スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロな乗り物で行こう(その2)

かまあげうどーん

さて、こんぴらさんを往復して(階段1085段)をへとへとになりつつ、夕方からのレトロ電車にのるために高松築港へ戻ります。その前にお昼ご飯ということで、食べるのはやはりうどん(笑)。今度はいわゆる製麺所系のお店へ行きました。琴電の栗林公園駅からとほ5分のところにある「上原屋本店」というお店。セルフ式のお店なので初体験者にはドキドキものでしたが、何とか注文して釜あげをいただきました。これがもう、んまい!!!。いや本当に東京のお店とは違うなあ。生姜の入った汁が涙ものに美味しいですよ。それにサイドオーダーのちくわ天やコロッケもおいしい!!!。やっぱり本場のうどんは違いますね。これなら毎日?毎食?食べれます~(笑)。
ことでん120

というわけで、お腹も満たしていざ、レトロ電車へ。まず高松築港から120×760の組み合わせに乗ります。どっしりとした車体に使い込まれたシートや手すり、つり革はもうムード満点で言うことないです。ちなみに120号は車齢79年とかで使い込まれています。それがいい味なんですけどね。もちろん冷房なんてありません。
120の車内

高松を発車した120×760はモーターをぶいぶい言わせながら瓦町へ。普通に運用されているのでもちろん普通のお客さんも乗ります。うきうきそわそわしているのは鉄だけなので、すぐに判別つくのが悲しいところ(笑)。こういうのが毎日走る日常って、いいなあと思いつつも走行音はうるさいし夏は暑いだろうしで、どうかなと思うのは仕方がないところ。引退もしょうがないのでしょうね。
 瓦町から長尾線に入り、高松の市街地をでると、もうあたりは田舎な雰囲気もあって車両に良く似合います。がとごとと30分弱で終点長尾駅につき、、即折り返しで出発。ちとあわただしくてトイレに行く暇もありません。行くなら車掌さんに一言は言ったほうがいいですね。
瓦町の300

そして瓦町で下車して、今度は325×300の組み合わせに乗車。こちらも使い込まれた感じが十分の古参電車たちです。特に325は戸袋が丸窓になっていて、レトロな感じがさらに高まります。私の好きな上田交通の車両にも似て個人的にはOKですねえ、ああいい感じ(愛)。
 そして再び長尾線へ。とにかく引退が決まっているこの電車たちを撮影したり、乗ったりしようとする鉄はもち私も含めてかなり?いますので、沿線では撮影していたり、乗りたり降りたりするヲタクが目に付きます(笑)。乗って楽しむのがメインな私はまず往復が基本なので、始発駅終着駅まで通して乗る中で車両を撮影したりする程度です。まあ、あとで模型作るときの資料になれば位の気持ちなので、細部拡大写真が多かったりするのですがその辺は人それぞれということで(汗)。
琴電325~

それにしてもどうしてこうも古い電車に魅力を感じるのでしょうね。今の車両の方が早く快適であることには間違いないのですが、どうも鉄としては乗せられているという感じが拭えません。ただの懐古趣味というのは簡単ですが、画一化、均一化していく世の中で、自己主張を続けるこれらの電車にはやはり今にはない良さが何処かにあるのかもしれません。便利になっていくからこそ、逆にこうした違う部分が光るのでしょう~7月の引退は残念ですが、ここはご苦労様と言って送るのがいいことなのでしょうね。
運転席はこんなです。

スポンサーサイト

つまりインターミッションだな

ヴォイジャープレミアムBOX1~3

 早い物で高松へ行ってからもう2週間~旅行記の続きが書けてません。どっかのブログのことを言えないなあ(笑)。
 ま、そんなことはさて置き、このほど別館が出来たビックカメラでやっていたオープンセールの中にこ、こんなDVDがっ!。というわけでスタートレックヴォイジャーのDVD、それもプレミアムBOX仕様のほうが、投売り状態で放置されているじゃありませんか。東京地区じゃいったいいつ放映してくれるのかまるでわからんちのこの作品、そう簡単に見ることは出来ないのだ。
 しばし、いやかなり迷ったのですが、これはSTの神様が買えということだろうと解釈し、旅行後で金欠なのにも関わらず3巻お買い上げ~
 でもまだ、4巻もあるのか。旅は果てしなく長い・・・。

レトロな乗り物で行こう(その1)

東京駅のサンライズ瀬戸&出雲

 旅なんて何時も衝動的に行きたくなるものだと思うのですが、目的が何であれ思い立ったらすぐ行動、というのが精神衛生上いちばんではないとかと思います。 んなわけで、今月末に大旧車大会があるにもかかわらず、何気に琴電野旧型車両を乗りに行って来ました。この7月で5両が引退する(冷房化向上のため)という事前の情報に加え、戦後初の国産中
型輸送機YS11も9月引退が決まっていたので、徳島から福岡へ就航しているならば乗らない手はない、ということで空陸一体合わせ技の旅となりました。
サンライズ瀬戸のBシングル

さて、高松へいくなら、やはりコレしかないでしょう、ということで「サンライズ瀬戸」に初乗車しました。前から気にはなっていたもの、機会に恵まれず今回が初めてに。この列車にはのびのびシートなるリーズナブルな席もありますが、やはりここは個室に。で、載った感想を一言で言えば「揺れない!」でしょうか。もちろん、これまでに乗車した寝台車と比べてのお話で、若干席の配置で多少の違いはあるかもしれません。
 電車寝台といえば583系が嚆矢ではありますが、あの狭い3段式とは比較するにもおこがましいこのゆったりとした個室スペースは信じられないくらいです。狭いという声や高い(6300円から)という話も十分聞いていますが、これはその金額に十分匹敵する内容だと思いました。寝台といえば客車、というのはもちろん否定しないのですが、この編成を「あさかぜ」「さくら」にも投入していればあるいはもう少し寝台車のイメージが向上したかもしれません。もっともこの金曜日発の「サンライズ瀬戸」も満席というわけではないので、やはり寝台列車という存在はもう、時代遅れなのかもしれないのは個人的は悲しいお話であります。
岡山駅での分割作業

順調に西へ向かう「サンライズ瀬戸」は岡山に定時着。ここで連れ合い?の「サンライズ出雲」

を切り離しいよいよ瀬戸大橋へ。残念なことに雨のため視界は不良ですが、この橋のすごさは実感できます。わずか数十分で瀬戸内海を渡りきり、何事もなく四国へ上陸。実は四国は事実上の初上陸なので感無量(笑)。こうして東京から一時に来ることが出来るなんて、やっぱ寝台列車はいいなあ、と思い知るひと時でもありました。
 そして7時25分定刻どおりに高松着。「サンライズ瀬戸」はなかなかどうして優秀な車両であることを実感できた初乗車となりました。

まずうどん

さて高松といえば「うどん」。コンビニの数より絶対多いんじゃないかと思えるくらいに「うどん」なわけで、早速朝食代わりに「さぬきうどん」をまず一杯です。うーむ、東京の讃岐うどんとは、ヤハリ何処か違う気がするのは本場で食べているせい?とおもいながらすすり上げてそそくさと琴電高松築港駅へ。何せ目的はうどんではなく琴電の旧車たちです。うどんは逃げませんが、電車は乗り遅れたらアウトですので(笑)。
志度線の元名古屋地下鉄

事前の調査で、夕方に旧型車のみで編成された電車が4往復くらい長尾線で走ることは確認済みだったので、まずその時間をチェック、それまでは運良く増結に当たるのを期待するしかありません。ちなみに「こんぴらさん」でおなじみの琴平へ行く本線?には旧型車は走っておらず、今では京急700、1000系や京王5000系が主力で、まあこちらもある意味旧車なのですが、さすがに生まれが昭和40年代後半ということでここではまだまだ青二才かもしれません。
今橋駅滞留線の335

というわけでさっそく一日フリー切符を購入し琴電にのります。とりあえず二つ先の瓦町で下車して荷物をコインロッカーに預けてから再びホームへ行きます。何を勘違いしたのかここで志度線に先に足が向いてしまい、朝の増結した長尾線には乗れずじまいでした(泣)。まあ、今橋駅横の工場に滞留していた325号や65号あたりを撮影できたのは救いかもしれませんけど、ちと残念です。とりあえず攻めるなら「朝の長尾線」からというのが基本になりそうです。
仏生山駅工場の1062

夕方までは時間もあるので、その間に琴平線の往復をしました。もっともただ往復ではつまらないので、途中、工場のある仏生山駅で途中下車。駅に併設してある工場の滞留線には元京王5000系を初めとする琴平線の主力がお休み中で、比較的距離も近いのでホームから十分に撮影できます。さらに駅を出たすぐ横まで伸びている線路には、元阪神電鉄の5108こと1062系がお休み中でした。かなり近くまで寄ることが出来てきたのはちと驚きでしたが、こんなところにも琴電のほのぼのさ?がでているのかもしれないです。
琴電琴平駅

終着駅の琴平駅はどっしりとした風格を持つ駅舎が見事で、さすがにこんぴらさんの玄関靴にふさわしい趣がありました。加えてこの駅構内配置は、地方都市の田舎電車のレイアウトにはうって付けの風景で、終着駅の見本みたいな感じもします。築港はちと質素すぎるし、志度駅はもう少しものたりないし、瓦町はでかいなあ~ということで、このくらいのスペースが丁度いい気がします。ウチのレイアウトも要改良ですね。

 つづく~チャレンジ2000キロより先に終わるか(?)

行った見た乗った

琴電~

 金曜日から高松琴電&YS11の旅という、空陸一体の立体的な旅を繰り広げてまいりました。いろいろありましたが、とりあえず無事に帰りましたというご報告まで・・・。

万世橋の寝台車

交通博物館

今月中旬に閉館する「交通博物館」で車両の実物展示?(でいいのかな)がされています。3月25日から4月3日まではEF55型機関車でしたが、今回はDD51形ディーゼル機関車+オハネ25形客車+オハネフ25形客車という内容。しかもテールマークはこの間、廃止された「出雲」でした。DD51にヘッドマークがついているのかどうかは、確認していませんが、あるといいですねぇ。
 普段、ありえないようなところにこうして寝台車が何気に留置してあったりすると、何事だ?という感じですね。場所柄だけに写真撮影する普通の人がわりといましたね。あ、もちろん鉄分が濃い人も(汗)。

一応、出来た

流電風の田舎電車

 先日、サフかけまで済んでいた流電風の田舎電車。やっとこ塗装も終わりました。珍しく外で撮影、色は東雲電気鉄道色?の京王アイボリーとシャアピンク(笑)。またの名をうそっこ琴電カラーともいう。
 正面はBトレの江ノ電600系なのですが、殆ど改造せずに車体とあったので助かりました。ちなみにもう二枚、前面パーツが余っているので、こいつの相方を作りたいところ。2枚扉でサハ仕様にするか、第一弾の3枚扉車でこっちもモハ仕様にするか。悩みどころですなあ。

プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。