スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TX 1周年~

つくばエクスプレス

一年前の今日、首都圏に長距離路線の鉄道が誕生しました。その名も「つくばエクスプレス」全線高架&地下路線で踏み切りなしで最高速は130キロという、これまでにない高規格の鉄道でした。この陸の孤島地帯を結ぶ鉄道がどういう経過をたどるのか、鉄道ファンならずとも気になるところだったのですが、概ね好評のうちに乗客も増えて、一応無難な船出をしたというところなのでしょう。ちなみに一日の利用客数は約18万人だそうで、これを将来的には27万人にまで増やすことが目標だそうです。と、聞くと遠大な計画なのかなあと思いますが、沿線ではぬかりなく宅地開発が進んでおり、マンション戸立てとも、ぢりぢりと値段を上げつつ立ち上がっています。そう考えると値段はともかくとして27万人を有する路線に開拓されることも、あながち夢物語ではないのかもしれません。
 が、しかし、栄えるものあれば、ヤバイものもあるわけで、周辺の弱小私鉄は壊滅的打撃を受けているそうです。その最たる線が「流山鉄道」で、取手までの乗降客が超激減とか。もはや路線存続の死活問題となっているそうな。これを仕方がないというのは簡単ですが、当人たちは恨みがましい目であのTXを眺めているんでしょうなあ。ついでを言うなら、乗車率180%以上だったラッシュ時の常磐線が169%まで改善されたというのは、皮肉以外の何物でもありませんね。
 ともあれ、これほど大きな新路線はもう当分開通するこもないでしょうし、首都圏の残された地域の開発が一気に進むことだけは間違いないということなのでしょうねぇ。
 あ、ちなみに1周年記念グッズが、2枚組みパスネットだけというのは、堅実なのかケチなのか微妙なところですな。しかも限定2000枚。いまごろヤフオクあたりで高値推移というのはやれやれデス。
スポンサーサイト

め、冥王星がぁ~

 すでに報道されてご存知の方もいらっしゃると思いますが、太陽系9番目の惑星として長らく認知されていた「冥王星」が、どうやら惑星の座からすべり落ちそうです。昔からその大きさについて、惑星か衛星かで論議が続いていた星ですが、「セレス」「カロン」など冥王星よりも大きくても衛星扱いされている星もあるのになんでだ!状態が長く続いていていたため、今回の国際天文学連合の総会で白黒つけることになったそうな。一時は先にあげた衛星に冥王星外のもうひとつの衛星も加えて12個にする、という案もあったようですが認知されにくいという理由から却下の方向とか。
 それにしても、昔から水金地火木土天海冥~と覚えてきた太陽系の惑星がひとつ減って8個になると、この組み合わせもどこかごろが悪い気がしなくもないのですが(笑)。まあ、太陽系を舞台にしたSFとかはまた設定を考え直さないといけなくなりますね。世界は日々動いているということが何だか宇宙になると壮大ですなあ~

名鉄が・・・

 ぱのらまかー~

今日付けの中部経済新聞の1面によりますと、名鉄が新型車両を300両以上投入するという計画を打ち出したそうです。これにより老朽化した車両を一掃し、スピーディーで省エネに優れた鉄道を再生することにより名鉄の輸送力を一気に向上させるというものです。
 おお~21世紀の鉄道として当然しかるべき道を敷いているわけですね。どうやら投入されるのは、ステンレスカーなどの軽量車両で、てことはあのスカーレットレッドの車両はもう、完璧に無くなるのですねぇ。んでもって残り88両のパノラマカーもコレにて全廃となり、名鉄の歴史がひとつ終わるわけですなあ・・・仕方がないとはいえ、ちと悲しいですね。

湘南ライナー1号~a GO!

ライナー券です

JRの中には旅客扱いされていない線区もいくつか存在します。いわゆる貨物線というやつで、ここはJR貨物の列車しか普段は通りません。ですが、とある駅からの快速列車とか特別な場合は旅客扱いの列車も通ります。大体が土日休日に運転される臨時の快速だったりするのですが、その中で湘南ライナー1号は、東海道、横須賀線に平行している貨物線を走る定期列車?だったりします。まあ、横浜を経由しないのでその先にさっさと着くには便利なのですが、故に乗車率がイマイチ(そうでもないように思えるが)なので、コレ一本になってしまったという、まあその道の方々にとっては割と有名で、一度は乗ってみたい?と思わせる?線でもあります(汗)。
 なわけで、3人ばかりその道の方々と共に乗ってまいりました。こういうの、行こうと思わない限り行けませんしねぇ。
 東京駅の9番線に来た湘南ライナー1号はE257系という、あずさ、かいじでおなじみの車両。500円で必ず座れるとあってライナー券の売れ行きは上々で、あれよあれよという間にのこり50枚くらいまでに。我々も購入して着席し湘南ライナー1号は定刻に発車、と同時に缶ビールを開ける「ぷしゅ」という音が車内に響きます。ま、お疲れ様で帰る電車ですからねぇ。
 さてこの貨物線は横須賀線の途中から貨物線に入るのですが、6時34分発となれば、周りは次第に暗くなってきます。なわけでどこを走っているのかだんだんわからなくなってくるのですが、貨物線は大半がトネンルの中なので入った瞬間に「あ、貨物線なんだな」と確認出来るくらい。無論トンネルの中で何が見えるというものでもないので、つまらないといえばそれまでなのですが、未乗車線区を走っていると思えばそれなりに感動?する(わけもないか)~かもしれない(笑)。
 そんなこんなで約一時間ほどで藤沢駅に到着。さすがに小田原まで行くと帰りが辛いのでここで下車し東京に戻ることに。まあ、あっという間の乗車でしたが自己満足度は十分にあると思えました~(笑)

MRというところ

さてと、ちと昨日の続き。私は元々一戸建て志向なのですが、ウチの連れ合いは断然マンション派です。それはまあ、嗜好の問題でもあるので、構わないのですが、いざ購入するかもしれないというお話になるとかなり問題になります。どう折り合いをつけるのかは粘り強くお話し合いするしかないのですが、永遠の問題ですねぇ。諸施設が整い管理も共同でするというマンションは利点も多いですが、所詮所有権のみ。一戸建ては土地を含めて全部が持ち物ですが、管理保全は全て自分でしなくてはありません。うーん。年をとったときはマンションの方が便利そうだなあ、でも築30年とかで自身同様かなり満身創痍だと思われますが(笑)。
 そんな気持ちを胸に?マンションのMR(モデルルーム)などに出かけると、たいていの女性は目が爛爛ですねぇ。理想の間取りに理想の家具。ここでこう暮らしたらどんなに素敵だろう~と、これでもかあ~というくらいにたたみ掛けるようなぴかぴか攻撃が待っています。ま、気持ちはわかりますけどね。んでもしばらくすれば、ここが現実とは極めてかけはなれたありえない場所であることにすぐ気がつきます。曰く、こんな部屋はありえない~とな。
 そういう意味でMRってのは本当に使えないというか、検討に値しない場所だなあと思います。まあ自分が買うべきであろう部屋の間取りに似た部分があれば、そこは一応「こんなものだろう~」くらいには理解できますがねぇ。
 それにしても住宅を買うという行為は本当に疲れることです。こうして疲れさせることで思考を麻痺させ、営業側の思う壺に乗せる?と疑心暗鬼になってしまいます。まさかねぇ。でもねぇ。
 本当に不可思議だ!

しかしまあ、なんだな

 人生一番にでかい買い物といえば、間違いなく住宅であると思います。金額的に匹敵するクルマとかも存在するもの、比較しても殆ど意味がないのですが、クルマの場合そこに実物があるということと逆に、青田買いが当然な住宅は五感の全てを発動させて想像する以外にどうしようもないことは、どこかふに落ちません。何と言っても自分の生活の全てを預けるところです。ここがなくては毎日が成り立ちません。でもやっぱり、新築の場合は頭の中で考えるだけでしか何も出来ないのは、おかしなことだなと思います。
 日本の住宅はそうなっていて、中古以外は実物がない。だから「買うときは勢いで決めたら何も考えないほうがいいです」という営業マンの言葉は的を得ているといえなくもないですが、やっぱり首を傾げてしまうことに変わりはないのです。何といってもウン千万円ですし。
 そう考えると日本で住宅を買うという行為は、よほどのお金持ちでもない限りかなりリスクだらけであり、精神的にものすごい不安を与える物なのだなあ、と思わざるを得ません。
 なんとかならんのかい、と叫んでみても耐震構造欠陥、強度不足、手抜き工事と悪くてあたりまえな事情がずらりとならんでいく現実を目の当たりにすると、気分だけは欝にさせてくれますねぇ。幻想の中で出来たはかない夢のマイホームだけを追い求めているときだけが、実は一番幸せなのかもしれないと思うと、ほんとうにやりきれないです。はあ~。

忘れていたが

パノラマDX

 少し前にトミックスの名鉄パノラマカーDXを購入していました。コレ前は2両編成だったのですが、実車が3両編成になり最近、引退してからめでたく再販となりました。
 元祖の赤いパノラマカーはまだ少し現役で走っていますが、後にでたDXの方が先に引退するなんてちと思いもよりませんでしたねぇ。
 これを買ったのは、車両はトミックスのスーパーミニカーブに対応しているからで、今はまだボードに線路だけ敷いてあるレイアウト?の上をかなり苦しいですが健気に走っています。もう少し大きなレイアウトが出来れば問題ないのですが、まあ、そのあたりは仕方がないよなあ。ない物ねだりしても仕方がないので、後は脳内妄想で済ませることにします~(笑)。

1/48が続々登場

スカイボウのティーガーⅠ

 戦車といえばタミヤの1/35がスタンダードなわけだが、このところは48に情熱を注いでいるのか、タミヤもそちらに新製品を数多く出しています。でまあ、そのうち他社からもでるであろうと思っていたら、スカイボウがティーガーⅠ(前期型&後期型)、ホビーボズがT34(76&85)を出してきました。後発だけにツィメリットコーティングしてあったり、内部構造を再現したりと別の手法をとって特徴を出してあり、いろいろ考えているのだなあ~と感心してしまいます。無論どちらも出来はいいのでサクサク作って数をそろえるというには、これほど適したシリーズはないので、さらにいろいろマニアックな車種が出て欲しいもですね。
 あ、まもなく再販されるという名作バンダイの48シリーズは本当に待ち遠しいですなあ。

8月も10日過ぎたよ

夏のピカピカァ~

 気がつくと8月も10日。何もなかったというわけじゃないが、いろいろで書き込みできず何やってんだ状態。まあ、義務じゃないので気にしていないとはいえ、ここまで書いていないと死んでるのか?とか思われても仕方がないですなあ。
 で写真は恒例、夏のポケモンスタンプラリー時季に山手線を走り回るピカチュウ電車。駅にあるポケモンスタンプを全て押すために子供と走り回っている、夏休み中らしいおトーさんを見ると少し気の毒にならないこともないが、これも重要なコミュニケーション?なんでしょうなあ。いやいやお疲れ様です
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。