スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡ホビーショー

 土曜日に静岡ホビーショーへ出向いてきました。ちと遠いのですがまあ気合で日帰り。
 今回も各社からいろいろと物欲をそそる新製品が発表されていました。

プラッツ キハ40形
 まずはプラッツのZゲージキハ40。金型は仕上がっていて彩色見本もできていた。どうしてもロクハンのキハ52と比較してしまうけど、そんなに悪くはない。むしろ頑張ってる感じ。某掲示板で叩かれていることは十分承知のようで、それにくじけないよう頑張っているとのこと。二軸モーターで全輪集電とのこと。だったら登坂力とか期待できるのだけど。もちろん食玩のような形態ではなく普通に鉄道模型として売るらしい。夏から秋と言っていたけど、来春までにでれば御の字かなあ。バリエーション展開は取りあえずあるらしい。

クラウン485系
 いろいろ言われていたクラウンの485系。食玩時代と較べてうーん・・・正直印象が変わらない。さすがにカプラーはアーノルドだけど。あ、室内灯は最初からあるよね?確認しなかったけど(笑)。

modemo 江ノ電 えのんくん号
 こちらも待たされているモデモの江ノ電、えのんくん号。ライトは点灯しないけど中間のジャバラは新造型。しかしというか当然ながら限定生産なので今回を外せばもう買えない。あ、でも江ノ電の特別色車輌はいつもそうだったかな。明治製菓号は再生産したけど。

バンダイ ゲルバデス級戦闘空母 ダロルド
 次はヤマト関連。サプライズだったのは戦闘空母の発表。何の前触れもなかったので本当に驚いた。8月発売も決定している。三段空母は参考出品はされていたけど、製品化の正式発表はないし。6月の第六章でついに七色星団の戦いが描かれるけど、それを見越してのことなのか?もちろん重爆撃機とドリルミサイルのオマケつき。噂ではヤマトの波動砲に刺せるドリルミサイルも付属するらしい。

0518-5.jpg
 5月末に発売されるポリメリア級強襲空母も展示。もうこれで製品版だと思う。上面のさらっとした感じに比べ、下面は凄いモールドの嵐。スミ入れしがいがあります(笑)製品化されることは他の艦船よりもないと思っていただけに、これは本当に驚きでした。このへん本気なんだろうなあと思えます。

プレミアムバンダイ メ号作戦セット
 こっちはプレミアムバンダイが展開する商品。先に親衛隊仕様のデストリア級などの三隻セットがでていますけどこれは第二弾。なんと国連宇宙海軍メ号作戦セット。全22艦がこれでそろうと。模型誌ではいろいろ作例もされていますけど、これひとつで全部できちゃう。17850円だけどまあ、バラで買うか否か・・・微妙ですねぇ。

バンダイ HGゾゴック
 ガンダム関連はMGがバージョン3に進化していたけど、そっちはともかくユニコーンのお陰でトンデモMSVが次々とHGされるこの祭はまだ続くようで(笑)。今回はゾゴックですと。去年のジュアッグよりさらにぶっとんだ存在ですからねぇ、これ。ver3はともかくこっちは欲しい(笑)。

バンダイ HGドーベンウルフ
 さらにドーベンウルフ。ZZ仕様ではないけど、旧製品とは比較にならない出来だろうから楽しみ。もはやジャムルフィンとか出ても驚かない。てかいい加減にボリノークサマーン出して欲しい。
 写真を上げるの忘れたけどメッサーラもめでたくHGですねぇ。これもついにですねぇ。あ、ガーベラ・デトラもすごく楽しみだ。

10式戦車
 スケールものでは今回の目玉といえるタミヤの10式戦車。何も言うことなく10式に見えるし組みやすく、バケットなど工夫も見えて期待できます。実際に実物を目にすることができるAFVだけに気合の入れ具合が感じられてよいですね。これは買いです。

 戦車といえばガルパンことガールズウントパンツァーが今流行りですが、そんな関連も山盛り。戦車といえば総本山のタミヤが絡むことはないので、その他が頑張っていますが。
会長の角谷だ・・・
 プラッツが企画しているガルパンフィギュア。同じフィギュアでもボークスは彩色済らしいけどプラッツはレジンキットらしい。瞳デカールは付属するらしい。まあ戦車だけじゃなくてフィギュアが欲しくなるのは当然だから嬉しいのですけど、ちゃんと数を流通させて欲しいな。
カチューシャ&ノンナ
 こっちはプラウダ高校のカチューシャとノンナ。何故か肩車状態(笑)。ちゃんと一人づつのも欲しいな。あとはダージリンとオレンジペコもお願いします。

 そんな感じで今回もいっぱい。
 どれから買うというより全部だろ、といわれそうだなあ。でも楽しみですね。
スポンサーサイト

模型ショーの新製品見て

まだまだ・・・。
 静岡の模型ショーも終わって、雑誌、ネット上でも新製品の出来具合などが公開されていますね。夏~秋に向けての新製品にいろいろ期待しています~。
 今回も1/350スケールを中心に艦船モデルがにぎやかですね。ちょっと前まで、誰が1/350の長良なんて予想できたでしょう。阿賀野型まで出ちゃうこのご時世。もはや驚きを越えて怖いくらいです。一体どこまで行くのやら?。そんでもって、どこで唐突に終わるんでしょうね。何せ半端じゃない大きさですから、作っても作らなくても大変なことになります。そんなに買えないよ。
 なので、期待するのは発表された1/700の航空母艦「蒼龍」。まさか出るなんて思わなかった。何せ有名でも資料の少ない艦ですから、いろいろ大変でしょうけど、今のレベルに即し他完成度の高い製品として出てくることを期待しています。
 戦車はファインモールドの五式中戦車。凄いチョイスだな。架空モノのほうがいけるんかな?MM300作がマチルダというのも、驚く反面、ああそうかーみたいなところはなくもないので、素直に歓迎。
 変なところではフォークリフトとか、エレトラックとかのいわゆる荷車。うーむ、アオシマのチャレンジグなスピリッツには驚愕します~。

 気がつけばガンダムは30周年でっすよ。30周年・・・。すごいなーこれだけ息の長い扱われ方をするキャラクターなんていませんねぇ。ま、ウラを返せば他にないともいう。ファースト以外の亜流ガンダムも含めて、結局はその名前を冠しないとダメという感じでは、長い目で見てきた自分としてはこの先40、50年と経ってもまだやってるんだね。としかいえなくなる。もちろんプラモデルという製品の出来で言うならば、メカコレ時代に可動箇所を増やそうと躍起になっていた自分が、愚かしく思えるほどの高い完成度があるのだから、素直に嬉しいというか、長生きしてよかったねと思えるしかないのだけどね。
 まあ、可動とプロポーションの両立という二律背反をほぼクリアしつつある現在においては、何が今後のポイントになるのか分からないのが本音です。そりゃ、やり残していること?はまだまだある?のかもしれないけど、プラモとしてはほぼ頂点にある気がするなあ。
 すると、大昔からブラスの鉄道模型で人気SLが何度も製品化されているのと同じで、あそこが、ここが、こうかわったみたいなことしかないのかな?。
 それにしても、零戦、大和、ティーガーⅠ、んでガンダムとザクという定番がこれからも続いていく~という図式になるのかな???。

 あーそうだ、天賞堂が突然ZゲージのD51って?何で?EF81はつぶれたのに?。しかもマルイのパワコンは使えないとからしいので。あれ?
 日本じゃZはのらないね。もう少し盛り上がるかと思ったのにな。
 
 ウチのへたれナロー蒸気はまだまだ完成まで遠い感じです。

珍しく観光

ニッカウヰスキー仙台工場
 宿の翌日。今回は金、土という日程で出かけたので、帰る時間にかなり余裕があった~ということでもないのですが、仙台まで出て作並にあるニッカウヰスキーの仙台工場を見学してきました。
 大体、早めに帰っちゃううちの旅行パターンですが、今回は家人がやけに乗り気でした。まあ、ウイスキーですからねぇ(笑)。
 仙台駅から仙石線に乗って30分くらい、作並駅で下車して徒歩20分くらいですが、土日は向上と駅の間に送迎バスがありますので、コレを利用すると便利です。大体仙石線の着時間に合わせてあるので、待つことも無く工場へいけました。

 さて仙台工場。赤レンガの棟が並んでいると、ここがウイスキーの工場らしくて中々よい雰囲気です。一度、メインホールみたいなところに集合して、時間になるとガイドさんが案内してくれます。試飲の時間も入れて大体30分くらいでしょうか。土曜には作業をしているので、各棟に行くと煮物のような匂いがして、それがだんだんと記憶にあるウイスキーの匂いに変わっていくのが分かります。ええのう・・・。して最後の貯蔵蔵では、最近仕込んだ樽と、20年以上仕込んだ樽まで匂いをかいだりすることが出来るのですが、その高級な香りに「ああこれぞウイスキー」みたいな余韻が頭を貫いて、次の試飲に期待を持たせてくれます。
 そして試飲。5年、10年の宮城峡にブレンデッドのスーパーニッカとアップルワインが用意されてます。ちなみにドライバー向けには十六茶とオレンジジュース(笑)。
 やっぱり10年がこの中では一番豊穣な香りで舌の感触もよく、とても美味しいウイスキーだと思いました。一人1グラスなのが惜しいですが。と思っていたら、ショップの有料試飲コーナーには原酒の5~25年ものが5年刻みで用意されていて、その香りと味を楽しむことが出来るのですよ。いいねぇここ。あ、余市も良かったけど。
 この原酒シリーズは工場しか売っていないので、たまりませんね。宮城峡とはまた一味もふた味も違うシングルモルトを味わえます。しかも買えるしねぇ。ああ、天国。

 そんなわけで予算の都合により10年もの原酒と、ゴム婚記念8年モルト原酒を買ってきました。
 あ、でももうほぼ無いんだよなーまた行かないとなー(笑)。

仙台駅の「はやて」
 帰りはすぱっと「はやて」で。んー確かにはやてって早いね。仙台から東京なんてすぐじゃん~と思えるくらいだった気がする。もう少し乗ってないと、ビール飲んで弁当食べてアイスまで行くのが忙しくて困る~。

宿の感想みたいなもの・・・

露天風呂
 何だか4月が終わっちゃいそうな雰囲気ですが、北旅の話。
 そなわけで、今回止まったのが温泉山荘「だいこんの花」という旅館?。18戸に専用露天風呂がついた宿で、食事は専用農園で栽培された野菜がメインというお宿。どんなところかは、ググっていただければ、料金共々出来ますのでそちらを参照してくださいまし。

 なので、何となく感想など。まあ、今時の流行の女性受けがいいお宿、といえば間違いないのでしょうけど確かにその通り(笑)。野菜メインの料理やエステ、専用露天風呂、小奇麗な独立したコテージなど。値段に恥じない(笑)素敵な内容であることには間違いありません。

 料理はどれも野菜野菜~という主旨のものですが、前沢牛や鯛の刺身などそうしたものもアレンジされた内容です。もちろんかなり美味しい。〆の桜寿司なんてまあ、美味しいこと~。
 とにかく他のお客さんと出会わないことが、コンセプトの一つみたいなので、レストランやサロンのある棟に行かない限り、誰もいないみたいな感じです。故にとても静か。よいことですけどね。
 部屋には専用の露天風呂がついていますが、他に4つのお風呂(貸切3つ:無料24時間)があるので、正直、部屋には無くてもいいかなと思えたのも事実。そうだと少し宿泊料金が安くなるのでね。もし次回行くならそれもいいなと。

 そんなわけで、とても落ち着ける、いや家の部屋より広すぎて落ち着けない(笑)という事もあるような、無いようなですが、静かな場所でゆっくり出来るというのは、その通りでしょう。つい、酒が進む。ちと一泊では物足りないくらいですけど・・・何せ宿泊料金が高いよ(汗)。
 あとはー個人的にお風呂やコテージというか、旅館自体が杉の木に囲まれているので、花粉シーズンには絶対行けません(笑)。露天風呂で何気に見上げた時、木が全部杉なんだもん、驚いたよ。

 それと、やっぱりクルマで行った方がいろいろ便利かも。蔵王エコーラインの終点だしね。さーっとろどすたとかで気持ちよく走って、今日のお宿はここ、みたいな。新幹線の白石蔵王駅からはバスで50分、宿が出してくれる乗り合いタクシーで35分くらいだけど、ちと遠いのは変わりません。時間の都合を付けたいならやっぱクルマだろうねぇ。
 仙台でレンタして、周辺を観光し、宿はだいこんで、翌日、蔵王を走り山形で返却して、また新幹線で帰るみたいな行程。逆もいいかなあ。
 素敵宿ではありますが、早々いけるところではありませんでした。あはは。
 

4月じゃん

 4月になりました。何だか明日からよーやく暖かくなるようで、東京も春本格化というとこなのでしょうか?この週末はまさにお花見本番ですが、多分、近所の公園で済ませると思います。名所は確かに綺麗ですが、あの人の多さにはね。酒で酔う前に人に酔いますよ。
 何てことは置いといて、話はやっぱり鉄道模型(笑)。先日、倒産したドイツの老舗メーカーメルクリン。今はドイツ人の管財人のもとで、ゆっくり再建計画をまとめているところだそうです、やれやれ。
 正直、メルクリンほどのメーカーでもつぶれるんだなあ、とか思っていましたら、そのウラにはゴールドマンサックスとかの投資会社ががっつり握っていて、あれこれ指図していたんですね。そんなことがつぶれる原因のひとつであったことは想像できますが、それにしてもまあ、あらゆるところで米国発の金融関連騒動は影響しています。まあ、多くのファンも個人的な支援をしていることですし、完全消滅は無いと思いますが。
 そんなメルクリンでも、今や買う人も減少しているとか。ドイツの子供もDSやPSPが好きらしい。これもご時世ということなのでしょうね。
 
 さて、もしもこんなことが日本で起きたら?タミヤやKATOあたりが倒産したら、ユーザーはどの程度真剣に救済の手を差し伸べるのでしょうか?。
 仕方がないね、で片付けるのは簡単ですが、これまでお世話になってきたことを考えれば、何がしかのアクションは起こしてしかるべき、なのがファンという立場なのだと思いますけど、そこまで考えるのは中年以上だろうなあ。
 昔、フジミやイマイが一度はつぶれてしまったときも、何もそういうこうどうはなかったしねぇ。もっとも今と違ってネットやら何か情報発信、意見を発信できる場はなかったけど。

 ただ、これまで自分の趣味としての模型を支えてくれたメーカーが危機なら、それを助けたい気持ちにみんな変わりはないと思うのですが、人をそういう気持ちにさせるかどうかって、趣味の文化的成熟度の差が出そうなので、かなり難しいことじゃないかなと思います。その辺、深そうで実は薄っぺらいのが日本人だから、と思えていまうので(汗)。バンダイつぶれて、ガンプラ新製品が出なくなったら、そこで廃れていくだけなんだろうなあ~と思えるだけにどうも。
 もっとも石油が枯渇すれば、この趣味は終わりなんですけどね~
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。