スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWにすること

じめん~

 あ~さて、世間はいよいよGWに突入です。何も予定がないワタクシは、こんな物でも作りながら暇をつぶそうかと。
 てことで、またも短期集中レイアウト作成期間となります、多分。果たしてどこまで出来るやら…。
スポンサーサイト

タミヤがこんなの出してたのね

タミヤのロードスター

 何だか、今更かもしてないですけど、こんなものがタミヤからでいたのね、というわけで1/64コレクションズクラブのユーノスロードスター。愛すべきクルマであります。
 この手のミニカーの筆頭はトミカですが、あれはやっぱりおもちゃちっくなのは少々仕方がないところ。それに引き換え、こうした物はとりあえず大人向けですから、ついつい重箱の隅をつつくようなことをちまちまいいながら眺め回したくなる~困った物だ。
 それにしても現役のNCではなく、NAを入れるあたり、このクルマの伝説度はひしひしと伸びつつあるのだなと思えてないません。
 所有しているみなさま、大事に乗ってあげてください~。

前のブツが完成もしていないのに

まだまだですな…


 前に改造をはじめた流電風というか、西鉄もモ200(だつたかな)ぽい車両にしようとしている鉄コレ改造車両が、出来上がっているわけでもないのですが、さらに新しいことをやりだしています。
 どうなるかは自分にもわかりませんが(笑)。完成すれば?東雲電気鉄道初の貫通型車両の固定編成になります(汗)。

とりあえずできた?

改造鉄コレその1


先日買ってきたキッチンNの鉄コレ改造パーツを使っての車両が、まああなんとか形になりました。一枚目は正面窓二枚に変更し、扉も鋼製扉に変更したもの。乗降扉を切り抜くのがチト、面倒ですがやってしまえばそれなりに雰囲気も変わるのでいいなと。

改造鉄コレその2

 二枚目は正面窓だけ二枚にしたもので、他はノーマル。一枚目の車両と比べると改造前改造後みたいな感じに見ないこともないですなあ。 
 カラーはどちらも琴電風仕様。上はGMカラー28番西武アイボリー、下はガンダムカラーのシャアピンク05番。どちらもスプレーでお手軽に塗装してます。こんな風にして遊ぶのが鉄コレの真髄みたいなものなのでしょうねぇ、多分。

さらに鉄コレ改造

改造改造~

 でまあ、RMの鉄コレ特集に火をつけられたわけでもないのですが、何か改造を、と思い、やってみたのが写真の状態。ようするに流電風というかその辺です(笑)。
 この先、まだどうなるかワカリマセンが、とりあえず、こんなのありなんだろうか、と思いながら製作中です。

まったく何だかなあ~

シクレでたよ

と、思ってたら、GMでセット売りしていました。琴電車両、しかもシクレ入り(笑)。おひおひ~と思いながら買う自分が情けない(爆)。
 で、並べてみた。う~ん、塗装の良し悪しは別として塗ってあれば十分じゃないか、それを面倒くさいといってしまうと仕方がないけど。
 ま、お手軽に楽しみなら、こういうことでいいのですよ~

色塗り替えればいいじゃん

色塗り替えただけだよ

今回の鉄コレ第二弾のシクレは、琴電の62型非貫通タイプだったのですが、シクレだけに簡単に出るわけありません。そこで同じタイプの車両がフリー車両としてラインアップされているのですから、要するに色塗り替えればいいジャンということであるわけですね。
 なので、塗ってみました。製品版で塗られているオレンジっぽい赤は、本物見ると個人的には琴電色ぽくないので(このあたり主観もありますが)、それっぽい色を探していたら、な、なんとガンダムカラーのシャアピンクがそれに近いという記事を読みました。マジかよと思いつつどうせテストだしいいかあ~と塗って見たら、

 いいじゃんこれ~

 てなところ。いや~あなどれんなあガンダムカラー。
 そんあこんなで、琴電62風完成です~

鉄コレ改造~

改造中

キッチンNさんのエッチング改造パーツを入手したので、さっそくとりかかってみました。ものは旧鶴扉A。ビューゲル後期からパンタ化までの間に使用された鋼製扉で、窓位置が高いもの(解説書より)。だそうです。
 まあ鉄コレ使って何かしたいという人や、別のタイプにしようという人にはお手軽簡単改造用に最適ですよね。ドアだけではつまらないので、前面窓もレボリューションファクトリーのエッチングも使ってみました。どちらも製品の窓枠や扉を切り抜いて組み込み、瞬着で固定。使用後の感じは写真の通りです。
 後は塗装してどんな感じになるかな~というところですね。

YS11と琴電?

JAC YS-11

慢性金欠なのは仕方のないところなのですが、それでもシュミ?系には必然的に何とかしようとしてしまうのは、ヲタクの性なのでしょうか(汗)。そんなわけでもう完全に引退となってしまうYS11に、やっぱり一度は乗りたくて、コレが最後だからといういい訳もつけて乗りに行くことにしました。といっても就航路線は九州と四国。まあ遠いですわ。いやまて徳島ならその前に高松によれるな。琴電に乗れるじゃないか~♪。
 そうと決まれば猪突猛進、決行あるのみ!。こうなったらサンライズ瀬戸で高松入りして琴電を堪能し、翌日、徳島からYS11で福岡を経由して東京に戻る。うん、完璧なプランだあ(笑)。
 というわけで、GW後に出撃予定~。

やっとでた

天賞堂EF16奥羽線タイプ

 何気に携帯電話にかかってきたのは天賞堂からのお知らせ、そうまったくもって毎度毎度何ヶ月遅れるのか予想もつかない、HOの鉄道模型入荷のお知らせである。何せ最初の予定は去年の夏だっけ?いま4月ですよん。何だか中国の工場で検品ミスがあって、その影響もあったと聞いているけど、それにしてもお待たせすぎ。ま、おかげでたっぷりと資金の準備ができるのはいいこと?なのですが。
 今回増車したのはEF16の奥羽タイプ。いわゆるEF15からの改装組ですね。スノウプロウやらツララ切りやらの耐寒装備が物々しいですがそれもまた魅力のひとつ~。戦前からがんがん走っていた電機はいいですなあ。蒸気の傍らにあってもあまり違和感がありません。
 早いところ貨車を山ほど引かせて走らせたいものですが、そんなスペースはもちろんウチにはありません。何時もの直線区間を往復のみ、ああ。こうしてウチのHOは動態保存がせいぜいという状況から、抜け出すことは出来ないのでありました~(泣)。

 次は9600か?

似合う似合う~

いいじゃん~この感じ

で置いてみた。終端駅のレイアウトにはこんな車両が良く似合う。琴電ええなあ。でももう100%冷房化のため旧車は引退だとか。見に行くのりに行くなら今のうちなんですがねぇ。て行かないと乗れません。
 行きますか~高松まで。

鉄コレ第二弾~!

ことでん~

トミーテックの鉄道コレクション、第二弾が発売されましたので早速購入~我東雲電気鉄道も増車です。今回の目玉は琴電ですね。カラーリングといい、選別といいローカル私鉄にはもってこいの車両ですねぇ。
 一番人気は62号車?あとフリー車両の非貫通タイプも人気かなあ。新潟交通のモワもいい感じです。どれもこれも申し分ないのですが、第一弾に比べて塗装が雑なのが難点です。細かなほこりの付着や荒い仕上げなど、いただけない点があって納得できません。第一弾のほうが、はるかにいい感じでした。急ぎすぎじゃないか?トミーテック??。
 こういう製品は発売延期はよくあることなので、時間をかけてもいい商品に仕上げて欲しいのは誰もが思うはず。元がいいのですから何とか万人が納得できるレベルでまとめて欲しいです。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。