もう脳内物欲物質が全開で発生してるうううう~。
 しかーし、このアイテムの最大の弱点はその値段である。な、なんと47250円!!えええ~マジですかバンダイ!!!。天賞堂のプラSLが買えますよ、いやはや。ここまでおもちゃに出せるかどうかは、正直いってかなり考えさせられるところです。ま、何せ家人のある身としては早々簡単に諸問題をクリアして購入に至れるかどうかは難しいところです。しかもこういうアイテムは再販が難しいやつですしねぇ。
 発売は2007年1月。ああ悩む・・・。

ヤマト メカニカルコレクション?

ヤマトメカニカルコレクション

 こんなものが出ていたので、とりあえず買ってみました。その名もヤマトメカニカルコレクション。え、なんですかコレ?メカコレクションの間違いでは?と思わず突っ込みを入れたくなりそうな商品名ですが、基本的なコンセプトはそういうことです。本家バンダイのメカコレが発売休止になって、時々思い出したように再販される以外は、このテのメカはまるで出ていなかったので、歓迎ではあるのですが。ちなみに一個472円。
ヤマトです。

 で、ブラインドBOXなので、何が出るのか不明ですがヤマト、アンドロメダ、主力戦艦、沖田艦に完結編の駆逐艦の5種類にシクレが一個の計6種類です。ちなみに日頃の行ないがいいのか、一発で?ヤマトが出ました。まあ、まずはコレですか?。
 大きさは135ミリでABS樹脂製。なので割としっかりしています。この手の玩具はすぐ柔らか樹脂系に走るので、不安だったのですが、まあいいでしょう。メカコレよりは少し大きめでメカコレアンドロメダとほぼ同じサイズです。とくにギミックはなく、砲塔は回りそうですが、かなり固めなのでちと怖いです(笑)。艦体の色はなあ、かなり明るめですね。船体もいわゆるフネのものとは程遠いので、正直これをヤマトと認めたくはありません(汗)。それにしてもこの値段での、ということにすればまあ、いいか、というレベルでしょうか。この先、いろいろ思わせな艦が出れば、それなりに価値のあるシリーズになりそうですが。
完結編駆逐艦「冬月」

 で今回の目玉というか、本命はむしろこの完結編の駆逐艦。アマチュアディーラーからはこれまでWFなどで出ていましたが、このメカコレサイズでの一般流通品ということになれば、今回のコレが初めてでしょう。やあ~待ったかいがあった?というものです。加えて何とディンギルとの最終決戦時にヤマトに随伴した8隻の駆逐艦のナンバーがタンポ印刷で作り変えてありますので、むしろシクレを当てるよりも8隻のナンバーをそろえる方が大変かもしれません(笑)。
 出来はそこそこで、こんなもの、という感じです。ちなみにこいつは砲塔の旋回が容易ですね。まあ出たこと事態まんせ~なのでOKです。サイズ的には1/700ヤマトに合うかも、というところでしょうか。本当に8隻コンプは苦しそうです(大汗)。ちなみに写真は艦番号333で「冬月」です。
 それにしてもなあ、連装主砲一基他はミサイル発射菅しかもたないこの艦は、何かかなりよわよわそうですなあ。
 とりあえず、パート2が出ることに期待しましょう。ガミラスか?ガトランティスか?間違ってもいきなり暗黒星団帝国はないわな。

やばいぞ銚子電鉄

銚子電鉄デハ

 千葉県の東端をまったりと走る銚子電鉄。鉄コレの車両にも入ったデハ700系をかつては走らせていた関東の小さな電鉄です。昔はともかく今は観光鉄道としての側面がちょっと強い感じもするのですが、ドイツ製の凸電機も走るいい感じな路線ですよね。
 ところが~かなりやばそうです。検査代もちと不足な感じで、このままでは銚子電鉄の行く末はどうなるのか???という状態だそうな。
 そこで、銚子電鉄が取った作戦とは「濡れせんべい買ってください」いうもの。何だかレール文鎮というのもあったみたいですけど、こっちは売り切れみたいですなあ。
 とにかくこのままジリ貧で廃止~というのは悲しいですから、何とかならないものでしょうかねぇ。他にも苦しい地方私鉄はたくさんありますが、こうしてファンに積極的に助けてくれと頼むのでしたら、それに答えてあげるのもファンの務め?ですよねぇ、多分。
 というわけで、煎餅買ってついでに銚子電鉄に、乗りに行きましょう!。

Bトレ もうパート16だよ~

Bトレイン パート16

 早い物でバンダイのBトレインもパート16です。この縦方向に半分にして組み立て式でブラインドBOX販売での鉄道おもちゃという、新ジャンルに果敢に挑戦し、見事成功を収めた先見の明?がなければ、鉄コレやバスコレなんかも世に出なかったかもしれないと思うと、よく続いているなあ~というのが正直な感想です。これ、せいぜいパート2くらいで見切りつけられておしまい~という状況を危惧していたので、これは嬉しい誤算ですよね。国鉄、JRに限らず私鉄各社の車両まで網羅するこのシリーズはもう、立派に鉄道模型の一ジャンルを確立した、といっても過言ではないようです。
 それにしても、旧型国電や客車まで、ちゃんとBトレ化するのはえらいよなあ。写真のはスハニ35だもん。こんな客車、私でさえ見たような気がする~程度のものですし。というか、このあたりは明らかに大人を意識しての商品化だろうからもう確信犯なんですけどね。子供相手なら今時の通勤車両や特急を出しとけば済みますしね~。
 ま、大人の立場?としてはこういう路線は大歓迎なので、これからも忘れずにやって欲しい物です。

美味しいケーキが食べたいのだ

うーむ、もんぶらん

たまには食べ物の話でも~。
 というわけで鶯谷というか谷中にある有名ケーキ屋のモンブランです。その名も「上野の山のモンブラン」。マロンクリームがこの上ない濃厚かつ上品な味で、ここの一番のケーキです。初めて発見したときは、お客なんて殆どいなかったのにいまや30分は並ばないと買えない有名店になってしまいました。店舗としてはコレに勝る喜びはないのだろうけど、買うほうとしてみればなあ、まあ、味が落ちていないのが救いですか。
 もう少しでクリスマス、ということで、専用のクリスマスケーキの予約が始まるのですが、今年は久しぶりにここでいきますかねぇ。

「怪獣使いと少年」または「怪獣使いの遺産」

 先日の土曜日にウルトラマンメビウスで放映された「怪獣使いの遺産」という回は、帰ってきたウルトラマンの第34話で放映された「怪獣使いと少年」という、11月の傑作選として有名な話の後日談という形で新しい話として放映されました。この話は帰りマンの中でもかなり重くハードな話なので、今ごろ何をどうするつもりなのだ~という興味がいっぱいでありました。
 ざっとあらすじを言えば、地球の環境調査に来たメイツ星人が凄まじい環境汚染のために、体を壊しとある町の廃屋に倒れる。何時しかそこに住む男は宇宙人だという噂が流れ、町の住民から忌み嫌われるようになるのだが浮浪児の少年に介護され細々と命をつなぎとめられていた。町の住民たちは気味悪がってMATに退治を依頼するが、何か被害を与えたわけでもない無力の病人(メイツ星人)と孤児をどうすることも出来ずに嫌な雰囲気だけが充満していく。やがて見知らぬ物に対する恐怖が爆発点を越えた町の住民たちの手によってメイツ星人は殺され、それが引き金になって活動を開始した怪獣ムルチが街を破壊し始めるのだが、おののく町の住民たちにウルトラマンである郷秀樹は、身勝手な感情だ、当然の報いだと冷笑するのだが、今、災厄に襲われた人々を捨て置くことは出来ずにムルチを退治する。残された孤児の少年はメイツ星人の宇宙船を掘り出して「こんな星は出て行くのだ」と今日もひたすらに穴を掘り続ける・・・。
 と全然あらすじじゃないですが(汗)、とにかくかなり重いテーマの話で当時小学3年生な私には全然内容は理解できず、今見ても製作側の深い意図はそれでいいのか、とわかりかねる部分が山ほどあります。それだけにメビウスでこれの後日談をやると聞いたとき、どう咀嚼して仕上げるのかすごく興味を持って見ていました。端的に言えば、こうするしかなかったなという感想が最初で、難しいことしちゃいましたねというのが後で感じたことでした。
 30年後に地球に再来したメイツ星人は、地球と友好関係を結ぶべくやってくるのですが、再び怪獣ゾアムルチを引き連れていたために、GUYSには簡単に信用してもらえない。しかもメイツ星人はメビウスを地球防衛兵器と罵り、怪獣はそれに対抗する物だといってはばからないので、話は平行線のまま。とにかく宇宙人=侵略者という構図しか描けないGUYSの隊員の先走りでメイツ星人は傷つき、それをきっかけに怪獣は暴れ周る。今回来たメイツ星人は30年前のメイツ星人の息子という設定なので、話はこじれる一方だという展開です。それを解決したのは親メイツ星人を介護していた孤児の少年から、その話しを聞いて見知らぬ物同士でも、信じられるような世界を作らないといけないと考えた少女が大人になり、園長となった保育園でその意志を子供たちに伝えているという話を聞いて、もう一度地球人を信じてみようと思うようになる。
 こーんな感じでメイツ星人は地球を去る、という結末なのですが。先のお話をどう引きずって〆るのか期待していただけに、そのあたりは無難な着地点を見つけたのかなとも思えました。帰りマンでは異邦人(異星人)への行き過ぎた恐怖が悲劇を生むのですが、今回はそのあたりの話は希薄で、何時もの宇宙人だから悪いという図式の上に話をつなげているので、メイツ星人がもう一度地球人を信じてみようという部分が他の宇宙人を出しても印象は同じなんだろうな、と思えてしまうのが残念でなりません。それは親メイツ星人を介護していた孤児の少年の存在が大きく、彼もまた町の異端者だっただけに悲劇性を増加させていたのですが、悲劇の話を聞いて育った少女が大人になって~というだけではもう一つ盛り上がらないというか、説得力に欠けるというか。今の時代、差別やいじめなど前の主題に関連させるテーマはさらに深刻化しているのですから、やはりあの孤児の少年が生きて話しに絡んでくれば、もう少し前作との関連性が深まってぐっと濃い話になったと思うのですが、まあそのあたりは難しいよなあ。時代が違うし。
 でも、この話は子供向けであっても、今の大人向け(当時の子供向け)に作っているのは明白だから、この話の後日談を作ろうというのならその部分、もう少し配慮して欲しかったことも事実です。メビウスって、こういう展開の話が多いからよけい目に付くのですよ。あー何だかもったいない気もします。なので慎重に丁寧に話を作って欲しい物です。
ウルトラマンは難しいな。

小さな汽車

ワールド工芸のナローSL

 写真は先日買ってきてもらった、ワールド工芸のナローSLです。全金属の組み立てキットでなおかつSL。コレはかなり苦戦しそうな予感ですが、まあ、何とか走るもののなればいいかなと思います。
 こんな可愛いSLが昔は日本のあちこちで、走っていたのですが、さすがに乗ったことがないなあ~と思っていたら、な、何と意外なところで遭遇していることに気がつきました。
 西武山口線、今でこそ新交通システムになってしまいましたが、その昔はおとぎ電車&SLとして、井笠鉄道や頚城鉄道のコッペルが客車を引いて走っていたのです、ってこの話はナローにちょっと詳しい人ならばご存知な話ですよね。
 それにしてもあの時、両親や学校の遠足などで乗っていたSL列車が、井笠鉄道のものだったとは・・・。正直驚きでした。あの時は全然意識なんてしていませんでしたしねぇ。
 意外なところで、意外なものに乗っているのですね。

こういうものが出る世の中なのだ

シールドライガー

 コトブキヤという第3勢力のメーカー?から、トミーが独自展開してきた男児向け玩具「ゾイド」のシールドライガーが、プラモデルとしてリリースされました。「ゾイド」ってメーカー原作のオリジナル商品として、かなり前から出ていたものですが、ここ数年来のアニメ化や、オタク的すそ野広がりのなかで、何となく人気を盛り返してきた感じがあるキャラクター?といえるかもしれません。
 デザイン的にはかなり行っちゃったものから、常識的なものまで古今東西の動物恐竜をモチーフにしたメカなので、当たり外れや好き嫌いはあると思います。ま、そんな中で今回初のプラモとしてリリースされたシールドライガーはゾイドのキャラとして代表的な一体と呼べるものであり、まずはこれから、というのもうなずける選択です。
 考えてみれば、こんなに美味しい?キャラがいっぱいなのに、トミーはコレをプラモデルにしようとは積極的に思わなかったようで、コトブキヤが名乗りを挙げて開発しなければ、こうしてリアルモデルになることもなかったでしょうなあ。それだけに今回のキット化は本当にめでたいですなあ。
 次はコマンドウルフを予定だそうで、これもすごーく楽しみです。ンでその次はジェノザウラーかサーベルタイガーがいいなあ。

THUNDERBIRDS A GO!

さんだーばーど、あーごー

今年もまた?サンダーバード展を渋谷のパルコでやるそうです。何だかこのところ毎年この手の企画展が開催されていたようなきがするなあ。まあ、よいのだけど。
 ITCの数ある作品の中で、もっとも有名で完成度の高い作品として知られるサンダーバードは、今更解説など不要の作品ですよね。少なくとも40歳以上の元少年の頭の中では、この作品と音楽が刷り込まれているはずです。
 そんな作品の企画展ですから、毎回毎回行ってもドキワクもので眺めてしまいますねぇ。今年は日本上陸40周年だそうで、いろいろその手のイベントや出版物、グッズも出ていますから、コレクター泣かせの一年となっているようですなあ。
 やはりサンダーバードメカで一番の人気は2号でしょうか?個人的には1号も好きですが、今回は何が登場するのだろうと言う2号コンテナンには毎回毎回ドキドキもので見ていた記憶があります。特にジェットモグラが出た時は、おお!見たいな感じで。友人同士でごひいきメカの自慢しあいなどしたものですねぇ。
 ちょっと前にリメイクされましたが、やはりオリジナルを越えるパワーは持っていなかったようですね、ま、その意気込みは必要ですが。
 サンダーバードが活躍した舞台となる2065年まで、あと59年。もしかしたら生きていそうです(笑)。

買うぞ買うぞ買ってるぞ!

ワールド模型のキット

写真は先週の鉄道模型ショーの物販コーナーで、買っていただいておいたものです。って全部ワールド模型の金属製HOナローのキットばかりなんですが(汗)。
 ショーに行った友人に、ワールドのキットで半額程度の値段なら、とりあえずおさえて連絡くれ、みたいなやり取りを午前中仕事しながら、その後、清里に移動の「あずさ」の中でしていたのですが(笑)、結局、4点にもなってしまいました(汗)。あー何だかな、こんなに買っていいのかなあ~という疑問が頭をぐるぐるしつつ結局お迎えしちゃう、自分の意思の薄弱さにあきれるなあ。ま全部定価で買うと、えらい金額になることを考えれば、これでよしとしよう!という何時もの安直な言い訳で占めてしまうのでした~。

5555

5555

まあ、なんだかつまりいわゆるキリ番です。
 5555って、自分で踏んじゃいました(笑)。ぞろ目ですからねぇ、それなりにめでたい~とか。

そうか出るのか

名鉄モ510

 11月になりました。今年もあと2カ月、年末に向けてラストスパートですなあ、仕事やお財布にも~って今月もそれなりに増車の気配がありそうな我が電鉄だったりするのですが、とりあえずハセガワモデモのモ750が今月中?に延期になってしまいました。何だかな~鉄道模型にはよくある話なのですが、予定通りでないのはちと悲しいです。
 そんな中、先月あった模型ショーに、トミックスがHOで名鉄モ510を出すと言う話を聞きました~おお!やったぞ!!。
 今は無き名鉄の岐阜市内線を走っていた愛すべき車両たちですが、カツミとイモンが製品化していたはずです、でもかな~り高いので買えません。そこでのトミックスからの製品化はものすごく嬉しいなあ~。

 な、なんとか2台は買わんとな~え、何する気だオレ。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。