スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模型ショーのZ関係


 幕張の模型ショーに出かけてきました。
 鉄道模型オンリーではないのですが、大手は出てますし、プラッツ、ロクハン、プリモロコは出ているので、ついでとはなんですが、のぞいてきました。
1012-2.jpg
 やっとというか、プラッツのキハ40もほぼ完成だそうで、価格も決まり年末が楽しみです。走りを見ていたところスムーズでスローも十分な感じでした。ロクハンのキハ52と同じくらいな感じかな。5両くらいはけん引力があるそうです。登坂力は場合によると。フライホイール内蔵だそうですけど、それでスムースなのかな。
 今回はトレーラー車も同時発売でこっちだけ買って、キハ52と連結でも楽しいですねぇ。12月、遅くとも1月には出荷したいとのことです。

 ロクハンのブースではほぼ製品のEF66と発表されたタキ1000の試作品がありました。EF66に関しては期待通りの出来ですな。発売が楽しみです。他に開発進行中としてDE10と50系客車のアナウンスが出てました。どっちもまもなく試作品ができるとか?だそうなので楽しみです。キハ183はちょいと遅れそうな感じみたいです。
 取りあえず線路が一通りそろったので、来年はもっと車輌に力を入れたいという話なのですから、頑張ってほしいものです。

 プリモロコは室内灯装備の42系のモックアップがあったけど、予定表に11月発売なんてあったけど本当にでるんかな?ずっとEF58や81の告知は出ているけど影も形もないしなあ。
 Zゲージはそんな感じです。

1012-3.jpg
 HOはTOMIXのトワイライトエクスプレスの製品版?がありましたけど、これはよいですねぇ。全編成そろえるとえらいことになりますがやっぱりいいなあ。

 あ、ヤマトは終わっちゃいましたけど、なんとか残りをどうにかしたいですー
スポンサーサイト

出るのねトランクレイアウト


 最近Zゲージをいじれなくてなんだかなーですが、せっかくはじめている訳だし細々と続けばですが。プラッツもキハ40を何とかしたいみたいですし、今年中?には天賞堂のキハ58なんかと一緒に出て欲しいな、と。何だか年1回くらいしか車輌が発売されないのは歯がゆいんですがねぇ。

 さてロクハンのHPが更新されていました。スーパーグリーンライナーのコンテナはすでにアナウンスされていましたが、これ本気だったのね、と思わされた展開のトランクレイアウト。しかも二種類とは。
 写真はちょいと前に天賞堂で公開されていた試作品。まさにこれ?トンネルレイアウトという名前だったような。もう一つフラットタイプというやつで作例では操車場になってました。
 車輌はそろえられても中々進まないのが走らせるレイアウト。すべてのゲージで突き当たる問題ですよねぇ。何とか編成を組みたいが故にZゲージをと思っても、結局スペースなどの問題で頓挫してしまいます。国鉄型は長大編成をぜひというのが願望ですから、私鉄で田舎電車が数両というのとは違うわけで。

 トランクレイアウトはそんな問題の中、取りあえず走らせる土台と場所を確保する、という問題を解決しようと頑張っていますよね。こういう形でしたらかたずけなども楽でしょうし。まあZゲージゆえにできる所業というところでしょうか。
 トンネルタイプはちょっと買ってみようかなあ~

鉄道コレクション17弾

高松琴平電気鉄道3000形
 久々にトミーテックの鉄道コレクションを買いました。
 早い物でこれももう第17弾なんですね。最初はこういう企画なんてもたないんじゃないか?と思ってもいましたが、ふたをあければ回を増すことに人気が上がり、今では完売もある状況。Nゲージを初めとする鉄道模型の普及と発展に大きく貢献したことはいうまでもないですよね。

 さて17弾。
 今回は原点?に帰っての小型車輌たちということですので、これは買い逃せない!と思い1BOXは予約して買いました(笑)。
 何せラインアップが
 上田交通5250型
 箱根登山鉄道モハ3
 京王帝都電鉄デハ2400
 庄内交通モハ8
 京福電気鉄道ホデハ260
 京阪電鉄大津線350
 京福電鉄大津線600X2
 高松琴平電気鉄道1000&3000

 何て素敵なラインアップ(笑)。
 個人的にはこれほど心踊らされたセレクトはありませんて~
 鉄コレが目指してきた地方の小さな鉄道の世界を代表する車輌群だなあ。
 特に琴電と上田交通が泣けます。
 取りあえずそのまま走らせて楽しむことにしますが、もう何両かそろえて東雲電気鉄道の車輌に仕立てたいです。
上田交通モハ5250型

細々と

ちょっと忙しくていじれてません。海上コンテナもコキ106も見に行けない・・・。焦っても仕方がないのですけど、気になると何だかな状態。

写真は何となく少し前からいじり始めているZ用の自作転車台もどき。ガーター橋と道床なし線路とプラ棒で適当にでっちあげ。電動化なんて夢のまた夢なので単なるレイアウト上の飾りにすぎませんが、あるとなしじゃ雰囲気も違うので、何とか形にしようと苦戦中。

そろそろレイアウトを・・・とか考えていてストラクチャーを物色しているのですが、その中で昔Zサイズで発売された食玩の鉄道ファンシリーズに扇形庫があるのを思い出し、それなら転車台をというのがそもそも。
0328-2.jpg
こんなやつでしたね。vol1はジオラマ仕立てのヴィネットでした。他にどんなストラクチャーが出ているかといえば、
そのほかはこんなの
0328-4.jpg
でした。跨線橋とか踏み切りとかホッパとか給炭台とか使えそうです。まあホッパまで置くような大機関庫となるとかなり大掛かりな感じになりそうですが。
他にはさんけいの「みにちゅあーと」でかなりの建物がペーパークラフト化されていますのでそっち頼みかな。単専用の機関庫とか給水塔とか良い感じなので是非レイアウトに置きたいものです。

転車台もどき
こんな風にできたらいいな的の完成予想図(笑)。左端にあるのが食玩の扇形庫。3両を入庫させることが出来ます。ただ全長が半分しかないので、後半部は自作しないと機関車全部が収納できません。そのへんはプラ板の箱組工作なので、多分大丈夫だと楽観視してます。
この食玩、ついてくる蒸気機関車はD51とC62とC57と96なんですが、C57と96って是非とも欲しい車種ですよねぇ。でもこの先どう転んでも蒸気機関車は出ないだろうなあ。
ロクハン、頑張ってくれないかなあ。C11は無理でもC57は「やまぐち」号や「ばんえつ物語」号とかあるし。客車ともどもなんて~夢過ぎますね。



明るい方がいい

 ロクハンのHPが更新され、来週に発売のコキ106とコンテナ。あと4月に発売のセキがアナウンスされていました。コンテナは東京マルイやプリモロコでも形式は違えど発売されているので、お腹いっぱいの方も多いのでは。それでも31ftと40ftの海上コンテナは魅力的ですし、何となく買ってしまいそうな気がしなくもありません(笑)。

プリモロコ スハフ42 室内灯装着
 写真はプリモロコのスハフ42です。Zゲージではありがたい車輌ですが、いかんせん出来がロクハンや天賞堂にくらべるとイマイチです。何せ床板が曲がっているとかざらですし、カプラーや軸受も何だかおかしいです。一両づつ微調整が必要なのは問題デスヨねぇ。

 さて、スハフは尾灯が点灯する仕様のため、前後の台車に導電板が通してありそこから通電ができます。ボディーを外して見てみるに、いかにもロクハンの室内灯Aが組み込めそうなので、天井のウエートを外してはめ込み、台車とはNゲージのカプラースプリングを使って通電させるようにしました。室内灯と通電板が接触していないとうまく点灯しませんが、そこは微調整で(笑)。上手に組み込んでいる人のブログがありますので、詳しくはそこを参考にしてください。

 でまあ上手く行けば写真のように点灯します。相変わらずケータイ撮りなので上手くないです(汗)。白熱灯というよりは蛍光灯みたいな色ですが、そこは更新車ということでよいのかな。LEDを塗ってしまえば淡いオレンジ系の白熱灯ぽく見えるかも?。
 スハには台車に通電板を加工して取り付けないといけないので、まだ手付かずです。
 やっぱり室内灯はあった方がよいですよねぇ。

 ロクハンでは50系客車が次の次の次?くらいに出るみたいですが、出来たら42系もやってくれないかなあ。ついでに10系もなあ。何せモノクラスしか出ないのが残念だな。荷物車とか食堂車とかねぇ。欲しいと思うものはいっぱいですね。
プロフィール

尾張屋藤兵衛

Author:尾張屋藤兵衛
 鉄道ほか乗り物一般とロボ好きなおっさん。下手の横好きで今日も模型を作っていたりする。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。