スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第49話(最終話)「クライマックスは続くよどこまでも」

 遂に来てしまいました最終回。最後の最後まで本当にどうなるかわからない電王の展開だっただけに、この最終回は寂しい限りですが、また待ちに待った最終回でもありました。うほーいくぜ最終回。
 前回、良太郎たちの時間を消すために最後の力を解放しようとするカイ。その下ではゼロノスゼロフォームが、デスイマジン相手に大苦戦していました。その一撃で変身まで解除させてしまうデスイマジンの力におののく侑斗。カードを全て使ってしまった以上、割れる空には手の打ちようがありません。
 そんな中に到着したデンライナー。降り立つ良太郎とモモタロス。空を見上げ、ココに来て迷いなはいな、と尋ねるモモタロスに良太郎は躊躇しつつ、改めて望みとして「最後まで一緒に戦ってくれ」とモモタロスに告げます。頷くモモタロスと共にライナーフォームに変身した良太郎はイマジンの群れに突っ込んで行きます。多勢に無勢の中、モモタロスにイマジンの大群をまかせ、高層ビルの屋上でカイと対峙する良太郎。「こんな時間は全て消してやる」というカイに「絶対させない」と答える良太郎。止めに走るもデスイマジンの猛攻にライナーフォームではちと太刀打ちできないようです。そんな良太郎は、カイに飛びつき共に屋上からダイブという荒業。その瞬間、全てを消し去る力が放たれます。良太郎の危機を察知したリュウタロスは、怖さを振り払って良太郎を助けに走り何とかキャッチ?してすくい上げます。気がつくカイは、全てが終ったを不敵に笑いますが、立ち上がると周囲のビル群が少しだけしか破壊されていない状況に驚きます、何故だと。
 それに対して良太郎は、未来への鍵が残っているから時間は消えない。愛理と桜井侑斗が記憶から消した赤ん坊が生きているからだといいます。そしてその子供はコハナ=ハナであり、彼女こそが未来への鍵だというのでした。って、あははそういう展開になっていってしまいましたね~ま、それもありだけど。
 驚愕のカイに、今度は全てつぶすと言い放ち、残るイマジンを差し向けます。デネブから最後の一枚、この一枚が最後の桜井侑斗の記憶の一枚だと告げた変身カードを受け取り、侑斗はゼロノスに変身。良太郎もモモタロスと共に、そしてナオミが過去から連れ戻してきたウラタロス、キンタロス、そしてジークもやって来ての大乱戦となります。電王ガンフォーム、からアックスフォーム、ロッドフォームと連続変身し最後はもちろんソードフォームで「俺、参上!」全員が協力してエネルギーを結集し本当の、そして最後の「俺の必殺技ファイナルバージョン!」で、デスイマジンを粉砕するのでした。が、しかし、その瞬間、イマジンとの全ての時間が現代と途切れ、カイは「イマジンは全てこの時間から消える」と言って消滅。同時にそこにいたイマジンも全て消えるのでした。もちろん、モモタロスも消えて良太郎は変身を解除、それは侑斗も同じでした。
「お別れもいえなった」と嘆く良太郎。確かにこうなることは分かっていたこととはいえ、いざなってしまったことに呆然とするしかない良太郎でした。
 しかーし!モモタロスたちは無事でした。これまでの良太郎と共に過ごしてきた時間が記憶の形となり、モモタロスたちは消えることが無かったのでした。喜び勇んで駆け寄る良太郎。これもそれも全ては良太郎のモモタロスたちに対する気持ちの強さの現われということでしょうか。同じようにデネブもまた、侑斗の元に戻ることが出来たのでした。ただ一人、本当に全ての記憶を使い果たした桜井侑斗だけは、この時間からきてしまいましたが。「必ず未来で会える」という愛理の言葉だけが救いといえるのでしょうね。
 この時間は守られました。良太郎はオーナーにパスを返し、デンライナーを降りることに。昔の日々が戻り、別れの時が来ました。自転車で走る良太郎の横にゼロライナーから手を振る侑斗とデネブ。続いてデンライナーが滑り込み、ウラタロス、キンタロス、リュウタロス、ジーク、ナオミ、コハナが手を振ります。最後の最後まで意地を張っていたモモタロスも「また会おうぜ!」という言葉と共にデンライナーは時間の中に消えていくのでした。さらばデンライナーさらば電王~さらば愛しきイマジンたち~。

 というわけで一年間の放映が終りました。本当に最後までどうなるかわからない展開に毎週楽しみ~という電王でした。ハナが途中でコケたと時はどうなる?とい思いましたが、無事、とてもいい最終回を見れたことにいち電王ファンとしては素直に拍手を贈りたいです。どうも最終回や全体の流れががイマイチな作品が多い?平成ライダーシリーズですが、今回はかーなーりぃ、すっきりとした結末ではなかったでしょうか。ついでを言えば、電王はいくらでも?続編がつくれそうですね。平穏な生活をおくる良太郎に、ある日モモタロスがひょっこりやってきて「おい、良太郎、この時間がヤバイ」とか言って連れて行ってしまうとか。この辺は時間モノの気軽さでお話は幾らでも?イケそうです。
 電車に乗るライダー(笑)とか言われて、最初はかなり半信半疑な状況でしたが、キャラも各人立って、いや立ちすぎて(大笑)お互い引っ張り合う結果を生み、ちと埋没するかと思われた良太郎も頑張って面白いキャラクターになりました。侑斗&デネブの存在もライバルとして盛り立てていましたし、なくてはならない存在としてありました。
 イマジンという存在も、敵側がどうも侵略意図がイマイチ不明なライダーモノの中でまあ、わかりやすい敵ではありました。未来人はエネルギー体としてしか存在しておらず、彼らにとって快適な世界を作るには過去を変えるしかない、というのは納得できるものがあります。ただそういう状況に対してどうしてデンライナーという存在があるのか?という部分は何も提示されなかったのがちと残念です。ま、いいか、そのへんは各自考えましょう~。
 TV放映としても電王は終りましたが、この先幾らでもお話が出来そうなことは先にも書きました。いろいろな形で電王がこれからも続いていけるならば、ファンとしては嬉しいですよね~とりあえずDVDは買う?とか~

 おつかれさまでした~関係者一同のみなさま~。
スポンサーサイト

第48話「ウラ腹な別れ…」

 さあ~ラスト前です、しっかりじっくりと良太郎とモモタロスたちの勇姿を目に焼き付けましょう!!

 キンタロスを過去に残し、現代へ向かうデンライナー。食堂車の一同はお通夜のような雰囲気で誰一人口を開く者はいません。そういう中、モモタロスたちの体にも異変が。変わりつつある未来のために体が消えようとしているわけです。
 そんな中、デンライナーにモールイマジンが3体侵入していました。先頭車に爆弾を仕掛けているところに出くわしたウラタロス。襲い掛かるモールイマジンたちに味方になると言って丸め込みますが、その真意は?はて。
 食堂車に戻ったウラタロスの後ろには、モールイマジンが。驚く良太郎、モモタロスたち。消えるのは嫌だから、イマジンの味方をするというウラタロスの言葉に、全員が呆気に取られます。乗っ取られたデンライナーは2007年1月9日に到着、良太郎たちはそこに放り出されます。あ、何故かモモタロスもリュウタロスも実体化していますが・・・。
 そのころ現代では、ゼロノスがイマジンの大群を相手に奮戦中でした。デネブの力を借りて何とか撃退するものの。カイに襲われた愛理を発見し愕然とするのでした。そして愛理を襲ったカイは、愛理の中に「未来への鍵」を発見できず、こちらもまた愕然とするのでした。「俺、最高に怒った顔をしているよな・・・そういうカイはイマジンの砂を吐き出し、デスイマジンを出現させます
「全部つぶせよ・・・」とつぶやくカイ。何もつかむことの出来なかったカイの最終攻撃が開始されたのでした。
 良太郎は2007年1月9日に到着したということは、愛理が記憶をなくす前の時間であることに気がつき、ミルクディッパーへ話を聞きに行くことにします。たどり着いたミルクディッパーでは愛理とこの時間の良太郎が何やらいい争いの最中でした。訳のわからない話を聞いて飛び出すこの時間の良太郎と対面した良太郎は、驚く彼から愛理が桜井侑斗の子供を身ごもっていることを聞きます。驚く良太郎は、気を失ったこの時間の良太郎になりすまして店に戻ると、愛理から良太郎と同じである時間の特異点であり、未来の鍵である子供を守るために桜井侑斗がゼロノスのカードを使い記憶を消すといい、その結果、良太郎も記憶が消えれば、街は修復されても子供はいないことになるのでイマジンから守れるといいます。意外な事実に驚く良太郎。そのための記憶の欠如、もう一個の懐中時計の謎。全ては桜井侑斗と愛理が子供と未来の世界を守るために取った行動でした。
 一方、パスよこせと3体のモールイマジンとやってきたウラタロスは、モモタロスと激突。その時、デンライナーは無人だと気がついたナオミが、機転を聞かしてデンライナーを取り戻しに。ハチャメチャな運転?でミルクディッパーの前にたどり着き、良太郎とコハナを乗せます。戦うモモタロスとウラタロスの前に滑り込むデンライナー。取り戻したデンライナーから早く乗るように叫ぶ良太郎。「爆弾を爆発させるぞ!」と叫ぶモールイマジンからスイッチを取り上げ、オンにするウラタロス。しかし、すでに解体されていた爆弾は爆発することはありませんでした。そう、ウラタロスは裏の裏をかいてデンライナーと良太郎たちを助けたのでした。そのモールイマジンを倒そうとする良太郎からデンオウベルトを取り上げ変身するウラタロス=ロッドフォーム。鮮やかに一体を倒して、良太郎をデンライナーに押し込みベルトを帰します。ウラタロスもまた、この時間に残るつもりでした。
「早くしろ!」と叫ぶモモタロスに手を振り見送るウラタロス。それが彼の決意の表れでもありました。
 そして現代では、愛理の入院する病院にイマジンの大群が押し寄せていました。侑斗はゼロノスに変身しデネブと共に防戦する時、物凄い力で全てを圧倒するデスイマジンが出現。一方的な力にゼロノスは苦戦というより押し込まれまさに絶体絶命。同じころ、カイは天空にイマジンの力を集め、この時間の世界を全て滅ぼすべく力を開放しようとするのでした。

 さて来週は遂に最終回となる仮面ライダー電王。どんなクライマックスが待っているのか?まさに一秒たりとも目が離せません!!!んーんーどうなるう~

第47話「俺の最期にお前が泣いた」

 さあ、あと数回です。電王も最後まで一瞬たりとも気の抜けない展開になってきました。
 正月気分のデンライナーで騒ぐモモタロスたちイマジンと、良太郎、コハナ、ナオミたち。何気にキンタロスが、良太郎に今年の抱負というか、望みを書けといいますがこれって、しっかり死亡フラグ(大汗)。そこへターミナルの駅長とのチャーハン対決を前に意気込むオーナーが現れ、鼻息荒く気勢を上げます。「この対決を逃したら、しばらくターミナルには近づけませんからねぇ~」と意味深な発言も。未来への分岐点が定まりつつあるのかどうなのか?誰もが言葉少なげです。
 さて、ターミナルでの駅長とのチャーハン対決ですが~ええとお、あのスプーン技は石丸謙二郎さんの持ち技なんでしょうか(汗)。すごく気になります(笑)。
 それはさておき、現代では初詣に出向いた愛理たち。それを影から守る侑斗とデネブですが、やってることが相変わらずちぐはぐなのが笑えますなあ。
 カイは多数のイマジンを実体化させ、愛理を抹殺する計画を練ります。イマジンは記憶がなく、実体化して初めて記憶を得ると言ってますが、未来から来たんだよねぇ。そういう世界になってしまったから、過去を改変して自分たちの住みやすい世界にするというのが目的だったにしては、前回の砂漠化した世界を喜ぶカイをみてると、もう一つ目的がよくわからないなあ~とか今更思ったりするのですが???
 さて、良太郎と侑斗は、あの世界が消滅した瞬間、桜井侑斗と愛理は何をしようとしていたのか?そこでも良太郎は自分の記憶が抜けていることが何か関係しているというのですが、二つの懐中時計を見つめ、考えるもの答えは出ません。
 そこで突如崩壊する街に、過去でイマジンが暴れていることを察する二人ですが、何時の時代かわかりません。が、現れたカイがチケットを投げつけて、教えますが、親切で教えているわけではないという侑斗。過去か未来かで愛理を襲う作戦はワナだと知りつつ、良太郎は錆びた懐中時計を侑斗に渡すと過去へ飛びます。
 向かった過去では数多くのモールイマジンやその他諸々のイマジンたちが破壊活動の真っ最中。さすがに息を呑む良太郎ですが、ライナーモードに変身して戦う物数が多く、しかも何やら時間稼ぎの様子もあります。そこにゼロノスが現代で戦っているとの連絡が入るもの、動けない電王。そこに突如実体化したキンタロスが現れ、モモヒキや金太郎の置物を良太郎に渡し、「契約完了や~」と言って良太郎に現代へ戻るように言います。変身ベルトを取り上げアックスフォームに変身してイマジンを粉砕していくキンタロス。良太郎を戻すためにこの時代にこるつもりです。「デンライナーに乗ってからのことは全部覚え取る、今はこの記憶を守るために戦うんや~」というキンタロス。決まりつつある未来に、モモたちは体が崩れかかったいますが、座してこのままというのは選べないキンタロスらしい選択でした。
 もちろん、キンタロスを残して替えれない良太郎ですが、その意思を汲んだモモタロスが、良太郎にデンライナーに戻るように言います。「必ず迎えに来るから」という良太郎を乗せて、デンライナーは時間の中へ、イマジンと戦いながら手を振るキンタロスの姿は誰の目にも焼きついて消えるはずもありません。
 そして現代では、愛理を追い詰めたカイが、その手を愛理の体に突っ込み何かを取り出そうとしているのですが~
 デンライナーと良太郎は間に合うのか?愛理の運命は?キンタロスは?侑斗は???待ちきれないぞ来週!

第46話「今明かす愛と理(ことわり)」

 良太郎と侑斗が見た壮絶な過去。それはイマジンによって破壊され、桜井侑斗は倒され、愛理も消えうせた何一つ残っていない一面砂漠の世界でした。しかし、良太郎のいる時間に愛理は存在します。その理由とは、特異点である良太郎が存在していたため、その記憶が世界を再構築するのに役に立ったということでした。つまりはもし、先に良太郎が殺されでもしていたら、世界は元に戻らなかったかもしれない、ということでしょうか。 一方、どうやってもこの時間がイマジンの時間とつながらないことに業を煮やしたカイは、もう一度良太郎の記憶を調べることにします。
 ミルクディッパーでクリスマスパーティーをする良太郎、コハナと愛理たち。良太郎はなぜ8月に懐中時計が届くように頼んだのか、理由がまるで分かりません。桜井侑斗と愛理の結婚式にあわせてでは、結婚式は高校の卒業を待ってからということだったので、それなら4か5月だったはずと思う良太郎。コハナは桜井侑斗の失踪は結婚式の一ヶ月前だったはずだから、記憶違いでは?といいます。まだ何か記憶が抜け落ちているのか良太郎???。
 悩む良太郎の前にカイとアルビノレオイマジンが出現、驚く良太郎にカイは腕を良太郎の体に突っ込んで過去の記憶を探ります。不敵な笑いを浮かべるカイ、「なるほど、そういうことか」とカラクリを察したカイは、過去にアルビノレオイマジンを飛ばします。そこに駆けつけた侑斗が、本当の分岐点の鍵は野上愛理、桜井侑斗の存在はそれを隠すための囮であったと告げます。
 過去に飛んだアルビノレオイマジンは愛理の前に出現、襲いかかろうとしたところに良太郎、侑斗が駆けつけ、電王ライナーフォーム、ゼロノスゼロフォームに変身しますが、予想以上に手ごわいアルビノレオイマジンに二人は苦戦。そこに何と桜井侑斗が現れ、ゼロノスアルタイルフォームに変身して二人を助けます。巧みな連携攻撃でアルビノレオイマジンを翻弄し、ダブルライダーキックと電車ぎりで何とかアルビノレオイマジンを粉砕するのでした。
 デンライナーに保護した2007年1月10日の愛理。あの日ゼロライナーが現れ、桜井侑斗は消えた時間を元に戻すために戦うことを決意し戦ってきたのだという。そう、愛理は全て知っていたということでしょうか。しかし目の前にいる愛理は過去の愛理であり時間の彼方に消滅した愛理です。その愛理はあの消滅した湖に自分を下ろして欲しいといいます。一旦は消滅しますが、未来が守られれば必ず再生するから、といいます。そして消滅する過去時間の世界、愛理。良太郎は今一度、この時間を守るために戦う決意をするのですが~アルビノレオイマジンを倒されたカイは、光体のイマジンを一気に自分に取りいれ、無数?のモールイkマジンを生み出すのですが~
 ということで、鍵は良太郎ではなく愛理おねーちゃんでしたね。今の時間が祝されたのは良太郎が特異点だったから、というのはまあ、そういうことでしょう~と納得ですが、愛理が鍵ですか?うーむ、いや鍵という設定はいいのですけど、鍵という意味がもうひとつわかりませんねぇ。時間の中にできた新路線はゼロライナーとコハナに繋がる時間が復旧しようとしているから、という話がありましたが、これはコハナ=ハナが存在しているから回復していく、ということの象徴だったのかな?うーん、そのへんの解決はなさそうですね。
 さて、電王もあと1カ月あまりです。本当のクライマックスに向けて、次回から本当に目が話せません~。

第45話「甦る空白の一日」

 いよいよ電王もマジでクライマックスへと突っ走っているようですね。さて今回。今の時間に来てみて、野上良太郎の記憶が抜け落ちていることに気がついたカイ。その記憶に何かのカギがあるとして、探る手段を探しますが中々思うようにはいかないようです。そんな頃、ミルクディッパーでクリスマスの飾り付けをする良太郎のもとに、良太郎自身からの差出人として宅配便が送られてきます。あけると、何と桜井侑斗がもつあの懐中時計です。過去で桜井侑斗自身が持つもの、失踪したときに残された物、そして今回送られてきたものと都合3つ。その意図あが良太郎にはまるで分かりません。
 とりあえず、思い出した懐中時計を買った店に出向くと、この3つ目は8月ごろ良太郎自身が店に来て、嬉しそうに今時分に届けてくれるよう頼んだ物という店主の回答でしたが、そのことの記憶がない良太郎は首をひねるばかりです。
 デンライナーのオーナーが言う通り、桜井侑斗失踪時の証言が良太郎だけの物で、さらにそれに何か間違いがあるとしたら、そのことを確認するためには過去に飛ぶしかありませんが、デンライナーはオーナーが使わしてくれないだろう、ということで侑斗にゼロライナーでいかせてくれと頼みますが、あっさり断られます。何かを前々から隠していると感じている良太郎は、このことでなにか知ってるなら教えて欲しい、過去に連れて行って欲しいと頼むものの、侑斗は「ダメだ」の一点きり。
 そこにイマジンが出現したという知らせがモモタロスから知らされます。恐らくはカイが送り込んだと思われるイマジンが、時計店の店主に取り付き、あの日の、桜井侑斗は失踪した日に向かうための時の扉をこじ開けようとします。やってきた電王ソードフォームですが、スノーマンイマジンにあしらわれてイマジンは過去に。チケットに日付を写した良太郎は、愕然とします。その日は愛理が記憶を失った日、桜井侑斗が失踪した日だからです。さらに行くなと止める侑斗を振り払い、良太郎はデンライナーで過去へ。スノーイマジンと対峙した良太郎は、ライナーフォームにチェンジし電仮面ソードウラロッドの電車斬りでわりとあっさり倒すと(笑)、愛理が記憶をなくしたあの湖に急ぎます。
 そこで良太郎が、追いかけてきた侑斗と共に見たのは、3匹のレオソルジャーと戦うゼロノスの姿でした。侑斗はいるのに何故?では、目の前のゼロノスは??カイがレオソルジャーを操りゼロノスと倒すと、変身解除したその姿は、今の桜井侑斗でした。そのままカイは空を、というよりは時間の扉をこじ開けてると物凄い衝撃波?を噴出させて、今の世界を破壊して行きます。広がる衝撃波、湖に立つ愛理、その口元には「未来はきっと・・・」という言葉が。全てが終った?時、良太郎と侑斗の前には全てが砂漠化した世界がどこまでも広がっているのでした。そして、過去を手に入れたと狂喜して叫び回る買いの姿がありました。
 一体何がおきたのでしょうか~良太郎と侑斗も呆然と立ち尽くすしかありませんでした。

 何かがチラと見えてきた今回の話。良太郎の記憶から落ちていた時間とは、カイは勝利してイマジンに過去の世界を手に入れた世界のことなのでしょうか。良太郎が今いる時間とはそうなる前の世界で、桜井侑斗が良太郎に修正をさせるために作為した時間とでもいうのでしょうか?どうやら来週でまたまた何かが明らかになりそうですねって、雰囲気的に話にかたがつきそうな、またはぐらかれそうな~そんな気がしてなりませんがねぇ。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。