スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48へッツァー(大洗女子学園風味)

 本日はヤマト2199第六章の劇場公開日でした。
 朝イチから出向きましたが満席と盛況で、ここにきてヤマトの盛り上がりを感じますね。
 TVでは8月ごろの放映になるでしょうけど、ここで書くとネタバレになるし控えておきます。まあ、ちょっと探してしまえばすぐに見つかってしまうから、知りたくない方はお気をつけください。

大洗ヘッツァー仕様38t
 そんなことはさておき、別の方面で盛り上がっているガルパンです。
 映画にもなるとかで、まさかwwⅡ時代の戦車に女子高生のせたらこんなになると・・・みたいな。
 ご多分に漏れず、今ごろちらっと作ったりしてますがー。
 写真はタミヤ1/48ヘッツァーの大洗女子学園生徒会かめさんチーム仕様、てか風味。素組みだし、ウォッシングもウエザリングも大してしてない。昔ならそんなの戦車のプラモじゃないよ、といわれそうだけど、昨今はガルパンのおかげでその辺を少し多めに見てもらえるというか(笑)。
 敷居を下げたのは間違いないだろうなあ。
うえから
 完成しないより完成せさせた方が嬉しいし楽しいしね。CGデータ仕様にきっちり作るのもいいし(これは凄く大変だけど:笑)、素組みにデカールだけでも作り上げた人の勝ちだと思います。趣味だしね~。
 しかし、1/48はちっちゃくていいね。場所とらないしね。
スポンサーサイト

回収の謎

0519-11.jpg
 ホビーショー前に発売になったタミヤのティーガーⅠの後期型ですが、発売後すぐに製品不良で回収となりました。詳しくはタミヤのHPにありますが、それによりますと部品の成型不良があるとか。
 発売直後にお店に出向いても置いてなかったのはそういうことだったのかーと、それはそれで納得したのですが、今度は部品の成型不良ってナニ?ということなのですが・・・。

 写真は先日の静岡ホビーショーの時に行われたタミヤオープンハウスのアウトレットで買えたティーガーⅠ後期型ですが、まあ経緯がそういうことであるならば、ここにあってもおかしくはない?ということだったのだろうか。

 会場で手に取った時、そんな疑問もわいたので、近くにいたタミヤ社員に聞いてみると、このBOXの中のパーツ全部でティーガーⅠがちゃんと組みあがることは間違いないのだが、一部の部品に間違いがありそこだけが後期型でないということ。ティーガーに凄く詳しい人ならわかるかもしれないけど、全体として後期型のティーガーではないといえなくないので、今回は回収したという話。

 うーん、奥が深い。
 タミヤ的には当然とははいえ、プライドがありますしねぇ。
 しかし、どこが違うのか?ランナーを眺めただけで分かれば、もう詳しい人ということになるのでしょうが(笑)。
 そんなわけでもう絶対に二度と市場に出回ることのないエラーキットということになるのでしょうけど、分からなければあんまり意味はないのかなあ~

 どこだ!どこが違うのだろー?知っている方?いますか??

今さらながら

ガルパンデカールvol1
 ずーっと眺めているだけでしたけど、モデルカステンからこうしてデカールもでたことだし、また戦車道に足を突っ込もうか?否か(笑)。
 スケールモデルですが、こうやってお手軽に楽しむのは悪いことじゃないしなあ。
 この場合、画面に映っている車輌のディテールがすべてなのでしょうけど、雑誌にも書かれてあるようにサクッと素組でデカール張ればそれでよいのですよねぇ。

 それにしても「プラッツ」のキットは確かにひどいなあ。デカール代ですか?これ。ガルパンのキャラキット?として名をうつならせめてパッケージどおりの物に近いものが組みあがらないとねぇ。

 スポンサー話があったにも関わらず、丁重にお断り?して労せず漁夫の利?を得ているのはタミヤだよね。
 Ⅳ号D型がこんなに店頭から無くなるなんて(笑)。

 リハビリはナニにしようかな。J型の放置してあるやつを何かにしますか・・・

1/48が続々登場

スカイボウのティーガーⅠ

 戦車といえばタミヤの1/35がスタンダードなわけだが、このところは48に情熱を注いでいるのか、タミヤもそちらに新製品を数多く出しています。でまあ、そのうち他社からもでるであろうと思っていたら、スカイボウがティーガーⅠ(前期型&後期型)、ホビーボズがT34(76&85)を出してきました。後発だけにツィメリットコーティングしてあったり、内部構造を再現したりと別の手法をとって特徴を出してあり、いろいろ考えているのだなあ~と感心してしまいます。無論どちらも出来はいいのでサクサク作って数をそろえるというには、これほど適したシリーズはないので、さらにいろいろマニアックな車種が出て欲しいもですね。
 あ、まもなく再販されるという名作バンダイの48シリーズは本当に待ち遠しいですなあ。

タミヤのヨンパチ戦車~

タミヤ1/48Ⅲ号戦車

そういや戦車ネタって一本も書いてなかったな~というわけで戦車ネタ。
 先月発売したタミヤの1/48ドイツⅢ号戦車です。このシリーズはここ数年、タミヤが精力的に展開しているシリーズで、組み立てやすさと価格を抑えた展開でそれなりに新たなユーザー獲得に成功しているシリーズです。タミヤには本家本元の1/35MMという伝統あるシリーズがあるのですが、価格高騰と顧客層が固定化して先が少し停滞気味だったので、この新しいスケールの展開は戦車なんて造ったこともない人にも取り組んでもらえる物として期待が大きいのだと思います。
 ま、価格や組みやすさに重点を置いているということは、間違いなくガンダムしか作ったことのないユーザーに向けて、アピールしているのではないのか?とか思えるところがあるのですが、今回発売されたⅢ号を見て、OVMなどが前作よりも細かくなってきたと感じる限り、組やすさよりも、AFVユーザーよりの細かさを追求する方向へ行くのかなと思えたことが気になりました。車体をダイカストにするなど、何か話題を作ろうとしている1/48ですが、1/35と同じ方向性を持つ必要があるかどうかは疑問です。単にスケールが違うだけというだけでは、もうひとつアピールする物が足りないし、方向性も違うような気もします。これを入門として大きな1/35にステップアップしてくることを考えているのならば、組み立てやすさは重要なポイントになると思えるのですが、旧来のMMファンの声や目を気にしているならば、それはとりあえずやめたほうがいいんじゃないかな~と思うのですが。
 戦車模型は流行らないんですかねぇ、やっぱり…。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。